解決済み:Windows 10をインストールできませんでしたエラー(80070003)

ユーザーは、リリースされたWindows10へのアップグレードを待つことができませんでした。一部のユーザーは問題なくWindows8.1からWindows10にアップグレードしましたが、残念ながら一部のユーザーはアップグレードできませんでした。Windows Updateは必要なファイルを正常にダウンロードしますが、インストールの準備手順に達すると、ユーザーはエラーコード80070003を受け取ります。

このエラーが発生する主な原因は2つあります。1つ目は誤ったパスで、2つ目は、ある時点でEaseUS Partition Master 10.5を使用してディスクを再パーティション化し、システム予約済みパーティションのパーティションタイプとIDの関連付けをGPTディスクを備えたUEFIシステムのOEMパーティションIDに変更した場合です。 、その結果、アップグレードが停止します。

このガイドでは、問題を解決するための2つの方法をリストしました。

方法1:WIMMountパスを確認する

ここに存在しないパスまたは正しくないパスがあると、アップグレードが停止する可能性があります。パスを確認するには、レジストリエディタを開き、次のパスを参照します。

HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Services \ WIMMount

それをダブルクリックして、wimmount.sysの値に正しいパスがあることを確認します 。 このファイルはC:\ Windows \ System32 \ Driversにあります–パスを変更する前に、ファイルがそこに存在することを確認してください。

パスが正しい場所を反映するように変更されたら、PCを再起動して、アップグレードを再試行します。

方法2:EaseUS Partition Master10.5を使用した場合

この方法は、Windows8.1からのアップグレードにのみ適用できます。EaseUSは、パーティションと割り当てられたサイズを台無しにします。推奨される構成は次のとおりです。

パーティション分割のためにEaseUSを実行する前に、Windows8.1マシンで正しい構造がどのように表示されるかを次に示します。

EaseUSの実行後、構造が次のように変更され、recagentcがWindowsREの検証に失敗します。

つまり、EaseUSはパーティションタイプを変更します。そして、上の図のようにタイプを修正するために必要なことは次のとおりです。管理者としてコマンドプロンプトを 開き 、構造が破損していることを確認した後、次のコマンドを実行します。

diskpart

ディスク0を選択

リストパーティション

パーティションの選択注:WindowsREツールのパーティションを選択します

セットID = de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac

パーティションの選択注:350MBまたは450MBのWindowsREツールパーティションを選択します(このパーティションがある場合)。

セットID = de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac

パーティションの選択注:リカバリイメージパーティションを選択します。

セットID = de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac

リストパーティション

出口

次に、reagentc / info を実行して 、操作が成功したかどうかを確認します。破損と構造が修復/再構成され、Windows10のインストールに進むことができます。