Office2016アクティベーションエラーコード0xC004F074を修正する方法

Office 2016ボリュームライセンスクライアントのアクティブ化中に、エラー0xC004F074が報告されます。正確なエラーメッセージは次のとおりです。「ソフトウェアライセンスサービスは、指定されたキー管理サービス(KMS)を使用できないと判断しました。エラーコード0xC004F074

システムの時刻と日付の同期の問題が原因で問題が発生した可能性があります。DNS更新の問題である場合もあれば、同じサーバーで共同ホストされているOffice2013と2016の場合もあります。この記事では、上記のいずれかが問題であるかどうかと、問題を解決するための手順を確認します。

方法1:最新のMicrosoft Office2016ボリュームライセンスパックをダウンロードしてインストールする

Microsoftのサポート記事に記載されているように、システムがOffice 2013KMSホストとOffice2016 KMSホストを共同ホストし、オペレーティングシステムがWindows7またはWindowsServer 2008 R2の場合、このエラーが発生する可能性があります。これはバグであり、最新のボリュームライセンスパックをダウンロードしてインストールすると問題が解決します。

方法2:DNSホストを無効にしてから再度有効にする

DNSが更新されず、DNS公開を無効にして有効にすると、このエラーが発生する場合があります。DNS公開を無効にするには、「Slmgr.vbs」スクリプトを使用できますが、以下の手順に従って手動で行うことができます。

  1. Windowsキーを押して、Regeditと入力します。次に、検索結果で、レジストリエディタを右クリックし、[管理者として実行]を選択します
  2. レジストリエディタで、に移動します
    HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ WindowsNT \ CurrentVersion \ SoftwareProtectionPlatform
  3. DisableDnsPublishing」という新しいDWORD値を作成し、その値を1に設定します。これにより、DNS公開が無効になります。
  4. DNS公開再度有効にするには、このキーの値を0に設定します。そして、Office2016をアクティブ化できるかどうかを確認します。

方法3:システムの時刻と日付を確認する

クライアントシステムの日時がサーバーと同期していない可能性があります。また、Office2016クライアントのアクティブ化中にエラー0xC004F074が発生する可能性もあります。クライアントコンピューターのシステム時刻とKMSホストのシステム時刻が4時間以上異なる場合、このエラーが発生することが確認されています。システムの時刻と日付の同期の問題に対処するには、 ネットワークタイムプロトコル(NTP)タイムソースを使用することをお勧めします。ネットワーク上のクライアントシステムとサーバーシステムの間で時刻を同期するようにActiveDirectoryサービス構成することもできます。

方法4:サーバーホストのファイアウォール設定を確認する

'キー管理サービス(TCP-In)–すべて'およびキー管理サービス(TCP-In)–ドメインがKMSホストで有効になっていない場合、現在のOffice2016アクティベーションエラーが発生します。ファイアウォールの設定でそのサービスを有効にすると、問題が解決する場合があります。

  1. KMSホストでファイアウォール設定を起動します。
  2. ウィンドウの左側のペインで、[インバウンドルール]に移動します。
  3. ウィンドウの右側のペインで、キー管理サービスでフィルタリングします
  4. 2つの値があります
    キー管理サービス(TCP-In)-ドメインキー管理サービス(TCP-In)-すべて
  5. これら2つのサービスのいずれかが無効になっている場合は、有効にします。
タグMicrosoftOffice MicrosoftOfficeエラーオフィス2016