Android画面をPCにキャストする方法

Androidエコシステムは継続的に成長しています。毎日インターネット上に表示される何百ものアプリと大量のコンテンツがあります。そのため、お気に入りのAndroidコンテンツをより大きな画面で見たいことがよくあります。そのため、Androidコンテンツをテレビでストリーミングするためのさまざまなデバイスがあります。しかし、追加の機器なしで、Android画面をPCにキャストする方法はありますか?はいあります。Android画面をPCにミラーリングする方法はいくつかあります。ただし、一部は他よりも信頼性が高く、多くはルート化されたデバイスを必要とします。したがって、root化されていないデバイスをお持ちの場合、この記事はあなただけのものです。これ以上やり直すことなく、Android画面をPCにキャストする最も速くて安定した方法を紹介します。

AllCastレシーバー

AllCast Receiverは、ストリーミングを可能にするために必要なChromeアプリです。したがって、そのためには、最初にGoogleChromeブラウザをインストールする必要があります。Google Chromeをまだダウンロードしていない場合は、ここにダウンロードリンクがあります。

これで、ChromeウェブストアにアクセスしてAllCast Receiverを検索するか、次のリンクAllCastReceiverをクリックしてアプリをインストールできます。インストール中に、「ファイアウォールノート」セクションでアプリ情報を検索し、「UDP / TCPポート」の後に番号をコピーできます。私の場合は535515です。後でコンピュータのファイアウォールを構成するためにこの番号が必要になります。

ファイアウォールの構成

PCからファイアウォール設定にアクセスするには、検索を開き、「セキュリティが強化されたWindowsファイアウォール」と入力します。次に、新しいインバウンドルールを作成するための指示に従います。

  1. インバウンドルールを右クリックし、メニューから[新しいルール]を選択します。

  2. ダイアログボックスから[ポート]トグルを選択し、[次へ]をクリックします。

  3. 次のダイアログボックスからTCPトグルを選択し、前にコピーした番号(535515)を入力します。

  4. [接続を許可する]トグルを選択し、[次へ]をクリックします。

  5. このダイアログボックスで、作成したルールのプライバシーを選択できます。私の場合、すべてのチェックボックスをオンにします。

  6. 作成したルールの名前を入力します。

  7. ここで、ステップを少し変えて1から6までのステップを繰り返します。TCPの代わりにUDPトグルを選択し、下のフィールドに同じ番号を入力します。以前と同じように残りの手順を実行します。

2番目のファイアウォールルールの作成が完了したら、PCの準備が整います。これで、AllCastReceiverアプリを起動できます。

スクリーンレコーディングとミラー

手順の最後のステップは、キャスト用にAndroidデバイスを構成することです。そのためには、GooglePlayストアからScreenRecording andMirrorアプリをダウンロードする必要があります。このチュートリアルでは、無料版のアプリを使用しています。ただし、透かしや広告を削除したい場合は、フルバージョンを購入できます。ここにダウンロードリンクのスクリーンレコーディングとミラーがあります。

ここでアプリを開くと、「ネットワークデバイスへのキャスト」セクションにPCのIPアドレスが表示されます。それをクリックすると、キャストが始まります。ビデオ、写真、プレゼンテーション、およびあらゆる種類のコンテンツを、目立った遅れや途切れることなくキャストできます。

要約

あなたはあなたのAndroidスクリーンをあなたのPCにキャストすることは今はあまり役に立たないと思うかもしれませんが、あなたはあなたが将来それをどれほど頻繁に使いたいかということに驚くでしょう。この方法を使用すると、マウスとキーボードを使用してデバイスを制御することもできます。

AllCast Receiverアプリについて私が見つけた唯一の欠点は、Androidコンテンツを全画面で表示できないことです。はい、フルスクリーンモードですが、Androidのコンテンツは引き続き小さいウィンドウに表示されます。ただし、この欠陥は次のアップデートで修正されると確信しています。

Android画面をPCにミラーリングした経験が他にある場合は、この方法を試して共有してください。