修正:QtCore4.dllがありません

「qtcore4.dllが見つかりません」というエラーは、通常、コンピューターの起動時に表示されます。ほとんどの場合、この問題は、DLL(ダイナミックライブラリファイル)がユーザーまたはセキュリティスイートによって手動で削除されたために発生します。場合qtcore4.dllファイルは削除されますが、スタートアップエントリまたはレジストリキーがまだそれを呼び出している、Windowsがこのエラー(または同様のもの)を表示するように強制される場合には、それはそれを見つけることができません。

:結局のところ、問題は32ビットシステムに限定されているようです。

qtcore4.dllとは何ですか?

Qtcore4.dllは、C ++アプリケーション開発フレームワークを利用するさまざまなアプリケーションによって自動的にインストールされます。qtcore4.dllファイルを呼び出すように設計されているアプリケーションの数によっては、同じファイルの複数のコピーがコンピューターにインストールされている場合があります。

qtcore4.dllファイルは多くのAdobe製品(Photoshop、Illustrator、QuickTimeなど)で使用されています。Maya、AutoCAD、RevitなどのすべてではないにしてもほとんどのAutoDesk製品でも使用されています。焦点を絞ったゲームでは珍しいことではありません。qtcore4DLLを利用するための3D環境を構築する機能について。

警告:不足しているQTCore4.dllを、「DLLダウンロードサイト」でホストされている別の個別のファイルに置き換えることはお勧めしません 。エラーの問題の原因を実際に扱っていないため、これにより追加のエラーが発生する可能性があります。さらに、これらの「DLLダウンロードWebサイト」の一部には、システムが将来の感染にさらされる可能性のある変更されたバージョンが含まれています。

QTCore4.dllエラーを修正する方法

現在、QTcore4実行可能ファイルに関連するエラーに苦しんでいる場合は、以下の方法が役立ちます。同様の状況にある他のユーザーが問題を解決するために正常に使用した潜在的な修正のコレクションを特定し、キュレートすることができました。特定のケースで「qtcore4.dllが見つかりません」エラーを処理する修正が発生するまで、各方法を順番に実行してください。

方法1:qtcore4.dllを使用しているアプリケーションをインストールします

特定のアプリケーションを起動したときにこのエラーが表示される可能性が低い場合は、問題のアプリケーションを再インストールしてみてください。

一方、起動時にエラーが発生する場合は、エラーウィンドウの上部にあるエラーの名前を確認してください。エラーの背後にある実行可能ファイルを認識することで、エラーの原因となっているソフトウェアを特定することができます。たとえば、エラーウィンドウの名前がEAdownloadmanager.exeで始まる場合、EA DownloadManagerを再インストールすると問題が自動的に修正される可能性があります。

この方法が効果的でなかった、または適用できなかった場合は、方法2進みます。

方法2:残ったスタートアップエントリまたはレジストリキーを削除する

場合方法1は、有効(または適用されません)はなかった、あなたはのコピーを要求している残りのスタートアップエントリまたはレジストリキーの持っているので、のは、問題が起こっているかどうかを見てみましょう qtcore4.dllもはやが存在しないことを。

この問題は通常、ユーザーが公式チャネルからアプリケーションフォルダーをアンインストールせずに手動で削除した場合に発生します。これは、スタートアップアイテムまたはレジストリキーが引き続きシステムに残り、デフォルトの場所に保存されていると考えてqtcore4.dll を呼び出すことを意味する可能性 があります。

セキュリティスイートが感染を隔離または削除した後も、同じことが起こる可能性があります。qtcore4.dllがスパイウェアやその他の種類のマルウェアによって悪意を持って使用された場合、AVが関連するすべてのファイルをクリアしない可能性があります。これにより、Windowsが「qtcore4.dllが見つかりません」というエラーをトリガーする可能性があります。

幸い、残ったスタートアップアイテムとレジストリキーを処理するように特別に設計された専用のアプリケーションが1つあります。Autoruns は、Microsoftのエンジニアによって開発されたソフトウェアで、ユーザーが未使用のスタートアップエントリとレジストリキーを簡単に識別して削除できるようにします。

起動エラーの原因として起動項目またはレジストリキーが残っている可能性が高いことを考えると、自動実行の問題に対処することで問題が解決する可能性が高くなります。これを行う方法のクイックガイドは次のとおりです。

  1. この公式ダウンロードリンク(ここ)にアクセスし、ダウンロードセクションまでスクロールダウンし、[自動実行]および[自動実行]ハイパーリンクをクリックしてダウンロードを開始します。

  2. アーカイブがダウンロードされたら、WinRar、WinZip、または同様の解凍ソフトウェアを使用して、その内容を抽出します。かなりの数のファイルが含まれているので、必ずそのためのフォルダを作成してください。
  3. 先ほど作成し、をダブルクリックしたことAutorunsをフォルダに移動しAutoruns.exe。次に、ソフトウェアが開き、すべてのリストが完全に入力されるまで、辛抱強く待ちます。利用可能なスタートアップアイテムの数によっては、数分かかる場合があります。
  4. すべてのスタートアップアイテムが[すべて]リストに読み込まれたら、Ctrl + Fを押して検索機能を起動します。その後、関連付けられたボックスに何を検索し、タイプ「qtcore4.dllを」 とヒット次を検索]ボタンを。

  5. 次に、(青で)最初の強調表示されているエントリを右クリックして、を見て、プログラムの使用、それを参照してください説明。コンピュータに存在しなくなったプログラムでエントリが必要な場合は、そのエントリを右クリックして[削除]を選択します。次に、[検索]ボタンをもう一度押して、説明できないすべての発生についてプロセスを繰り返します。

  6. すべての発生に対処できたら、自動実行を閉じてコンピューターを再起動します。プロセスが成功した場合は 、起動時に「qtcore4.dllが見つかりません」というエラーが表示さ なくなるはずです

それでも起動時に同じエラーメッセージが表示される場合は、最後の方法に進んでください。

方法3:システムの復元ポイントを使用する

上記のすべての方法で失敗した場合は、Windowsリセットの準備を開始する前に、最後の1ショットを与えることができます。

万が一、起動時に「qtcore4.dllが見つかりません」というエラーが表示される前に、オペレーティングシステムがシステムの復元ポイントを作成した場合 、コンピューターを以前の状態に復元すると、問題が自動的に解決されます。

コンピュータを以前のシステムの復元ポイントに戻す方法に関するクイックガイドは次のとおりです。

  1. Windowsキー+ Rを押して、実行コマンドを開きます。次に、「rstrui」と入力し、Enterキーを押して[システムの復元]ウィンドウを開きます。

  2. [システムの復元]画面で、[別の復元ポイントを選択]トグルをアクティブにして、[次へ]ボタンをクリックします。

  3. 次の画面で、[復元ポイントをさらに表示する]に関連付けられているチェックボックスをオンにします。 次に、「qtcore4.dllが見つかりません」エラーが表示される前に作成された復元ポイントを選択し、[ 次へ]ボタンをもう一度押します。

  4. 最後に、[完了]をクリックして、復元プロセスを開始します。PCは終了時に再起動します。次回の起動時に、「qtcore4.dllが見つかりません」というエラーに悩まされることはもうありません 。