修正:PowerPointがコンテンツに問題を発見

何人かのWindowsユーザーは、Powerpointアプリケーションがコンピューター上の一部またはすべてのプレゼンテーションで「PowerPointがコンテンツに問題を検出しました」というエラーを表示していると報告しています。この問題は.pptxファイルでのみ発生することが報告されており、Windows 7、Windows 8.1、およびWindows10で発生することが確認されています。

「PowerPointがコンテンツに問題を見つけました」という問題の原因は何ですか?

この特定の問題を調査するために、さまざまなユーザーレポートと、この問題を解決するために正常に使用された修復戦略を調べました。私たちの調査によると、この特定のエラーメッセージをトリガーする可能性のある複数の潜在的な原因があるようです。

  • 保護されたビューが有効になっているセキュリティセンターの設定で保護されたビューが有効になっている場合、プログラムはOutlookの添付ファイルまたは直接URLからダウンロードされたファイルをすべて拒否します。この場合、Outlookから保護されたビューの設定を無効にすることで問題を解決できます。
  • ファイルの場所が信頼リストに追加されない.pptxファイルをホストしているフォルダーがOutlookの信頼リストに追加されていない場合、この特定のエラーメッセージが表示されることがあります。この場合、Outlookの信頼リストにフォルダを追加することで問題を解決できます。
  • ファイルが同期フォルダーにある–開こうとしているファイルがOneDriveやDropboxなどの同期フォルダーにある場合、またはフォルダーがバックアップソフトウェアによって監視されている場合も、この特定の問題が発生する可能性があります。
  • ファイルがブロックされている–インターネット経由でダウンロードされた.pptxファイルで、OSがファイルをブロックすることを決定した場合、このエラーメッセージが表示されることがあります。このシナリオが当てはまる場合は、[プロパティ]画面にアクセスしてファイルのブロックを解除することで問題を解決できます。

現在このエラーメッセージの解決に苦労している場合は、同様の状況にある他のユーザーが同じエラーメッセージを解決するために正常に使用した潜在的な修復戦略のコレクションを用意しています。

以下に、影響を受ける少なくとも複数のユーザーによって機能することが確認されているメソッドのコレクションを示します。可能な限り効率を維持するために、効率と単純さの順に並べられているため、提示されている順序で方法に従うことをお勧めします。どのシナリオが状況に当てはまるかに関係なく、そのうちの1つが問題を解決する必要があります。

方法1:保護されたビューを無効にする

結局のところ、「PowerPointがコンテンツに問題を見つけました」エラーを引き起こす最も一般的な原因は、Outlookの添付ファイル、安全でない可能性のある場所にあるファイル、またはインターネットから発信されたファイルをプログラムが拒否するいくつかのセキュリティセンター設定です。

したがって、プレゼンテーションを電子メールで受信した場合、またはインターネット経由でダウンロードした場合は、保護されたビューを無効にするために必要な手順を実行する前に、このエラーメッセージが表示される可能性があります。これを行う方法のクイックガイドは次のとおりです。

  1. Outlookを開き、画面上部のリボンバーから[ファイル]をクリックします。
  2. 次に、[ファイル]メニューから、左側の垂直メニューの下部にある[オプション]をクリックします。
  3. PowerPointの[オプション]メニューが表示されたら、左側のペインから[セキュリティセンター]を選択します。
  4. [セキュリティセンター ]メニュー内で、右側のペインに移動し、[セキュリティセンターの設定]をクリックします。
  5. セキュリティセンターのメニュー、選択保護されたビュー左側のペインからを。次に、右側のペインに移動し、すべての保護されたビューの状態に関連付けられているすべてのチェックボックスをオフにします。
  6. [ OK]をクリックして変更を保存します。
  7. 変更が適用されたら、PowerPointアプリケーションを再起動し、以前に「PowerPointがコンテンツに問題を検出しました」エラーをトリガーしていたプレゼンテーションを開きます。

それでも問題が発生する場合、またはシステムがエクスプロイトに対して脆弱にならない方法を探している場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法2:ファイルの場所を信頼リストに追加する

PowerPointファイルが外部から取得された場合(電子メール、直接ダウンロード、またはUSBスティックを介して取得)、安全とは見なされない場所に保存されていると、PowerPointでファイルを開くことができない可能性があります。このシナリオが現在の状況に当てはまる場合は、PowerPointの信頼できるリストにドキュメントの場所を追加することで、ファイルへのアクセスのブロックを解除できます。

この手順は、方法1(すべての保護されたビューの設定が事実上無効になっている)よりも望ましい方法ですが、意図しないマルウェアが同じフォルダーに侵入した場合、セキュリティ違反になる可能性があります。

信頼できるPowerPointの場所にフォルダーを追加するためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. PowerPointを開き、画面上部のリボンメニューから[ファイル]をクリックします。
  2. 垂直メニューから、[オプション]をクリックします
  3. 次に、[ PowerPointオプション]メニュー から、垂直メニューから[セキュリティセンター]をクリックします。次に、右側のメニューに移動し、[セキュリティセンターの設定]をクリックします。
  4. セキュリティセンターのメニュー、選択信頼できる場所左側の垂直メニューからを。次に、右側のメニューに移動して、[新しい場所追加]をクリックします。
  5. Microsoft Officeの場所の信頼をクリックして、ウィンドウをブラウズ あなたが開くことを拒否されたファイルを保存している場所へと移動します。次に、[ OK ]をクリックして、新しい信頼できる場所を追加します。

    注:ファイルを汎用フォルダー(ダウンロードなど)に保存している場合は、別のディレクトリを作成して、最初にそこにファイルを移動することをお勧めします。

  6. PowerPointアプリケーションを再起動して、問題が解決したかどうかを確認します。

PowerPointがコンテンツの問題を検出しました」というエラーが引き続き発生する場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法3:同期フォルダーからファイルを移動する

DropboxフォルダーまたはOneDriveフォルダー内にあるファイルを開こうとしている場合は、同期やその他のバックアップソフトウェアの影響を受けないフォルダーにファイルを移動する必要があります。影響を受けた数人のユーザーが、ファイルを同期フォルダーから通常のディレクトリに移動した後に問題が解決したと報告しています。

これを行う方法のクイックガイドは次のとおりです。

  1. 現在ファイルを保存している同期ディレクトリに移動します。
  2. ファイルを右クリックして、[切り取り]を選択しますまたは、Ctrl + Xを押します。
  3. 通常のディレクトリに移動し、空のスペースのどこかを右クリックします。または、Ctrl + Vを押すこともできます。
  4. PowerPointアプリケーションでファイルを再度開き、問題が解決したかどうかを確認します。

それでも「PowerPointがコンテンツに問題を見つけました」というエラーが発生する場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法4:ファイルのブロックを解除する

問題が発生しているファイルがインターネットからダウンロードされた場合、オペレーティングシステムがファイルの変更をブロックすることを決定した可能性があります。影響を受けた何人かのユーザーは、ファイルのブロックを解除した後、「PowerPointがコンテンツに問題を見つけました」という問題が発生しなくなったと報告しています。

ファイルのブロックを解除するためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. 問題が発生しているファイル.pptxファイルを右クリックし、[プロパティ]を選択します。
  2. 内部プロパティファイルの画面に行く全般]タブをクリックしてブロックを解除する]ボタンをクリックします。
  3. [適用]をクリックして変更を保存します。
  4. .pptxファイルを開き、問題が解決したかどうかを確認します。

方法5:Macでフォルダを削除する

場合によっては、特定のファイルが破損し、コンテンツの起動の邪魔になることがあります。したがって、このステップでは、この問題を修正するためにMacの特定のフォルダーを削除します。それを行うには:

  1. Finderで、COMMAND + Shift + gを押します。
  2. 開いたウィンドウで、〜/ Libraryと入力し、[移動]をクリックします。
  3. スクロールして、「com.microsoft.powerpoint」フォルダーを探します
  4. 「com.microsoft.powerpoint」という名前のフォルダーを削除し、PowerPointを再起動します。
  5. 問題が解決しないかどうかを確認してください。