修正:通常のサブフォルダーのリストを作成できませんでした

「デフォルトの場所をリセットする」オプションがフォルダオプションの下でクリックされると、「通常のサブフォルダのリストを作成できませんでした」というエラーが発生します。このシナリオは通常、フォルダを別の場所に移動しようとして失敗し、リセットボタンをクリックしたときに発生します。

このエラーは、XPから10までのWindowsでかなり前から発生しています。フォルダの場所を変更するという行為は、実際にはフォルダを別の場所にマッピングすることです。2つの異なるドライブ間でファイルを移動する場合、このエラーも発生する可能性があります。

「通常のサブフォルダのリストを作成できませんでした」というエラーの原因は何ですか?

このエラーは、主に次の理由で発生します。

  • フォルダのドライブ間のマッピングがやや不完全であるか、エラー状態になっています。
  • ユーザーには十分な管理者アクセス権がありません。特定のシステムフォルダを移動する場合は、昇格したステータスが必要です。
  • ドライブ間でフォルダを移動するときにエラー状態の転送プロセス。

「通常のサブフォルダーのリストを作成できませんでした」というエラーを修正するにはどうすればよいですか?

ユーザーの大多数は、ファイルを転送するためのアクセスがオペレーティングシステムによって拒否されたときに、「通常のサブフォルダーのリストを作成できませんでした」というエラーに直面します。さらに、これは通常、システムフォルダ(デスクトップなど)の場所を別の場所に変更するときに発生します。このエラーが表示されたときのトリガーポイントは、フォルダーのプロパティでフォルダーの場所をリセットしたときです。以下のソリューションは、これらすべての問題を対象として、すぐに解決します。

解決策1:場所をリセットして再起動する

この問題を解決する最も簡単な回避策の1つは、フォルダーの場所を正常にリセットし、ファイルをマージするように求められたら、[いいえ]をクリックし てコンピューターを再起動することです。このソリューションを使用して修正されたバグが明らかにあります。

  1. フォルダを右クリックして、[プロパティ]をクリックします。[場所]をクリックして、[デフォルトに戻す]オプションを選択します。

  1. システムからプロンプトが表示されたら[いいえ]をクリックし、コンピューターを正しく再起動します。再起動後、フォルダがデフォルトの場所に戻っているかどうかを確認します。

解決策2:新しいフォルダーを作成してからポイントする

たとえば、デスクトップフォルダをシステムドライブ(C)からDドライブに移動しようとした場合。これを行うと、Dドライブ全体がデスクトップに表示される場合があります。これに対抗するために、デフォルトの場所を復元しようとしたかもしれませんが、エラーがポップアップします。このような場合、新しいフォルダーを作成し、そこにすべてのデータを移動してから、場所を指定できます。このようにして、問題を引き起こしている古いフォルダをバイパスします。

デスクトップフォルダの移動シナリオの例を取り上げています。要件に応じてソリューションを調整できます。

  1. 元のフォルダを移動しようとしたドライブに新しいフォルダ作成します(デスクトップを想定します)。
  2. フォルダが作成されたら、デスクトップに入れたいすべてのファイルをデスクトップフォルダに移動します。
  3. 次に、Windows + Eを押し、[クイックアクセス]で[デスクトップ]を右クリックして[プロパティ]を選択します

  1. [場所]タブを選択し、新しいフォルダを作成したパス(この場合は「D:\ Desktop」)を参照します。[適用]を押します。

  1. 変更を加えた後、コンピューターを再起動し、フォルダーが正しい方向を向いているかどうかを確認します。

注:ファイルマージするように求められたら、[いいえ]をクリックします。このオプションは、これらのタイプのケースで問題を引き起こす主な原因です。後でいつでも手動でファイルを移動できます。

これらのソリューションに加えて、次のことも試すことができます。

  • まれに、ドライブスペースが不足していることを確認してください。ドライブの容量が不足している場合は、このエラーが表示されます。
  • 新しいアカウントを作成し、既存のすべてのデータを1つずつ手動で転送します。