修正:仮想ディスクサービスエラーボリュームサイズが大きすぎます

一部のユーザーに仮想ディスクサービスエラーが発生します: Diskpartユーティリティを使用して内部または外部HDD(またはパーティション)をフォーマットしようとすると、ボリュームサイズが大きすぎるエラーになります。影響を受けた一部のユーザーは、このエラーメッセージが表示される前に、操作が完了するのを5時間以上待っていたと報告しました。

仮想ディスクサービスエラーの原因:ボリュームサイズが大きすぎるエラー?

この特定のエラーは、ユーザーが大きなパーティションまたはUSBハードドライブをFAT32にフォーマットしようとするたびに発生することが知られています。Windowsインターフェイスから実行しようとすると、NTFSまたはexFATファイルシステムでフォーマットするオプションしか表示されません。

これは、WindowsがWindowsから32GBを超えるFAT32ボリュームをフォーマットまたは作成できないために発生します(少なくともDiskpartユーティリティでは)。ただし、より大きなものを問題なくマウントして使用できます。

ドライブをFAT32ファイルシステムにフォーマットする理由はいくつかあります。ほとんどの人は、Macコンピューターまたはコンソール(PS3、Xbox 360など)からファイルを転送したいので、それを行います。

幸い、このWindowsの欠点を回避する方法がいくつかあります。この特定の問題の解決に苦労している場合は、この記事でいくつかのトラブルシューティング方法を説明します。以下の手順に従って、仮想ディスクサービスエラーをバイパスし ます。ボリュームサイズが大きすぎるエラー。

方法1:NTFSファイルシステムを使用してDiskPartでフォーマットする

ドライブをFAT32ファイルシステムでフォーマットする必要がない場合は、DiskPartを使用してNTFSファイルシステムを使用してフォーマットできます。これにより、同じ仮想ディスクサービスエラーが発生することはありません。Windows ではNTFSファイルシステムを使用して32 GBを超えるパーティションまたはドライブをフォーマットできるため、ボリュームサイズが大きすぎるエラーです。

注: FAT32ファイルシステムを使用してフォーマットする必要がある場合は、以下の次の方法に進んでください。

Diskpartを使用してNTFSファイルシステムを使用してドライブをクリーンアップおよびフォーマットする場合は、以下の手順に従ってください。

  1. Windowsキー+ Rを押して、[実行]ダイアログボックスを開きます。次に、「cmd」と入力し、Ctrl + Shift + Enterを押して、管理者特権のコマンドプロンプトを開きます。UAC(ユーザーアカウント制御)によってプロンプトが表示されたら、プロンプトで[はい]をクリックします。
  2. フォーマットするドライブを接続し(まだ接続されていない場合)、1分ほど待ちます。
  3. 次のコマンドを入力してDiskPartユーティリティを開き、Enterキーを押します。
    diskpart
  4. 次に、次のコマンドを入力してEnterキーを押し、使用可能なすべてのドライブのリストを取得します。
    リストディスク

    注: 時間をかけて、クリーニングするドライブを特定してください。通常、ディスク0はOSを含むHDDです。この例では、ディスク1をNTFSファイルシステムにフォーマットします。

  5. フォーマットするドライブを特定したら、次のコマンドを使用して問題のドライブを選択します。
    ディスクXを選択

    Xは単なるプレースホルダーであることに注意してください。フォーマットするドライブに関連付けられている実際の番号に置き換えます。

  6. ディスクを選択した状態で、次のコマンドを入力してドライブをクリーンアップし、Enterキーを押してプロセスを開始します。
    掃除

    注:Enterキーを押すとすぐに、ディスクの内容が消去されることに注意してください。

  7. プロセスが完了したら、以下のコマンドを入力して、ターゲットのドライブが引き続き選択されていることを確認します。
    リストディスク

    注:問題のドライブの横にアスタリスク(*)が表示されている場合は、ドライブがまだ選択されており、先に進む準備ができていることを意味します。そうでない場合は、手順5を再度実行して再選択します。

  8. 次のコマンドを入力して新しいパーティションを作成し、Enterキーを押します。
    パーティションプライマリを作成する
  9. パーティションが作成されたら、次のコマンドを入力し、Enterキーを押して、作成したパーティションを選択します。
    パーティション1を選択
  10. パーティションを選択した状態で、次のコマンドを入力し、Enterキーを押して、新しく作成したパーティションをアクティブとして設定します。
    アクティブ
  11. 次のコマンドを入力し、Enterキーを押して、NTFSファイルシステムを使用してパーティションを作成し、それにラベル(名前)を割り当てます。
    format FS = NTFS label = Appuals quick

    注:Appualsは、パーティション名の単なるプレースホルダーであることに注意してください。自分の名前に置き換えてください。

  12. プロセスが完了したら、次のコマンドを入力し、Enterキーを押して、作成したドライブに文字を割り当てます。
    文字を割り当てる= A

    注:Aプレースホルダーを選択した文字に置き換えます。

  13. 最後に、次のコマンドを入力してDiskPartユーティリティを閉じ、プロセスを完了します。
    出口

これで、仮想ディスクサービスエラーが発生することなく、NTFSファイルシステムを使用してドライブが正常に再編成されました 。ボリュームサイズが大きすぎるというエラーです。

ドライブをFAT32パーティションでフォーマットする必要がある場合は、方法2に従います。

方法2:サードパーティのユーティリティを使用する

パーティションをFAT32ファイルシステムにフォーマットする必要がある場合は、サードパーティのユーティリティプログラムを使用する以外に選択肢はほとんどありません。

Windows 32GBの制限を回避できるフリーウェアツールはたくさんあります。Fat32 Formatはシンプルで完全に無料で、アドウェアが含まれていないため、Fat32Formatを使用することにしました。ただし、Rufus、 SwissKnife、およびその他の多くのソフトウェアを使用して、同じ最終結果を達成することもできます。

シンプルに保つことにした場合は、Fat32フォーマットを使用して32GBを超えるドライブをFAT32ファイルシステムにフォーマットするためのクイックガイドを次に示します。

  1. このリンク(ここ)にアクセスし、スクリーンショットの画像をクリックしてユーティリティをダウンロードします。
  2.  ダウンロードしたguiformat.exe実行可能ファイルをダブルクリックし、SmartScreenプロンプトが表示されたら[実行]をクリックします
  3. ユーティリティを開いたら、[ドライブ]の下のドロップダウンメニューから適切なドライブが選択されていることを確認します。次に、必要に応じてアロケーションユニットサイズを選択し、[開始]をクリックしてフォーマット手順を開始します。

    :この手順をすばやく終了する場合は、[クイックフォーマット]に関連付けられているチェックボックスをオンにします

  4. 最後のプロンプトで[ OK]をクリックして、選択したドライブのフォーマット手順を確認します。
  5. 手順が終了すると、ドライブは(サイズに関係なく)自動的にFAT32フォーマットファイルシステムに変換されます。