修正:Excelで読み取り不可能なコンテンツが見つかりました

何人かのユーザーは、スプレッドシートを開こうとすると、Excelプログラムが次のエラーメッセージを生成し続けると報告しています。「Excelが読み取り不可能なコンテンツを見つけました」。影響を受けるユーザーの中には、問題が特定のドキュメントでのみ発生すると報告する人もいれば、Excelで開こうとするすべてのドキュメントで問題が発生していると主張する人もいます。

「Excelで読み取り不可能なコンテンツが見つかりました」エラーの原因は何ですか?

この特定の問題を調査するために、さまざまなユーザーレポートと、影響を受ける一部のユーザーが問題を解決するために正常に展開した修復戦略を調べました。私たちが収集したものに基づいて、この特定の問題を引き起こすことが知られているいくつかの一般的な原因があります。

  • Excelに管理者権限がない結局のところ、この特定のエラーは、Excelを開くときにユーザーアカウントに管理者権限がない場合に発生する可能性があります。影響を受けた数人のユーザーは、XLSファイルを開こうとする前に、管理者権限でExcelを強制的に開くことで問題を解決しました。
  • ファイルが読み取り専用として認識される–古い未解決のOfficeバグがあり、WordおよびExcelファイルが読み取り専用として表示されることがあります。これにより、この特定のエラーメッセージがトリガーされる可能性があります。この場合の解決策は、ファイルを別のフォルダーに移動してアクセス許可を更新することです。
  • ファイルを「サニタイズ」する必要があります– Excelが.XLSファイルを台無しにして、使用できなくなったり、ユーザーが開こうとするたびにエラーメッセージが表示されたりする場合があります。この特定のシナリオでよくある修正は、Excelから直接、またはOpenOfficeなどの別のサードパーティのOfficeスイートを使用して、別の形式に変換することです。
  • Visual Basicコンポーネントがない–この特定の問題は、OfficeインストールにVisualBasicコンポーネントがない場合にも発生する可能性があります。OficeのインストールでVisualBasicコンポーネントを強制的にインストールすることで、影響を受ける多くのユーザーの問題が解決しました。
  • Excelキャッシュがいっぱいです結局のところ、Excelのキャッシュがいっぱいになり、最後に開いたドキュメントのファイルを保存できない場合にも、この特定の問題が発生する可能性があります。この場合の解決策は、すべてのファイルを閉じてからExcelを再度開くことです。
  • ファイルがブロックされている–インターネットからExcelファイルをダウンロードした場合、または電子メールで受信した場合は、セキュリティ上の理由からオペレーティングシステムがブロックしている可能性があります。このシナリオが当てはまる場合は、ファイルのブロックを解除することで問題を解決できます。
  • システムがハードウェアアクセラレーションをサポートしていない–仕様の低いシステムでは、システムがハードウェアアクセラレーションをサポートするのに十分なリソースを割り当てることができない場合、この特定の問題が頻繁に報告されます。この場合の修正は、Excelの詳細設定にアクセスし、ハードウェアアクセラレーションを無効にすることです。

同じエラーメッセージの解決に苦労している場合は、この記事でいくつかのトラブルシューティング手順を説明します。以下に、同じ問題を解決しようとしているユーザーが正常に使用したいくつかの潜在的な修復戦略を示します。

できるだけ効率的にしたい場合は、提示されている順序に従ってください。効率と難易度の順に並べられています。

方法1:管理者権限でExcelを開く

この問題を回避する可能性のある簡単な修正の1つは、最初に管理者としてExcelを開き、次に「Excelで読み取れないコンテンツが見つかりました」 エラーをトリガーしているExcelファイルを開くことです 。最も一般的には、これはアクティブなユーザーアカウントに管理者アクセス権がないコンピューターで発生することが報告されています。

ファイルを開く前にExcelに管理者権限があることを確認するためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. Excelランチャーを右クリックし、[管理者として実行]を選択しますUAC(ユーザーアカウント制御)によってプロンプトが表示されたら、[はい]をクリックして管理者権限を付与します。
  2. 管理者権限でExcelを開いたら、以前に「Excelで読み取り不能なコンテンツが見つかりました」という エラーをスローしていたファイルを開き ます。

管理者権限でExcelを開いても同じエラーメッセージが表示される場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法2:ファイルを別のフォルダーに移動する

この修正が効果的である理由の公式な説明はありませんが、多くのユーザーが、Excelファイルをあるフォルダーから別のフォルダーに移動するだけで問題を正常に解決できると報告しています。

簡単な修正が必要な場合は、「Excelで読み取り不能なコンテンツが見つかりました」 エラーをトリガーしているファイルを別の場所にカットアンドペーストして  、問題が解決するかどうかを確認してください。

この回避策で問題が解決しない場合、または永続的な修正を探している場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法3:ファイルをWebページとして保存する

影響を受ける多くのユーザーが「Excelで読み取れないコンテンツが見つかりました」 エラーの「満足のいく」解決策として報告している一般的な回避策の1つ  は、ファイルをWebページとして保存し、Excelで.htmlファイルを開いてファイルをに保存することです。.xls形式。

これは問題の原因を処理しませんが、問題のトラブルシューティングに時間を費やす時間がない場合は、迅速な回避策です。ファイルをWebページとして保存して、エラーメッセージを回避するために必要なものは次のとおりです。

  1. エラーが表示されているページを開き、エラープロンプトで[はい]をクリックします。次に、[ファイル]に移動し、[ 名前を付けて保存 ]を選択して、[参照]をクリックします。次に、ファイルの名前(次のファイル名)を入力し、[ファイルの種類]に関連付けられているドロップダウンメニューから[ Webページ](。htm、html。)を選択します。次に、[保存]をクリックしてファイルを.htmlファイルに変換します。
  2. Excelを開き[ファイル]> [開く]に移動して、以前にHTMLファイル形式に変換したファイルを参照し、[開く]を選択します
  3. HTMLファイルをExcelで開いたら、[ファイル]> [保存]> [名前を付けて保存]に移動し、ファイルをExcel 97-2003(.xls)として保存します。

    ファイルがXLSに変換されると、問題は発生しなくなります。

ただし、ファイルを開こうとしたときに「Excelで読み取り不能なコンテンツが見つかりました」という エラーが引き続き 表示される場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法4:Visual Basicコンポーネントのインストール(Office 2010/2013)

実は、この特定のエラーは、Office 2010 / Office2013のインストールにVisualBasicコンポーネントが含まれていない場合に発生する可能性があります。開こうとしたすべての.xlsmファイルで問題が発生している数人のユーザーは、VisualBasicコンポーネントをコンピューターに強制的にインストールした後に問題が解決したと報告しています。

注:影響を受ける一部のユーザーは、Visual Basicコンポーネントが既にインストールされている場合でも、この特定の問題が有効であると報告しています。コンピューターからVBAを実行することを選択すると(以下に示すように)、インストーラーはOfficeのインストールに変更を加えます(これにより問題が自動的に解決される場合があります)

MicrosoftOfficeのインストールでVisualBasicコンポーネントを追加するためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. 押してWindowsキー+ Rは、  ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。次に、「appwiz.cpl」と入力し、Enterキーを押して、[プログラムと機能]メニューを開きます。
  2. [プログラムと機能] ウィンドウ内で、アプリケーションのリストを下にスクロールして、Microsoft Officeインストール(Microsoft Office Office 2010 / Microsoft Office 2013)を見つけます。
  3. Officeのインストールを見つけたら、それを右クリックして[変更]をクリックします
  4. Microsoft Officeのセットアップウィンドウが表示されたら、[機能の追加と削除]を選択し、[続行]をクリックして続行します。
  5. Microsoft Officeにインストールできるアドオンのリストをスクロールし、Office共有機能に関連付けられているドロップダウンメニューを展開します。次に、Visual Basic for Applicationsを右クリックし、[マイコンピュータから実行]を選択します
  6. [続行]をクリックし、画面の指示に従ってMicrosoftのアップグレードを完了します。プロセスが完了したら、コンピューターを再起動し、次回の起動時に問題が解決したかどうかを確認します。

Excelファイルを開こうとしたときに「Excelで読み取れないコンテンツが見つかりました」という エラーが引き続き発生する場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法5:すべてのファイルを閉じてExcelを再度開く

複数のユーザーが、同時に複数のExcelファイルを開いている場合にのみエラーが発生することを報告しています。これが発生する理由の公式な説明はありませんが、影響を受けるユーザーは、問題が何らかのキャッシュに関連しており、いっぱいになるとそれ以上ドキュメントを処理できないことを発見しました。

幸いなことに、これが発生した場合の回避策を見つけることができたユーザーもいます。

「Excelで読み取り不可能なコンテンツが見つかりまし」という プロンプトが表示され たら、プロンプトで[いいえ]をクリックし、現在開いているすべてのExcelファイルを閉じます。次に、ファイルを個別に再度開くと、エラーメッセージが表示されなくなります。

注: この回避策は、Microsoft Office2010およびMicrosoftOffice2013で有効であることが確認されています。

残念ながら、ほとんどの影響を受けるユーザーは、修正が唯一の一時的なものであり、エラーメッセージが次回の起動時に返される可能性が高いと報告しています。

それでもエラーメッセージが表示される場合、または永続的な修正を探している場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法6:ApacheOpenOfficeを使用してファイルをExcel97 / 2000形式で保存する

同じ問題の解決に苦労している一部のユーザーは、Apache OpenOfficeを使用してExcelファイルを開き、古い形式(Excel 97/2000)に変換することで、最終的に問題を回避できたと報告しています。複数のユーザーの再投稿に基づいて、これによりエラーが排除され、「Excelで読み取り不可能なコンテンツが見つかりました」 エラーなしでExcelファイルを開くことができます 。

これは、Apache OpenOfficeを使用してExcelファイルを古い形式に変換するためのクイックガイドです。

  1. こちらのリンクにアクセスし、選択した言語であるWindows(EXE)を選択して、最後のドロップダウンメニューから利用可能な最新バージョンを選択します。次に、[フルインストールのダウンロード]をクリックしてダウンロードを開始します。
  2. ダウンロードが完了したら、インストール実行可能ファイルを開き、画面の指示に従ってユーティリティをシステムにインストールします。

    注:インストールプロセスを高速化する場合は、[カスタムセットアップタイプ]を選択し、OpenOfficeCalc以外のevertモジュールを無効にします。

  3. インストールが完了したら、プロンプトが表示されたらコンピュータを再起動します。
  4. 次回の起動時に、以前にエラーをトリガーしていたExcelファイルを右クリックし、[プログラムから開く]> [ OpenOfficeCalc]を選択します

  5. スイートからプログラムを初めて開く場合は、OpenOfficeを構成するように求められることがあります。これが発生した場合は、必要な資格情報を入力して[完了]をクリックしてください。
  6. テキストのインポート画面で、デフォルト値のままにし、[ OK ]をクリックして必要なテキストをインポートします。
  7. シートをOpenOfficeCalc内で開いたら、[ファイル]> [名前を付けて保存]に移動します
  8. [名前を付けて保存]メニューから、ファイルのファイル名を入力し、[名前を付けて保存]の種類Microsoft Excel 97/2000 / XPに設定して、[保存]ボタンをクリックします。
  9. OpenOfficeを閉じてから、最近保存したファイルの場所に移動し、Excelで開きます。「Excelで読み取り不可能なコンテンツが見つかりました」という エラーは発生しなくなり ました。

それでも同じエラーメッセージが表示される場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法7:ファイルがブロックされていないことを確認します

一部のユーザーが報告しているように、この特定のエラーメッセージは、開こうとしているファイルがブロックされている場合にも発生する可能性があります。ほとんどの場合、これは、電子メールでダウンロードまたは受信されたExcelファイルで発生することが報告されています。

注: Office 2007では、複数シートのExcelファイルがランダムにブロックされる場合があります。これはよく知られたバグであり、新しいビルドで対処されています。

Excelファイルのブロックを解除するためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. ファイルエクスプローラーを使用して、ファイルの場所に移動します。
  2. Excelファイルを右クリックして、[プロパティ]を選択します。

  3.  内部のプロパティ画面に移動全般タブと関連付けられたチェックボックスをクリックブロックを解除します。次に、[適用]をクリックして変更を保存します。
  4. ファイルをExcelで再度開き、「Excelで読み取り不能なコンテンツが見つかりました」という エラーが引き続き表示されるかどうかを確認し ます。

それでも同じ問題が発生する場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法8:ハードウェアアクセラレーションを無効にする

結局のところ、この特定の問題は、コンピューター上のリソースがハードウェアアクセラレーションをサポートするには不十分な場合にも発生する可能性があります。幸い、Microsoft Excelの詳細設定にアクセスし、ハードウェアグラフィックアクセラレーションを無効にすることで、この問題を解決できます(このシナリオが該当する場合)。

これにより、Excelプログラムの応答性が少し低下する可能性がありますが、低スペックのコンピューターでこの問題が発生している多くのユーザーは、これにより問題を完全に解消できると報告しています。

MicrosoftOfficeでハードウェアアクセラレーションを無効にする方法は次のとおりです。

注:以下のガイドは、どのMicrosoftExcelバージョンでも従うことができます。

  1. Microsoft Excelを開き、[ファイル]に移動して、[オプション]をクリックします
  2. [ Excelオプション]メニュー内で、左側のメニューから[詳細設定]タブを選択します。
  3. [詳細設定]タブ内で、[表示]セクションまで下にスクロールし、[ハードウェアグラフィックアクセラレーション無効にする]に関連するチェックボックスをオンにします
  4. [ OK]をクリックして変更を保存し、Excelを再起動して変更を強制的に有効にします。
  5. Excelがバックアップされて実行されたら、以前に「Excelで読み取り不能なコンテンツが見つかりました」 エラーをトリガーしていたファイルを開き 、問題が解決されているかどうかを確認します。