修正:WindowsUpdateスタンドアロンインストーラー0x80096002エラー

Windows 10は、いくつかの異なる方法でインストールまたは更新できます。Microsoftは、Windows OSシリーズの最新版を使用する場合に、さまざまなオプションが提供されるようにしています。

ただし、Windowsのインストール方法に関係なく、常に特定の競合が発生するため、これでも十分でない場合があります。問題を解決する方法や問題を回避するために何をすべきかについては、その意味があまり意味をなさないさまざまなエラーコードがたくさんあります。この特定のエラーコードに関する情報については、以下を確認してください。

WindowsUpdateスタンドアロンインストーラー0x80096002エラー

この特定のエラーメッセージは、更新プロセスを手動で実行するために使用されるスタンドアロンインストーラーを使用して、ユーザーがWindows10またはその他の更新プログラムをOSにインストールしようとするプロセスに関連しています。

エラーメッセージは非常にまれですが、スタンドアロンインストーラーを使用すると、更新プロセスを正しく実行できないという苦情が多く寄せられました。この問題にはいくつかの解決策があります。この問題に効果的に対処する方法を確認するには、以下を確認してください。

解決策1:オペレーティングシステム用に設計されていないプログラムをダウンロードしている

ご使用のバージョンのWindowsでサポートされていない更新プログラムまたはプログラムをダウンロードしてインストールしようとすると、この問題が必ず発生します。たとえば、Windows 10 Homeを実行していた何人かのユーザーは、Windows 10ProおよびEnterpriseバージョン用に設計されたツールであるBitLockerDriveEncryptionをインストールしようとしていました。

Windows 10 Homeを実行している場合、本当にプログラムを使用する場合は、Windows 10Proに更新する必要があります。以下の手順に従ってください。

  1. すでにWindows10 Homeを実行している場合は、WindowsストアからWindows 10Proへのアップグレードを購入できます。
  2. [スタート] >> [設定] >> [更新とセキュリティ] >> [アクティベーション] >> [ストアに移動]をクリックし、[$ 99.00USD]をクリックします。
  3. Easy Upgradeは、個人のファイル、アプリケーション、および設定を保持し、エディションのロックを解除するだけです。プロセスは、Windows7のWindowsAnytimeUpgradeと非常によく似ています。
  4. 既存のプロダクトキーを使用して、Windows 10ProまたはEnterpriseにアップグレードすることもできます。
  5. Windows 10キーの準備ができたら、[システム]を選択します。
  6. [バージョン情報]を選択し、[プロダクトキーの変更]をクリックするか、Windowsのエディションをアップグレードします。
  7. ユーザーアカウント制御が表示されたら、[はい]をクリックします。
  8. ProまたはEnterpriseのどちらであっても、アップグレードするエディションのプロダクトキーを入力し、プロダクトキーが確認されるまで待ちます。
  9. 開いているすべてのアプリケーションが閉じられ、作業内容が保存されていることを確認してから、アップグレードを開始します。アップグレードプロセスが開始されるまで待ちます。このプロセスの間、コンピュータは数回再起動されます。
  10. アップグレードにかかる時間は、システムによって異なります。しかし、私の経験では、5分から10分しかかかりませんでした。
  11. それでおしまい!アップグレードの完了確認画面を閉じて、新しいエディションのWindowsの使用を開始します。
  12. アップデートをダウンロードまたはインストールしてみてください。

解決策2:オペレーティングシステムの互換モードで必要なプログラムをインストールする

現在のバージョンのWindows10をアップグレードするためにお金を払う気がない場合は、プログラムを正常にインストールするために、ご使用のバージョンのWindowsの互換モードでプログラムを実行することもできます。ロングショットですが、この特定のソリューションは非常に簡単に試すことができるため、念のために試す必要があります。

互換モードでは、以前のバージョンのWindowsの設定を使用して、現在のバージョンのWindowsでプログラムが実行されます。

  1. リンクからソフトウェアセットアップファイルをダウンロードします。
  2. セットアップファイルを右クリックし、プロパティをクリックします。
  3. [互換性]タブをクリックし、チェックボックスをオンにします
  4. このプログラムを互換モードで実行し、ドロップダウンメニューからWindows 10オペレーティングシステムを選択して、インストールを続行します。これが行われると…
  5. コンピューターを再起動し、変更が有効かどうかを確認します。

解決策3:WindowsUpdateおよびWindowsインストーラーサービスのトラブルシューティング

これらの2つのプロセスは、Windowsスタンドアロン更新を実行しようとしている場合に重要であり、直面している問題をまだ把握しようとしている場合は、このソリューションを必ず確認する必要があります。トラブルシューティング担当者は、何もしなくても問題を解決できる場合があります。

Windows Updateのトラブルシューティング:

  1. スタートメニューの横にある検索バーをクリックします。
  2. 引用符なしで「トラブルシューティング」と入力し、[トラブルシューティング]をクリックします。
  3. 次に、画面の左側のパネルにある[すべて表示]をクリックします。
  4. 両方のWindowsUpdateをクリックします。
  5. [次へ]をクリックし、プロンプトに従ってトラブルシューティングを実行します。
  6. それでも問題が解決しない場合は、以下の方法を参照してください。

Windowsインストーラーサービス:

  1. Windows 10より古いバージョンのWindowsを使用している場合、PCで実行されているサービスにアクセスする最も簡単な方法は、[スタート]ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスに移動することです。
  2. ダイアログボックスに「services.msc」と入力し、サービスのリストが開くのを待ちます。
  3. Windows 10を使用している場合は、Ctrl + Shift + Escキーの組み合わせを使用してサービスにアクセスし、タスクマネージャーを起動することもできます。
  4. タスクマネージャーの[サービス]タブに移動し、ウィンドウの下部にある歯車アイコンの横にある[サービスを開く]をクリックします。

サービスを正常に開いたら、以下の手順に従ってください。

  1. サービスをアルファベット順に並べ替えるには、[名前]列をクリックしてWindowsインストーラーサービスを見つけます。
  2. サービスを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。
  3. [スタートアップの種類]に移動し、[自動(遅延開始)]に設定します。
  4. サービスが実行されていない場合は、[サービス]ステータスのすぐ下にある[開始]をクリックできます。

サービスは今すぐ開始する必要があり、将来的に問題なく処理できます。ただし、[開始]をクリックすると、次のエラーメッセージが表示される場合があります。

「WindowsはローカルコンピューターでWindowsインストーラーサービスを開始できませんでした。エラー1079:このサービスに指定されたアカウントが、同じプロセスで実行されている他のサービスに指定されたアカウントと異なります。」

これが発生した場合は、以下の手順に従って修正してください。

  1. Windowsインストーラのプロパティを開くには、以下の手順の手順1〜4に従ってください。
  2. [ログオン]タブに移動し、[ブラウザ...]ボタンをクリックします。
  3. [選択するオブジェクト名を入力してください]ボックスの下に、コンピューターの名前を入力し、[名前の確認]をクリックして、名前が認証されるのを待ちます。
  4. 完了したら[OK]をクリックし、プロンプトが表示されたら[パスワード]ボックスに管理者パスワードを入力します。
  5. [OK]をクリックして、このウィンドウを閉じます。
  6. Windowsインストーラのプロパティに戻り、[開始]をクリックします。
  7. すべてを閉じて、サービスがまだ実行されているかどうかを確認します。

解決策4:別の方法を試す

Windows UpdateをMicrosoftUpdateカタログからダウンロードして手動でインストールしようとしたときに次のエラーが発生した場合は、別の方法でコンピューターを更新してみてください。Windows 10は、新しい更新プログラムがリリースされるたびに自動的に更新されますが、自動更新システムが機能するかどうかを確認する必要があります。

以下の手順に従って、更新を手動で確認できます。

  1. Windows PCで[設定]を開くには、WindowsキーとIキーの組み合わせを使用します。または、タスクバーにある検索バーを使用して「設定」を検索することもできます。
  2. 設定アプリで[更新とセキュリティ]セクションを見つけて開きます。
  3. [Windows Update]タブにとどまり、[更新]ステータスの下にある[更新の確認]ボタンをクリックして、新しいバージョンのWindowsが利用可能かどうかを確認します。
  4. 存在する場合、Windowsは自動的にダウンロードプロセスを続行する必要があります。

または、更新プロセスで問題が発生している場合は、Windows 10 Updateコンポーネントをリセットして、問題の場所を確認することもできます。この特定の修正により、Windows Updateに関連するすべての問題の約80%を修正できるため、Windowsを最新バージョンに更新する場合は、必ずこれを確認する必要があります。

  1. コマンドプロンプトを開きます。これを行うには、Windowsのバージョンに応じて、次のいずれかの方法を使用します。

Windows 10:タスクバーのWindowsロゴボタンを押したまま(または右クリック)して、[コマンドプロンプト(管理者)]を選択します。[ユーザーアカウント制御]ボックスが表示されたら、[はい]を選択します。

Windows8.1およびWindows8:スタート画面から、右側からスワイプしてチャームを表示し、[検索]を選択して、cmdを検索します。(または、キーボードとマウスを使用している場合は、スタート画面でcmdと入力します。)検索結果で、コマンドプロンプトを押し続けるか右クリックして、[管理者として実行]を選択します。

Windows 7以前のバージョン:Windowsロゴキー+ Rを押し、[ファイル名を指定して実行]ボックスにcmdと入力して、Enterキーを押します。cmdを右クリックし、[管理者として実行]を選択します。

  1. BITSサービス、Windows Updateサービス、および暗号化サービスを停止します。これを行うには、コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します。各コマンドを入力したら、必ずEnterキーを押してください。

ネットストップビット

ネットストップwuauserv

ネットストップappidsvc

ネットストップcryptsvc

  1. qmgr * .datファイルを削除します。これを行うには、コマンドプロンプトで次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

Del“%ALLUSERSPROFILE%\ Application Data \ Microsoft \ Network \ Downloader \ qmgr * .dat”

  1. softare配布フォルダーの名前をバックアップコピーに変更します。これを行うには、コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します。各コマンドを入力したら、必ずEnterキーを押してください。

Ren%systemroot%\ SoftwareDistribution SoftwareDistribution.bak

Ren%systemroot%\ system32 \ catroot2 catroot2.bak

  1. BITSサービスとWindowsUpdateサービスをデフォルトのセキュリティ記述子にリセットします。これを行うには、コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します。各コマンドを入力したら、必ずEnterキーを押してください。

sc.exe sdsetビットD:(A ;; CCLCSWRPWPDTLOCRRC ;;; SY)(A ;; CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO ;;; BA)(A ;; CCLCSWLOCRRC ;;; AU)(A ;; CCLCSWRPWPDTLOCRRC ;;; PU)

sc.exe sdset wuauserv D:(A ;; CCLCSWRPWPDTLOCRRC ;;; SY)(A ;; CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO ;;; BA)(A ;; CCLCSWLOCRRC ;;; AU)(A ;; CCLCSWRPWPDTLOCRRC ;;; PU)

  1. コマンドプロンプトで次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

cd / d%windir%\ system32

  1. BITSファイルとWindowsUpdateファイルを再登録します。これを行うには、コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します。各コマンドを入力したら、必ずEnterキーを押してください。

PASSWORD32.exe atl.dll

PASSWORD32.exe urlmon.dll

ق32。exe mshtml.dll

PASSWORD32.exe shdocvw.dll

ق32。exebrowseui.dll

PASSWORD32.exe jscript.dll

PASSWORD32.exe vbscript.dll

PASSWORD32.exe scrrun.dll

PASSWORD32.exe msxml.dll

PASSWORD32.exe msxml3.dll

PASSWORD32.exe msxml6.dll

ق32。exeactxprxy.dll

PASSWORD32.exe softpub.dll

PASSWORD32.exe wintrust.dll

ق32。exe dssenh.dll

PASSWORD32.exe rsaenh.dll

ق32。exe gpkcsp.dll

ق32。exe sccbase.dll

ق32。exe slbcsp.dll

PASSWORD32.exe cryptdlg.dll

PASSWORD32.exe oleaut32.dll

PASSWORD32.exe ole32.dll

PASSWORD32.exe shell32.dll

ق32。exe initpki.dll

PASSWORD32.exe wuapi.dll

PASSWORD32.exe wuaueng.dll

PASSWORD32.exe wuaueng1.dll

ق32。exe wucltui.dll

ق32。exe wups.dll

ق32。exe wups2.dll

PASSWORD32.exe wuweb.dll

ق32。exe qmgr.dll

ق32。exe qmgrprxy.dll

PASSWORD32.exe wucltux.dll

ق32。exemuweb.dll

ق32。exe wuwebv.dll

  1. Winsockをリセットします。これを行うには、コマンドプロンプトで次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

netshwinsockリセット

  1. Windows XPを実行している場合は、プロキシ設定を構成する必要があります。これを行うには、コマンドプロンプトで次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

proxycfg.exe -d

  1. 他のバージョンのWindowsを実行している場合は、コマンドプロンプトで次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

netshwinhttpリセットプロキシ

  1. BITSサービス、Windows Updateサービス、および暗号化サービスを再起動します。これを行うには、コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します。各コマンドを入力したら、必ずEnterキーを押してください。

ネットスタートビット

ネットスタートwuauserv

ネットスタートappidsvc

ネットスタートcryptsvc

  1. Windows Vistaのみ:BITSキューをクリアします。これを行うには、コマンドプロンプトで次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

bitsadmin.exe / reset / allusers

  1. 最新のWindowsUpdateエージェントをインストールします。
  2. コンピューターを再起動します。
  3. [設定]の[更新とセキュリティ]セクションから更新を確認してWindowsのバージョンを更新し、スタンドアロンインストーラーを介して更新を実行してみてください。