Diskpartマニュアル(コマンドと手順)

ディスクの管理は、パフォーマンスとアクセシビリティを向上させるために実行する必要がある最も重要なタスクの1つです。使いやすいUIを備え、ほとんどのタスクを実行できるディスク管理と呼ばれるWindows内の特定のプログラムがありますが、そのプログラムを機能させることができない場合、またはディスク管理やWindowsをより詳しく知りたい場合はどうでしょうか。正常に起動していませんか?これらは、DiskPartと呼ばれる非常に優れたユーティリティが必要になる状況です

その名前が示すように、それはツールであり、実際には、単純なコマンドプロンプトを使用したディスク管理に使用されるコマンドラインツールです。ディスクとパーティションの詳細の一覧表示から新しいパーティションの削除と作成までさまざまな操作を実行できます。そのため、Windows内でDiskPartを使用すると、ディスクの管理をより適切に行うことができます。

DiskPartは最初にWindowsXPで利用可能になり、現在でも最新バージョンのWindows、つまりWindows10に統合されています。DiskPartは、選択したディスクまたはパーティションでさまざまな操作を実行するために使用される多数のコマンドで動作します。あなたがする必要があるのはターゲットディスクまたはパーティションを選択することだけであり、あなたはあなたが望むことを何でもすることができます。

そのため、このガイドでは、DiskPartユーティリティツールを使用してディスクを管理するために使用できる最も便利なコマンドのいくつかについて説明します。

DiskPartユーティリティツールを起動する方法は?

特定のバージョンのWindowsを起動している場合、DiskPartユーティリティツールの起動は非常に簡単です。以下の手順に従って、DiskPartを起動します。

Windowsで起動した場合のDiskPartの起動:

このユーティリティツールを起動するにはさまざまな方法がありますが、これはWindowsの任意のバージョンで起動するための普遍的な方法です。Windowsが正常に実行されている場合は、実行コマンドを開いてDiskPartユーティリティツールを起動できますスタートメニューの検索領域にこれを入力すると、[ファイル名を指定して実行]を開くことができます

ここで、DiskPartにアクセスするには、コマンドプロンプトを開く必要があります。[ファイル名を指定して実行]領域内でcmd入力し、キーボードのEnterキーを押します。コマンドプロンプトが起動します。

コマンドプロンプト内で、diskpart入力し、Enterキーをもう一度押します。コマンドプロンプトにより、DiskPartユーティリティツールが新しいウィンドウで起動し、コンピュータの情報の一部が上部に表示されます。

Windowsを起動できない場合のDiskPartの起動:

Windowsを起動できない場合にDiskPartを起動するのは、少し複雑です。あなたがする必要があるのはあなたのPCの起動時にコマンドプロンプトにアクセスすることです。コマンドプロンプトへのアクセスは、Windowsのバージョンによって異なります。

Windows 7:

Windows 7を起動できない場合にコマンドプロンプトを起動するための最良かつ最も便利な方法は、起動可能なWindows 7USBドライブを使用することです。USBをPCに接続し、USBから起動するように求められたら任意のキーを押します。Windows 7のインストール画面には、下部にある[コンピューターの修復]というオプションがあります。

リストからOSを選択し、[へ]をクリックして次のウィンドウに移動します。下部にある[コマンドプロンプト]をクリックし、diskpart入力してからEnterキーを押します。

Windows 8および10:

Windows 8および10では、PCを再起動し、Shift + F8キーの組み合わせを押したままにして、詳細メニューを開くことにより、DiskPartにアクセスできます。[トラブルシューティング]をクリックして、コマンドプロンプトを選択します。入力します。diskpart内側とヒットを入力します

DiskPartコマンドと命令:

DiskPartユーティリティの核心は、さまざまな操作を実行するために使用されるコマンドです。これらのコマンドは大文字と小文字を区別せず、ディスクの管理に便利に利用できます。ディスクの管理時に必要となる最も重要なコマンドのいくつかを次に示します。

リストディスク:

あなたは出力に、現在お使いのPCに接続されているすべてのディスクのリストが必要な場合、それが含む情報の束のように表示され、その後、このコマンドは非常に便利になるディスクの合計数ディスクの状態ディスクのサイズを、など。私の場合、PCに接続されているディスクは1つだけです。

構文:  list disk

このコマンドが正しく実行されていない場合、「表示する固定ディスクがありません」というエラーが表示されることがあります。

ディスクの選択:

PCに接続されている特定のディスクを選択するには、ディスク番号とともにselectdiskコマンドを使用できます。私の場合、ディスク0を選択します。特定のディスクが選択されたことを示すメッセージが表示されます。

構文:  select disk 0(私の場合、「0」はディスクの数です)

詳細ディスク:

このコマンドは、選択したディスクに関する完全な詳細を表示するために使用されます。これは、ディスクに関する広範な情報が必要な特定の場合に非常に役立ちます。

構文:  詳細ディスク

ディスクの削除:

[ディスクの削除]コマンドは、不足しているダイナミックディスクをディスクリストから削除するために使用されます。このコマンドは、深刻な問題を引き起こす可能性があるため、慎重に使用する必要があります。

構文:  ディスクの削除

リストパーティション:

ここで、選択したディスクのパーティションを確認します。したがって、DiskPartには、その目的のための非常に優れたコマンドがあります。あなたがやらなければならないことは、入力することですリストパーティションを迅速にし、Enterキーを押します。すべてのパーティションのリストが、その数やサイズなどとともに表示されます。

Syntax:  list partition

select partition:

To set the focus of the DiskPart utility to a specific partition inside the select disk, you can use the select partition command along with a number of the partition displayed. In my case, I will set the focus to Partition 3. So, the syntax will be as below.

Syntax:  select partition 3 (“3” is the number of partition in my case)

detail partition:

You can use the detail partition command to view the details of the currently selected partition. You can select any partition using the select partition command mentioned above. In my case, I will view the details of the partition # 3. For this purpose, I will select partition # 3 and execute the detail partition command afterward.

Syntax:  detail partition

delete partition:

To delete the currently active partition, delete partition command can be used. It is recommended that you should select the partition first using the select partition command and then, use the delete partition command to delete it. Also, you can encounter the access is denied error if the command isn’t executed properly.

Syntax:  delete partition

list volume:

Volumes on a PC can be viewed using the list volume command inside DiskPart. It displays all of the volumes available on the computer along with some basic info. In my case, there are five volumes available on my PC.

Syntax:  list volume

select volume:

To select a particular volume, you can use the select volume command along with the number of the volume listed above using the list volume command. In my case, I will select the third volume.

Syntax:  select volume 3 (“3” is the number of the volume in my case)

detail volume:

Details of a selected volume can be viewed using the detail volume command. It displays a whole list of info regarding the selected volume. In my case, as I had selected the volume 3, so, detail volume command displayed the details of the 3rd volume on my PC.

Syntax:  detail volume

delete volume:

A volume can be deleted the same way as a disk or a partition. So, to delete the selected volume, you can utilize the benefits of the cool command called delete volume.

Syntax:  delete volume

create volume:

Creating a volume is quite easy. You can create a simple volume by using the command i.e. create volume simple along with a few attributes including size (MBs) and disk number. If you don’t specify the size or disk number, basic settings will be adopted to create a new simple volume. The same goes with create volume stripe and create volume raid command with a little bit of difference in disks.

Syntax:  create volume simple [size] [disk #] Syntax:  create volume stripe [size] [disks (two or more than two)] Syntax:  create volume raid [size] [disks (three or more than 3)]

format:

One of the most important commands used inside DiskPart is format. You can format any volume using this command. You should first select the volume you want to format using select volume command before using the format. You can also specify various parameters to get the desired results.

Syntax:  format FS=NTFS label=”My Drive” Quick Compress FS: FS represents the file system. Label: label is the name of your drive. You can write anything. Quick Compress: It compresses the drive accordingly. create partition:

There are various commands dependant on the type of partition you need to create. You can create a primary partition by using the create partition primary command along with some option parameters including the size (MBs) and offset. You can also create extended partitions and logical partitions using create partition extended and create partition logical commands respectively.

Syntax:  create partition primary, logical, extended [size] [offset]

convert mbr:

To convert an empty disk with GPT partition style to MBR partition style, you can use convert mbr command keeping in mind that the disk should be empty. Otherwise, you might lose all of your data.

Syntax:  convert mbr

convert gpt:

To convert an empty disk with the MBR partition style to GPT partition style, you can use convert gpt command keeping in mind that the disk should be empty. Otherwise, you might lose all of your data.

Syntax:  convert gpt

rescan:

The best advantage of using the DiskPart utility tool is its ability to rescan for the I/O buses along with any newly added disks to the computer. This can be done through a single command called rescan.

Syntax: rescan

上記のコマンドは、DiskPartユーティリティ内で主に使用される基本的なコマンドです。詳細なリファレンスについては、このリンクに移動できます。