修正方法 '時間データが利用できなかったため、コンピューターが再同期しませんでした' Windowsでのエラー

このエラーは、ユーザーがMicrosoft WindowsServerコンピューターの時刻を外部の時刻ソースと同期しようとしたときに表示されます。時間の同期には、ドメインまたはクライアントコンピューターのいずれかで「w32tm / resync」コマンドを実行することが含まれます。

この問題を解決するには、何年にもわたってさまざまな方法があります。最良の方法を収集し、この記事に含めて、問題を確認し、うまくいけば解決できるようにすることにしました。

Windowsで「時間データが利用できなかったためにコンピュータが再同期しなかった」エラーの原因は何ですか?

  • グループポリシーが正しく設定されていない可能性があります– Windows TimeServiceに関する一部のグループポリシーを変更する必要がある場合があります
  • Windows Time Serviceのパラメーターが正しく設定されていない– Windows Time Serviceのレジストリ設定でパラメーターを変更すると、問題の解決に役立つはずです。
  • Windowsタイムサービスの一般的な問題–コマンドの実行やサービスの再起動を試すことができます。

解決策1:グループポリシーを変更する

この方法は、マイクロソフトの専門家が推奨する主要な方法であり、実際に多くの人々が問題を解決するのに役立ちました。プロセスは、ドメインコントローラーで問題が発生していてトラブルシューティングを行っているかどうかによって異なります。そのため、必ず手順に従ってください。

ドメインオブジェクトの場合:

  1. キーボードのWindowsキーとRキーの組み合わせを使用して、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます(これらのキーを同時に押します)。「dsa」と入力します。新しく開いたボックスに引用符を付けずに「msc」と入力し、[OK]をクリックしてActiveDirectoryユーザーとコンピューターのMicrosoft管理コンソールを開きます。
  1. 内部で、変更するグループポリシーオブジェクトが含まれているコンテナーを右クリックし、コンテキストメニューから[プロパティ]を選択します。
  2. 開く新しい[コンテナ名]プロパティウィンドウで、グループポリシーに移動します。変更するオブジェクトをクリックして、[編集]を選択します。

ローカルコンピューターの場合:

  • キーボードのWindowsキーとRキーの組み合わせを使用して、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます(これらのキーを同時に押します新しく開いたボックスに引用符なしで「gpedit.msc」と入力し、[OK]をクリックしてローカルを開きます。グループポリシーエディター。

次の手順は、手順を実行しているコンピューターの種類に関係なく同じです。

  1. ローカルグループポリシーエディターの左側のナビゲーションウィンドウの[コンピューターの構成]で、[管理用テンプレート]をダブルクリックし、[システム]> [Windowsタイムサービス]に移動します。
  2. Windows Time Serviceフォルダーを左クリックして選択し、右側のセクションを確認します。
  3. グローバル構成設定」ポリシーをダブルクリックし、「未構成」オプションの横にあるラジオボタンをチェックします。
  1. 次に、Windows Time Serviceフォルダーを展開し、TimeProvidersキーをクリックします。:内部では、次の3つのキー見つけるの構成のWindows NTPクライアントをWindowsのNTPクライアントを有効にし、WindowsのNTPサーバーを有効にします
  2. 各エントリをダブルクリックし、上部のラジオボタンを[未構成]に変更します。
  1. 終了する前に行った変更を適用します。再起動するまで、変更は適用されません。
  2. 最後に、コンピューターを再起動して変更を保存し、まだエラーが発生していないかどうかを確認します。

解決策2:レジストリキーの調整

レジストリ内のいくつかの特定のキーを編集すると、タイムサーバーに正しく接続できるようになります。この一連の手順は、ワークグループ、ホームグループ、または中央のホストコンピューターを備えたその他のネットワークのホストコンピューターで実行する必要があります。レジストリキーの取り扱いには注意してください。

  1. レジストリキーを削除するので、他の問題を防ぐためにレジストリを安全にバックアップするために、私たちが公開したこの記事をチェックすることをお勧めします。それでも、手順を注意深く正しく実行すれば、何も問題は発生しません。
  2. 検索バー、[スタート]メニュー、またはWindowsキーとRキーの組み合わせでアクセスできる[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスに「regedit」と入力して、レジストリエディタウィンドウを開きます。左側のペインでナビゲートして、レジストリ内の次のキーにナビゲートします。
HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Services \ W32Time \ Parameters
  1. このキーをクリックして、Typeという名前のエントリを見つけてください。それはそこにない場合は、新しい作成する文字列値のエントリと呼ばれるTのYPEをウィンドウの右側で右クリックして選択し、[新規]> [文字列値を。それを右クリックし、コンテキストメニューから[変更]オプションを選択します。
  1. [編集]ウィンドウの[値のデータ]セクションで、値をNT5DSに変更し、行った変更を適用します。このプロセス中に表示される可能性のあるセキュリティダイアログを確認します。
  2. これで、[スタート]メニュー> [電源]ボタン> [再起動]をクリックしてコンピューターを手動で再起動し、問題が解決したかどうかを確認できます。これで問題はすぐに解決するでしょう。

解決策3:Windowsタイムサービスコマンドの実行

複数のユーザーが時間同期の問題を解決するのに役立つ特定のコマンドがあります。これは、より洗練された「w32tm」コマンドであり、「time.windows.com」サーバーに正しく接続するためにいくつかの追加アクションを実行します。以下でチェックしてください!

  1. [スタート]メニューで「コマンドプロンプト」を検索するか、そのすぐ横にある検索ボタンをタップします。上部に表示される最初の結果を右クリックし、「管理者として実行」オプションを選択します。

 

  1. 古いバージョンのWindowsを使用しているユーザーは、WindowsロゴキーとRキーの組み合わせを使用して、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを表示できます。ボックスに「cmd」と入力しCtrl + Shift + Enterキーの組み合わせを使用して、管理者としてコマンドプロンプトを実行します。
  2. 以下に示すコマンドをコピーして貼り付け、キーボードのEnterキーをクリックしてください
w32tm / config /manualpeerlist:time.windows.com,0x1 / syncfromflags:manual / reliable:yes / update
  1. 'w32tm / resync'コマンドを実行しても、「時間データが利用できなかったため、コンピューターが再同期しませんでした」という問題が引き続き発生するかどうかを確認してください。

解決策4:Windowsタイムサービスを再起動します

サービスを再起動すると、プロセス全体も再起動しますが、特にバグが原因でサービスが誤動作した場合は、問題が解決するはずです。以下でそれをチェックしてください。

  1. キーボードのWindowsキー+ Rキーの組み合わせを使用して実行ユーティリティを開きます(プレスこれらのキーを同時に。タイプ「のサービスを。MSC」引用符新しくオープンしたボックス内とサービスツールを開くために[OK]をクリックします。 。
  2.  リストからWindowsTime Serviceを見つけて右クリックし、表示されるコンテキストメニューから[プロパティ]を選択します。
  3. サービスが開始されている場合(サービスステータスメッセージのすぐ横で確認できます)、ウィンドウの中央にある[停止]ボタンをクリックしてサービスを停止する必要があります。とにかく、[開始]をクリックしてもう一度実行します

  4. 他の手順に進む前に、サービスのプロパティウィンドウの[スタートアップの種類]メニューのオプションが[自動]に設定されていることを確認してください。スタートアップの種類を変更するときに表示される可能性のあるダイアログボックスを確認します。

[開始]をクリックすると、次のエラーメッセージが表示される場合があります。

 「Windowsはローカルコンピューターでサービスを開始できませんでした。エラー1079:このサービスに指定されたアカウントが、同じプロセスで実行されている他のサービスに指定されたアカウントと異なります。」

これが発生した場合は、以下の手順に従って修正してください。

  1. 上記の手順の手順1〜3に従って、サービスのプロパティウィンドウを開きます。移動へのログオンのタブとをクリックして[参照...]ボタンをクリックします。

  1. [選択するオブジェクト名を入力してください]入力ボックスの下に、アカウントの名前を入力し、[名前の確認]をクリックして、名前が使用可能になるのを待ちます。
  2. 終了したら[OK]をクリックし、パスワードを設定している場合は、プロンプトが表示されたら[パスワード]ボックスにパスワードを入力します。これで問題なく起動するはずです!