Windows(7、8、10)でUEFIをレガシーBIOSに変換する方法

インストールされたWindowsシステムでUEFI(Unified Extensible Firmware Interface)をレガシーBIOS(Basic Input / Output System)に変換する方法を探しているなら、あなたは正しい場所に来ました。

幸いなことに、データを失ったり、オペレーティングシステムをアンインストールしたりせずに、デフォルトでUEFIBIOSモードを備えたコンピューターをレガシーに変更または隠蔽する方法があります。

以下の手順では、プロセス全体を順を追って説明します。まず、要件を満たしていることを確認してから、データを失うことなくこれを実行できるサードパーティツールの使用に進みます。

始めましょう:

注:以下の手順は、Windows10コンピューターでUEFIBIOSをレガシーに変更する方法を示していますが、これらの正確な手順を古いWindowsの反復に複製することができます。

ステップ1:BIOSモードを確認する

押してWindowsキー+ Rを開くためにファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを。次に、テキストボックス内に「msinfo32」入力し、Enterキーを押して[システム情報]メニューを開きます。

[システム情報]メニューが表示されたら、左側の列から[システムの概要]を選択し、右側に移動してBIOSモードを確認します。UEFIと表示されている場合は、以下の手順が適用され、それらを使用してデフォルトのブートモードをレガシーに変換できます。

ステップ2:パーティションテーブルの確認

次に、現在Windowsインストールを保持しているパーティションがGUIDテーブル(GPT)としてフォーマットされていることを確認する必要があります。別の形式の場合、以下の手順は機能しません。

パーティションスタイルを確認するには、Windowsキー+ Rを押して[実行]ダイアログボックスを開きます。次に、テキストボックス内に「diskmgmt.msc」入力し、Enterキーを押してディスクの管理ユーティリティを開きます。

あなたが中にいるしたら、ディスクの管理画面で、お使いのOSのインストールを保持しているパーティションを右クリックして選択し、プロパティを、新たに登場し、コンテキストメニューから。

[プロパティ]画面の内側から、[ボリューム]タブをクリックし、[パーティションスタイル]に関連付けられている値を確認しますそれが言う場合はGUIDパーティションテーブル(GPT) 、あなたは行く準備ができているので、以下のステップ3まで移動します。

ステップ3:EaseUsによるPartitionMasterのダウンロードとインストール

デフォルトのブラウザを開き、EaseUS Partition MasterPRO無料バージョンのダウンロードページにアクセスします。無料版で十分なので、有料プランを利用する必要はありません。

ダウンロードページが表示されたら、[無料ダウンロード]をクリックし、メールを挿入して、リダイレクトを実行します。次のページで、[ダウンロード]ハイパーリンクをクリックして、インストール実行可能ファイルのダウンロードを開始します。

ダウンロードが完了したら、インストール実行可能ファイルをダブルクリックし、UAC(ユーザーアカウント制御)で[はい]をクリックして、管理者権限を付与します。インストールを完了するには、管理者権限が必要です。

インストール画面内で、指示に従ってインストールを完了します。サードパーティスイートをカスタムの場所にインストールするかどうかは、あなた次第です。

次の画面で、[無料でインストール]ボタンをクリックし、操作が完了するのを待ちます。

これを行うと、インストールユーティリティはインストールファイルを解凍することから始め、選択した場所にコピーします。このプロセスが終了したら、[今すぐ開始]をクリックしてアプリケーションを起動します。

ステップ4:起動と回復から自動的に再起動することを無効にする

サードパーティスイートが正常にインストールされたら、次の操作を確実に成功させるために、[システム情報]メニューからいくつかの変更を行う必要があります。

押してWindowsキー+ Rを開くためにファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを。次に、テキストボックス内に「sysdm.cpl」と入力し、Enterキーを押して[システムのプロパティ]画面を開きます。

[システムのプロパティ]画面が表示されたら、[詳細設定]タブをクリックし、[スタートアップとリカバリ]に関連付けられている[設定]ボタンをクリックします

[スタートアップとリカバリ]メニューから、[システム障害]の下に移動し、[自動的に再起動する]に関連付けられているチェックボックスをオフにします 。 これを行ったら、[ OK ]をクリックして変更を保存します。

ステップ5:OSパーティションをMBRに変換する

以前にインストールしたPartitionMasterユーティリティを開き、画面の下部でパーティションを探します。手動で名前を変更しない限り、Disk0という名前にする必要があります。

正しいパーティションを特定できたら、それを右クリックして、新しく表示されたコンテキストメニューから[ GPTをMBRに変換]を選択します。

この手順を開始すると、警告がポップアップ表示されます。心配する必要はないので、[ OK ]をクリックして、この操作をPartitionMasterのキューに追加します

このジョブがPartitionMasterのキューに追加されたら、[適用]ボタン(画面の左上隅)をクリックして操作を開始します。再度確認するように求められたら、[はい]をクリックして、パーティションをMBRに移行するプロセスを開始します

ステップ6:MBR変換操作を完了する

この手順を開始すると、PCが突然再起動します。これは絶対に正常なので、心配しないでください。操作が完了するまで、予期しない中断を引き起こすようなことは何もしないでください。

注: PCの機能によっては(特に従来のHDDまたは新しいSSDを使用している場合)、この操作が完了するまでに数分かかる場合があるため、しばらく待って、PCが起動したように見えても再起動しないでください。立ち往生。データが失われる可能性があります。

成功メッセージが表示されたら、Enterキーを押して、コンピューターを通常どおりに起動できるようにします。

ステップ7:ブートモードをレガシーに変更する

PCが再起動の準備をしているときに、初期画面が表示されたらすぐにセットアップキー(BIOSキー)を押し始めます。

注:このキーはメーカーごとに異なりますが、通常は初期画面に表示されます。それが起こらない場合は、マザーボードモデルのセットアップメニュー(BIOSメニュー)にアクセスするための特定の手順をオンラインで検索してください。

最終的にセットアップメニューに入ったら、ブートメニューにアクセスし、ブートモード(または同様のもの)という名前のオプションを探します。表示されたら、それを選択し、Enterキーを押して非表示のメニューにアクセスし、使用可能なオプションから[レガシー]を選択します。

これらの変更を行った後、ブートメニューを終了し、コンピューターを正常に再起動できるようにする前に、変更を保存してください。

ステップ8:操作の完了

次の起動には通常より時間がかかり、最後に別の成功メッセージが表示されることを期待する必要があります。これが発生すると、最終的にログイン画面が表示され、アカウントでサインインする必要があります。

この起動が完了すると、操作が完了します。この操作が開くことで成功したかどうかを確認するためにチェックすることができるシステム情報]タブ(Windowsキー+ Rを、次に入力し、「MSINFO32を」) とチェックBIOSモードの下でシステムの概要。 Legacyが表示されます。

ステップ9:クリーンアップ

操作が完了し、WindowsのインストールがレガシBIOSに正常に変換されたので、もう1つ行う必要があります。

コンピュータの効率を以前と同じように維持するには、[スタートアップとリカバリ]メニューから[ 自動再起動] を再度有効にする必要があり ます。

これを行うには、Windowsキー+ Rをもう一度押してから、テキストボックス内に「sysdm.cpl」入力し、Enterキーを押して[システムのプロパティ]メニューを開きます。

[システムのプロパティ]画面の内側から、[詳細設定]タブをクリックしてから、[スタートアップとリカバリ]に関連付けられている[設定]ボタンをクリックします

[スタートアップと回復]メニューで、[自動的に再起動する]に関連付けられているチェックボックスをオンにし、[ OK ]をクリックして変更を保存します。

それでおしまい!上記の手順に従ってレターを作成した場合は、UEFIBIOSをレガシーに正常に移行したことになります。

レガシーBIOSにタグを付ける