Logitech Setpointランタイムエラーを修正する方法は?

Logitech Setpointは、マウスボタン、キーボードのFキーのカスタマイズ、追跡速度の制御、およびデバイス固有の設定の構成を可能にするソフトウェアです。マウスに5つ以上のボタンがある場合、ユーザーはWindowsにLogitechSetpointをインストールします。ここで、Setpointは、特定のアクションまたはキーをバインドできる追加のボタンをサポートします。この記事では、多くのユーザーから報告されているSetpointに関連する固有のランタイムエラーの解決を支援します。

セットポイントでランタイムエラーが発生する原因は何ですか?

ランタイムエラーは、一般的に以下のものを含む各種のソフトウェアコンポーネントによって引き起こされます。

  • レジストリの不規則なエントリ
  • 正しく構成されていないシステム設定
  • Visual C ++のランタイムコンポーネントのライブラリがありません

考えられる解決策に進む前に、レジストリクリーナーを試して、レジストリから冗長なアイテムを削除してください。レジストリは、再設計したり、更新をアンインストールしたりすると、存在しないアイテムや壊れたア​​イテムでいっぱいになる可能性があります。したがって、レジストリを一掃するのに役立つようにCCleanerをインストールしてください。それでも問題が解決しない場合は、以下のガイドに従ってエラーを解決してください。

方法1:Microsoft再頒布可能パッケージを再インストールする

このエラーが発生する理由の1つは、Visual C ++のランタイムコンポーネントのライブラリが不足しているという事実である可能性があります。したがって、Microsoft C ++再頒布可能パッケージをアンインストールし、ここから最新バージョンを再インストールすることをお勧めします。

コンピューターでVisualC ++ 2019を実行していて、プログラムがVisual C ++ 2015再配布可能で構築されている場合、いくつかの不具合が発生する可能性があります。したがって、他のバージョンとは異なる、更新された個別のランタイムファイルがあるため、システムで最新バージョンを実行してみてください。

方法2:「msvcp.dll」を更新する

再インストールがうまくいかない場合は、msvcp110.dllファイルがこのエラーの原因である可能性があります。下記のディレクトリからこのファイルを削除する必要があります。したがって、Setpointを再度起動すると、DLLファイルが欠落していることが自動的に検出され、新しいコピーに置き換えられます。

注: 以下に記載されているディレクトリは、当社のシステムに関するものであり、場合によって異なる場合があります。

C:\ ProgramFiles \ Logitech \ SetPointP \ msvcp110.dll
  1. このファイルを削除する前に、タスクマネージャからSetpoint.exeを終了します。
  2. このファイルを削除すると、システムはSetpointにWindows内にあるDLLを使用するか、前に説明したように新しいコピーに置き換えるように強制します。
  3. 古いDLLファイルを削除した後、システムを再起動し、問題が解決したかどうかを確認してください。

方法3:ブートエントリオプションを手動で設定する

Windowsインストーラーは、システムにインストールするときに標準のブートエントリオプションを作成します。ブートオプションを編集して、オペレーティングシステム用にカスタマイズされた追加のブートエントリを作成することもできます。BCDEdit / setコマンドを使用して、カーネルデバッガー設定やメモリオプションなどの特定のブートエントリ要素を構成します。この問題を解決するには、ブートエントリを手動で構成する必要があります。したがって、この問題を解決するには、以下に示す手順に従ってください。

  1. [検索]タブを開き、「コマンドプロンプト」と入力して右クリックし、[管理者として実行]を選択します。
  2. cmdウィンドウが目の前に開いたら、そのウィンドウに次のコマンドを入力します。
    Bcdedit / set GainUserVA 2800
  3. このコマンドを貼り付けた後、exitと入力し、システムを再起動します。うまくいけば、このエラーが画面に表示されなくなります。