ファイルを削除しようとしたときに0x800710FEを解決する方法

一部のWindowsユーザーは、ファイルまたはフォルダーを削除しようとすると、0x800710FE(このファイルは現在このコンピューターでは使用できません)に遭遇してい ます。この問題はOS固有のものではありませんが、ほとんどの場合、サードパーティのセキュリティスイートによって生成されたファイルとフォルダで発生するようです。

0x800710FE エラーの出現の原因となる最も一般的なインスタンスは、ネイティブのOfficeファイル同期です(これは最近のすべてのWindowsバージョンに存在しますが、デフォルトでは有効になっていません)。

技術的な知識がある場合は、クラシックコントロールパネルから同期センターの設定にアクセスしてオフラインファイルを無効にするか、管理者特権のCMDプロンプト内で一連のコマンドを実行することにより、エラーが再発しないようにすることができます。

問題の原因がCSCデータベースの不具合である場合は、レジストリエディタを使用してFormatDatabaseキーを作成することで問題を修正できます。

ただし、この問題はドライブの論理エラーによっても発生する可能性があります。この場合、CHKDSKスキャンで問題が自動的に解決されます。ファイルが暗号化されているか、ユーザーがファイルを編集する権限を持っていない場合、ファイルを削除できる1つの方法は、LIVE USB Ubuntuドライブから起動し、ターミナルから削除することです。

方法1:オフラインファイル同期を無効にする

結局のところ、ほとんどの場合、この特定の問題は、オフラインファイル同期に関連するファイルまたは依存関係が原因で発生します。

このシナリオが当てはまる場合は、クラシックコントロールパネルのインターフェイスを使用して同期設定にアクセスし、[オフラインファイルの管理]メニューからオフラインファイルを無効にすることで、問題を修正できるはずです。

これを行う方法のクイックガイドは次のとおりです。

注:以下の手順は、問題が発生しているWindowsのバージョンに関係なく適用できます。

  1. 押してWindowsキー+ Rを開くためにファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを。テキストボックス内に「control」入力し、Enterキーを押して、従来のコントロールパネルインターフェイスを開きます。
  2. 従来のコントロールパネルインターフェイスに入ったら、検索機能(右上のセクション)を使用して「同期センター」を検索し、Enterキーを押します。
  3. 次に、結果のリストから同期センターをダブルクリックします。
  4. 次に、左側のメニューから[オフラインファイルの管理]をクリックします
  5. [オフラインファイル]メニューが表示されたら、[全般]タブを選択し、[オフラインファイル無効にする]をクリックします
  6. UAC(ユーザーアカウント制御)によってプロンプトが表示されたら、[はい]をクリックして管理者アクセスを許可します。
  7. オフラインファイル機能を無効にした後、以前に0x800710FEを引き起こしていたアクションを繰り返します

それでも同じエラーが発生する場合、またはオフライン機能がすでに無効になっている場合は、以下の次の潜在的な修正に進んでください。

方法2:レジストリエディタを使用してCSCデータベースをフォーマットする

ファイル同期の無効化が機能しなかった場合、次の論理的な手順は、レジストリエディターを使用してFormatDatabaseキーを作成することです。これにより、アクセス許可の問題が原因で0x800710FEを トリガーする可能性のあるデータのクラスターをリセットできます。

影響を受けた数人のユーザーは、問題が迅速に解決され、このファイルは現在このコンピューターで使用できない ことを確認しました。以下の手順に従ってコンピューターを再起動すると、エラーは発生しなくなりました。

レジストリエディタを介してCSCデータベースをフォーマットできるようにするクイックガイドは次のとおりです。

  1. Windowsキー+ Rを押して、実行ダイアログボックスを開きます。次に、テキストボックス内に「regedit」入力し、Enterキーを押してレジストリエディタを開きます。UAC(ユーザーアカウント制御)によってプロンプトが表示されたら、[はい]をクリックして管理者権限を付与します。
  2. レジストリエディタ内に入ったら、左側のメニューを使用して次の場所に移動します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE \ System \ CurrentControlSet \ Services \ CSC

    注:場所をナビゲーションバーに直接貼り付けてEnterキーを押すことで、すぐにそこに移動することもできます

  3. 正しい場所に到着したら、右側のメニューに移動します。そこに着いたら、空のスペースを右クリックして、「新規」>「Dword(32ビット)値」を選択します
  4. 新しく作成したDword値に「FormatDatabase」という名前を付け、 それをダブルクリックして変更します。
  5. FormatDatabaseに関連付けられている[ DWORD(32ビット)編集]ウィンドウ内で、[ベース]を[ 16進数]に、[値データ]1に設定します。次に、[ OK ]をクリックして変更を保存します。
  6. 変更が完了したら、レジストリエディタを閉じてコンピュータを再起動し、問題が解決したかどうかを確認します。

同じ問題が引き続き発生し、0x800710FEエラーによって特定のファイルを削除できない場合は、以下の次の潜在的な修正に進んで ください。

方法3:CMDを介して同期センターを無効にする

結局のところ、この0x800710FE(このファイルは現在このコンピューターでは使用できません)の原因となる最も一般的な機能の1つは、同期センターです。この機能はデフォルトで有効にすべきではありませんが、以前に同期パー​​トナーシップを確立した場合(一部のネットワークファイルまたはフォルダーをオフラインで使用可能にした場合)、このシナリオが適用できる場合があります。

この共有パートナーシップのこれらのファイル/フォルダーのいずれかが0x800710FE を引き起こす場合は、同期センターのドライバーとサービスを無効にし、クライアント側のキャッシュをクリアし、スケジュールされたタスクを無効にし、同期を防ぐことで問題を解決できる可能性があります。ログオンするたびに開始から中央に配置します。

この問題が発生した多くのユーザーから、問題が解決し、以下の手順に従ってフォルダーを削除し、コンピューターを再起動したとの報告がありました。

0x800710FEエラーコードを解決するために同期センターを無効にするためのクイックガイドは次のとおり です。

  1. 押してWindowsキー+ Rを開くためにファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを。テキストボックス内に「cmd」入力し、Ctrl + Shift + Enterを押して、昇格したCMDプロンプトを開きます。あなたが見るときにUAC(ユーザーアカウント制御)をクリックし、プロンプトを、はい管理者アクセス権を付与します。
  2. 昇格したCMDプロンプト内で、次のコマンドを入力しEnterキーを押して、同期センターに関連付けられているドライバーとサービスを無効にします。
    ( "CSC"、 "CscService")の%Gの場合、do sc config "%〜G" start = disabled
  3. 同じCMDウィンドウで、次のコマンドを入力し、各コマンドの後にEnterキーを押して、クライアント側キャッシュ(CSC)をクリアします。
    takeown /f "%windir%\CSC" /a /r icacls "%windir%\CSC" /grant:r *S-1-5-32-544:F /t /c /q icacls "%windir%\CSC" /grant:r *S-1-5-18:F /t /c /q for /d %G in ("%windir%\CSC\v2.0.6\namespace\*") do rd /s /q "%~G"
  4. Once every command is processed successfully, type the following commands and press Enter after each one to disable the scheduled tasks associated with the Sync Center:
    schtasks /change /tn "\Microsoft\Windows\Offline Files\Background Synchronization" /disable schtasks /change /tn "\Microsoft\Windows\Offline Files\Logon Synchronization" /disable
  5. And finally, prevent the Sync Center from starting at every log on by running the following commands and pressing Enter after each one:
    reg add "HKCU\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\SyncMgr" /v "StartAtLogin" /t REG_DWORD /d 0 /f reg add "HKCU\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\SyncMgr\HandlerInstances\{750FDF10-2A26-11D1-A3EA-080036587F03}" /v "Active" /t REG_DWORD /d 0 /f reg delete "HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\SyncMgr" /f reg delete "HKCU\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\NetCache" /f reg delete "HKCU\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\SyncMgr\HandlerInstances\{750FDF10-2A26-11D1-A3EA-080036587F03}\SyncItems" /f
  6. Once every command is successfully processed, close the elevated CMD prompt and restart your computer.
  7. At the next startup sequence, attempt to delete the folder or file that was triggering the error and see if the problem is now fixed.

In case you’re still encountering the 0x800710FE (This file is currently not available for use on this computer), move down to the next potential fix below.

Method 4: Deleting file via USB Ubuntu drive

If none of the other methods above have allowed you to fix the issue, you should try creating a USB Live ubuntu drive and boot from it in order to remove the file or folder that is causing the 0x800710FE (This file is currently not available for use on this computer).

Several affected users that have tried this fix and performed a CHKDSK afterward have reported that they’ve successfully managed to get rid of the file or folder that was refusing to go conventionally.

Here’s a quick guide on creating a Live Ubuntu USB drive on Windows and boot from it in order to delete the folder or file that’s triggering the 0x800710FE: 

  1. Visit this link (here) and download the latest ISO image of Ubuntu. It’s recommended that you download the LTS version if possible. Just click on the Download button once you get to the correct page.
  2. While the Ubuntu image is downloading, visit this link (here) and download the latest version of the Universal USB Installer via the Download UUI button. Find it by scrolling down the page.
  3. Insert a flash disk that you plan on using as the Ubuntu Live image. Make sure to backup any important data on it, since the next procedure will end up formatting the drive.
  4. After the installation executable of UUI is downloaded, double-click on it, accept the License Agreement, then follow the on-screen instructions to complete the installation.
  5. At the next screen, choose Ubuntu via the drop-down menu (under Step 1), then click on Browse (associated with Step 2)  and select the .ISO image that you downloaded at step 1.
  6. Next, use the drop-down menu associated with Step 3 to select the drive you want to install the live Ubuntu image on.
  7. After you select the drive, ensure that you check the box associated with Fat32 Format Drive. Once you are ready to go, click on Create and wait for the process to complete.
  8. After the process is complete, restart your computer and boot from the USB drive at the next system startup by pressing the key associated with entering your boot menu (most commonly F2, F10, and F12). Once you get to the Boot Menu, select your flash drive to boot from your Ubuntu live image.
  9. Wait until your computer boots from the Ubuntu live image, open a Terminal and type the following command and press Enter to remove the directory that was previously triggering 0x800710FE:

    rm -r MyDirectory

    Note: Keep in mind that MyDirectory is simply a placeholder. Be sure to replace it with the exact location that you want to delete.

  10. After you manage to delete the file or folder from within the Ubuntu Live image, restart your computer and ensure that you boot from your HDD or SSD at the next startup by removing the Ubuntu live flash drive as soon as you get past the initial screen.

In case you did follow the instructions above, it’s highly recommended that you also perform a CHKDS scan. Do this by following the next method below.

Method 5: Performing a CHKDSK scan

Since using a Ubuntu Live image to delete a directory is known to open to create bad sectors and metadata corruption, it’s very important to eliminate this complimentary issue as soon as possible.

Fortunately, Windows includes a built-in utility (CHKDSK) that is capable of scanning for errors and corruptions and repair any logical errors and corrupted data that a forceful deletion attempt might have left behind.

CHKDSK (Disk Error Checking utility) on Windows 10 is much more efficient than previous iterations, but in order to ensure that it has the necessary permissions to repair the bad files, you will need to ensure that it’s opened into an elevated CMD window.

In case you don’t know how to start a CHKDSK scan & repair process, follow this guide here on running CHKDSK.

Note: The instructions should work regardless of which Windows version you’re encountering the issue on.

Tags Windows