Office365または2016のインストールエラーを修正する方法30180-4

Office365またはOffice2016をインストールしている場合、エラー30180-4が発生する可能性があります。このエラーは、ファイアウォールまたはプロキシにOfficeのインストールを妨げる設定があることを意味します。これと同じ理由で表示される可能性のある他のエラーは、30174-4、30125-4、30038-4、および30125-1011です。

この問題は通常、Office365またはOffice2016などの最新バージョンのMicrosoftOfficeをインストールしているユーザーに発生します。通常、セットアップウィザードはMicrosoftのサーバーに接続できず、それが原因で失敗する可能性があります。

この問題を解決するには、Officeがファイアウォールを通過できるようにするのと同じくらい簡単です。これは、以下の方法で実行します。

ファイアウォールソフトウェアで例外を作成する

30180の論理的な解決策は、ファイアウォールでOfficeの例外を追加することで、再度アップグレードをしようとして-特定のファイルがファイアウォールの通過を許可されていないことを示すエラーコード信号。このようにして、ファイアウォールはOfficeをブロックしてはならないことを認識し、この問題に直面することはありません。ソフォスなどのサードパーティのファイアウォールを使用している場合は、設定を調べて例外を作成する必要があります。方法がわからない場合は、アプリのインストールまたは更新が完了するまで、Webブロッカー、ファイアウォール、またはサードパーティのセキュリティソフトウェアを一時的に無効にするのが最善の方法です。

ソフォスの場合

ソフォスのファイアウォールで、[Web保護]> [フィルタリングオプション]> [その他]に移動し、次のように透過モードスキップリストに例外を作成します。

スキップモード宛先ホスト

宛先は、最初の宛先はofficecdn.microsoft.comで、DNSホストはofficecdn.microsoft.com.edgesuite.netでした。

Windowsファイアウォールの場合

  1. 最も簡単な方法は、一時的に無効にすることです。

これはMicrosoftOfficeの問題であり、フラストレーションや怒りにつながると思われるかもしれませんが、ブロックすべきではないファイルをファイアウォールでブロックするだけであり、上記の方法に従って修正します。あっという間に。