修正:WindowsUpdateコンポーネントを修復する必要があります

このエラーは、ユーザーがWindows Updateサービスに苦労しているときに表示され、WindowsUpdateのトラブルシューティングを実行した後に表示されるメッセージです。エラー自体は完全に自明ではなく、このメッセージは、問題のトラブルシューティングを行うために利用できる唯一の手がかりです。

世界中のユーザーから提案されたいくつかの実用的なソリューションを集め、それらを1つの記事にまとめることにしました。以下の指示に注意深く従って、問題を解決するために頑張ってください!

Windows Updateコンポーネントを修復する必要があるエラーの原因は何ですか?

このエラーが発生するケースは多くないため、このエラーの本当の原因を見つけるのは困難です。ただし、問題を解決するために何が間違っていたのか、どの方法を実装するのかを知りたい人のために、特定の本当の原因を特定することができます。

  • Windows Updateコンポーネントが壊れているため、Windows Updateサービスが正常に機能し続けるには、コンポーネントをリセットする必要があります。プロセスは長いですが、それはあなたの時間の価値があります。
  • Windows OSインストールのバージョンの確認には問題があり、ファイルと個人設定を保持することを選択しながら、クリーンインストールを実行するのが最善の方法です。

解決策1:WindowsUpdateコンポーネントをリセットする

エラーメッセージはWindowsUpdateコンポーネントに関連しているため、実行可能な答えの1つは、WindowsUpdateの機能全体に密接に関連しているWindowsUpdateコンポーネントをリセットすることです。

これは時間のかかるプロセスかもしれませんが、最初のソリューションとして最長のソリューションを選択した理由は、この方法がおそらく問題をすぐに解決する方法だからです。

レジストリを編集するので、レジストリを安全にバックアップしてさらなる問題を防ぐために、この記事を確認することをお勧めします。

  1. Windows Updateプロセスに関連するコアサービスである次のサービスを閉じて、ソリューションを進めましょう:バックグラウンドインテリジェント転送、Windows Update、および暗号化サービス。残りの手順をエラーなしで実行する場合は、開始する前にそれらを無効にすることが非常に重要です。
  2. [スタート]メニューで、またはそのすぐ横にある検索ボタンをタップして、「コマンドプロンプト」を検索します。検索結果として表示される最初のオプションを右クリックし、「管理者として実行」オプションを選択します。以下のコマンドをコピーして貼り付け、キーボードのEnterキーをタップしてください。
ネットストップビットネットストップwuauservネットストップappidsvcネットストップcryptsvc
  1. この後、更新コンポーネントのリセットを続行する場合は、削除する必要があるいくつかのファイルを削除する必要があります。これは、管理者権限を持つコマンドプロンプトでも実行されます。
Del“%ALLUSERSPROFILE%\ Application Data \ Microsoft \ Network \ Downloader \ qmgr * .dat”
  1. SoftwareDistributioncatroot2の名前を変更します。これを行うには、管理コマンドプロンプトで、次の2つのコマンドをコピーして貼り付け、それぞれをコピーしてからEnterをクリックします。
Ren%systemroot%\ SoftwareDistribution SoftwareDistribution.bak Ren%systemroot%\ system32 \ catroot2 catroot2.bak
  1. 次のコマンドは、BITS(バックグラウンドインテリジェンス転送サービス)とwuauserv(Windows Updateサービス)をデフォルトのセキュリティ記述子にリセットするのに役立ちます。以下のコマンドは変更しないでください。複雑なため、単にコピーするのが最善です。
exe sdsetビットD:(A ;; CCLCSWRPWPDTLOCRRC ;;; SY)(A ;; CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO ;;; BA)(A ;; CCLCSWLOCRRC ;;; AU)(A ;; CCLCSWRPWPDTLOCRRC ;;; PU)exe sdset wuauserv D: (A ;; CCLCSWRPWPDTLOCRRC ;;; SY)(A ;; CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO ;;; BA)(A ;; CCLCSWLOCRRC ;;; AU)(A ;; CCLCSWRPWPDTLOCRRC ;;; PU)
  1. このメソッドの最後の部分に進むために、System32フォルダーに戻ってみましょう。
cd / d%windir%\ system32
  1. BITSサービスを完全にリセットしたため、サービスを円滑に実行および操作するために必要なすべてのファイルを再登録する必要があります。ただし、各ファイルは、それ自体を再登録するために新しいコマンドを必要とするため、プロセスが以前よりも長くなる可能性があります。コマンドを1つずつコピーし、省略しないように注意してください。このリンクをたどると、完全なリストを見つけることができます。
  2. 次に行うことは、次のコマンドをコピーして管理コマンドプロンプトに貼り付けることにより、Winsockリセットすることです。
netshwinsockリセット
  1. Windows 7、8、8.1、または10を実行している場合は、コマンドプロンプトで、[コマンドプロンプト]ウィンドウに次のコマンドをコピーし、Enterキーをタップします。
netshwinhttpリセットプロキシ
  1. 上記のすべての手順が問題なく完了した場合は、以下のコマンドを使用して、最初の手順で閉じたサービスを再開できます。
ネットスタートビットネットスタートwuauservネットスタートappidsvcネットスタートcryptsvc
  1. リストされているすべての手順を実行した後、コンピューターを再起動します。うまくいけば、「このアプリは保護のためにブロックされました」というエラーを受け取らずに、WindowsUpdateを実行できるようになります。

解決策2:クリーンインストールを実行する

Windows 10を使用している場合、クリーンインストールはもはや恐れることではなく、「Windows Updateコンポーネントを修復する必要があります」エラーなどの重大なエラーが発生し始めた場合に、修正とかなり簡単な方法で実行できます。メッセージ。これはクリーンインストールで修正できますが、この方法を続行する前に、必ず上記の方法を試してください。

  1. Windows 10の設定アプリに移動します。スタートメニューの左下にある歯車のアイコンをクリックすると、そこにアクセスできます。「アップデートとセキュリティ」オプションを選択し、左側のペインの「リカバリ」タブをクリックします。
  1. Windowsには、次の3つのオプションが表示されます。このPCをリセットする、以前のビルドに戻る、高度な起動。このPCをリセットすることは、私たちの指示に正しく従えば、ファイルへの損失を最小限に抑えて再開するための究極のオプションです。
  2. ファイルをどのように処理するかに応じて、[ファイルを保持する]または[すべて削除する]をクリックします。いずれにせよ、すべての設定がデフォルトに戻り、アプリがアンインストールされます。問題はおそらくドキュメントなどにあるのではないため、[ファイルを保持する]オプションを選択することをお勧めします。
  3. Select “Just remove my files” or “Remove files and clean the drive” if you chose to “remove everything” in the prior step (not recommended). Cleaning the drive option usually takes a lot longer but it will make sure that the next person who will own your computer will have a hard time recovering your erased files. If you are keeping the computer for yourself, you should choose “Just remove my files.” If you chose to keep your files, skip this step.
  1. 以前のバージョンのWindowsにロールバックできないというWindowsの警告が表示された場合は、[次へ]をクリックします。求められたら[リセット]をクリックし、Windowsがリセットプロセスを完了するのを待ちます。プロンプトが表示されたら[続行]をクリックして、コンピューターを起動します。それでもエラーが表示されるかどうかを確認してください。