修正:エラー0x80070035 'ネットワークパスが見つかりませんでした'

このエラー 0x80070035は、ネットワークリソースにアクセスできない場合に発生します。これは一種の紛らわしいエラーです。リソースにpingを実行できる可能性があるためです。つまり、リソースはオンラインであり、リソースにRDPがあります。つまり、何らかのアクセスがあります。ただし、開始する前に、リソースにpingを実行して、リソースがオンラインであることを確認できることを確認しましょう。リソースにpingを実行し、オンラインで以下の方法に従って、問題を修正する方法で停止することがわかった後。

通常、このエラーの最も一般的な理由は、ファイアウォール、アンチウイルス、またはDNSに関連しています。

方法1:ファイアウォールを無効にする

ファイアウォールを無効にし、ウイルス対策も一時的に無効にします。無効にした後、ネットワークと共有センターに戻り、リソースにアクセスできるかどうかを確認します。アクセスできない場合は、共有を削除して再度追加し、テストします。それが機能する場合、問題はファイアウォールを構成する必要があることです。ファイアウォールを無効のままにして、方法2に進むことができない場合

方法2:ネットワーク検出を確認する

リソースにアクセスしようとしているコンピューターでネットワーク検出がオンになっていることを確認してください。

方法3:ネットワークアダプタドライバを再インストールする

まず、ネットワークドライバーを更新して、問題が解決するかどうかを確認します。解決しない場合は、ネットワークアダプターのドライバーをアンインストールして再インストールします。以下の手順に従ってください。

  1. 押しの「Windows」 + 「R」プロンプトの実行を開きます。
  2. 入力し、「devmgmt.msc」と押して「入力」。
  3. 「ネットワークアダプタ」ドロップダウンをダブルクリックし、ドライバを右クリックします。
  4. 「デバイスのアンインストール」オプションをクリックして、コンピューターからドライバーがアンインストールされるのを待ちます。
  5. これで、製造元のWebサイトからドライバーを手動で再度ダウンロードするか、上部の[ハードウェアの変更をスキャンする]オプションをクリックして、これらのドライバーを自動的に再インストールできます。

方法4:デバイスマネージャーを確認する

1.デバイスマネージャに移動し、[ネットワークアダプタ]を展開します。

2.上から表示をクリックし、[非表示のデバイスを表示]を選択し ます。

3.アダプターを見て、6to4アダプターの長いリストが表示されている場合は、それらを右クリックして、1を除くすべてを削除します。

4.これらのアダプタが1つだけ残ったら、PCを再起動してテストします。

方法5:NetBIOS over TCP / IPを有効にする

1. Windowsキーを押しながらRを押します。ncpa.cpl入力し、[OK ]をクリックします。

2.接続を右クリックして、[プロパティ]を選択します

3.リストの「インターネットプロトコル(TCP / IP)バージョン4」をクリックします。

4. [プロパティ]をクリックし、[詳細]をクリックします。

5. [ TCP / IP詳細設定]ウィンドウで、[ WINS ]タブに移動します。

6. [NetBIOS設定]で、[ NetBIOS over TCP / IPを有効にする]をクリックし、[ OK ]をクリックします。

方法6:正しいIPアドレスコマンドを使用する

場合によっては、コンピューターを介して特定のIPアドレスに接続しようとしている場合、またはホスト名を使用して接続しようとしている場合は、正しいコマンドを使用していることを確認する必要があります。次のコマンド形式を使用して、誤解がないことを確認してください。

\\(IPアドレス)\ i

方法7:フォルダを共有する

アクセスしようとしているネットワークパスが共有されていないため、「ネットワークパスが見つかりません」エラーがトリガーされている可能性があります。したがって、このステップでは、パスのプロパティをチェックして、ネットワーク上で共有されているかどうかを確認します。そのために:

  1. ファイルエクスプローラーを開き、フォルダーの場所に移動します。
  2. フォルダを右クリックして「プロパティ」を選択します。
  3. 「共有」タブをクリックし、高度な共有」ボタンを選択します。
  4. 詳細共有ウィンドウで、[このフォルダを共有する]オプションをオンにします。
  5. これで、フォルダが共有され、その共有ネットワークパスが[共有]タブに表示されます。
  6. これを使用してフォルダに接続し、問題が解決するかどうかを確認します。

方法8:サービスを有効にする

2台のコンピューターが相互に通信するのを支援することにより、ネットワーク上のファイルの共有を可能にするサービスがいくつかあります。これらのサービスが無効になっていると、ネットワークパスが検出されない場合があります。したがって、このステップでは、これらのサービスを有効にします。そのために:

  1. 押して「Windowsの+ 『R』プロンプト実行]を開きます。
  2. 入力し、「Services.mscを」押し「と入力します」。
  3. 「TCP / IPNetBiosHelper」サービスが見つかるまで下にスクロールします。
  4. それを右クリックして「プロパティ」を選択します。
  5. 「スタートアップの種類」「自動」に設定し、「スタート」ボタンをクリックします。
  6. 変更を適用して保存します。
  7. 問題が解決しないかどうかを確認してください。

方法9:レジストリフォルダを削除する

この手順に進む前に、レジストリをバックアップすることが非常に重要です。この手順が必要なのは、削除するレジストリフォルダーが、ネットワークパスが見つからないようにする、正しくない構成または古い構成で埋められている場合があるためです。そうするために:

  1. 押して「窓+ 「R」プロンプトの実行を開きます。
  2. 入力し、「Regeditを」押し「を入力してください」。
  3. レジストリエディタで、次の場所に移動します。
    Computer\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSLicensing
  4. Right-click on the “Hardware IDs” folder on the expanded MSLicensing Hierarchy and select “Delete Folder”.
  5. Confirm any prompts and then check to see if the issue persists.

Method 10: Changing Security Policies

In certain situations, the local security policies might be preventing your computer from functioning properly. Therefore, in this step, we will be opening the policy manager and then define a policy for our local security. For that:

  1. Press “Windows’ + “R” to open the Run prompt.
  2. Type in “Secpol.msc” and press “Enter”.
  3. Select “Local Policies” from the left side and then click on the “Security Options” dropdown.
  4. In the right pane, scroll down and in the last couple of rows, you should see the “Network Security: LAN Manager Authentication Level” entry.
  5. Double click on this entry and then click on the next dropdown.
  6. Select the “Send LM and NTLM – use NTLMv2 session security if negotiated” option from the list and click on “Apply”.
  7. Check to see if the issue still exists.

Method 11: Editing Hosts File

In certain cases, you will need to edit your host file to resolve the hostnames of your machine. This host file can be found in the system 32 folder and is used by the Operating system as an instruction manual to resolve the hostnames. In order to edit the hosts file.1

  1. Open the File Explorer and go to the following location.
    C:\Windows\System32\drivers\etc.
  2. In this folder, right-click on the hosts file and select “Open With”.
  3. Select “Notepad” from the list and then type in the “IP Address of the domain that you want to connect to followed by the domain name”.
  4. Press “Ctrl” + “S” to save your changes.
  5. Check to see if the issue persists.

Note: If you are trying to access the network on a Virtual Machine, try using an older boot image and check if that fixes things.

Method 12: Use SMB1

In some cases, the SMB3 protocol might be the reason behind the occurrence of this error on Windows Server. Therefore, in this step, we will be enabling the use of SMB1. For that:

  1. Press “Windows’ + “R’ to open the Run prompt.
  2. Type in “Powershell” and press “Shift” + “Ctrl” + “Enter” to provide administrative privileges.
  3. Type in the following commands in the PowerShell to enable SMB1 and disable SMB3.
    FOR Windows Server: Get-WindowsFeature FS-SMB1 Set-SmbServerConfiguration -EnableSMB2Protocol $false For Windows 10,8:  Get-WindowsOptionalFeature –Online –FeatureName SMB1Protocol Set-SmbServerConfiguration –EnableSMB2Protocol $false 
  4. Check to see if the issue persists after executing these commands.

Method 13: Flush DNS

If all else fails, flush your DNS and go to “ncpa.cpl” in Run prompt and disable and enable your network adapter. This should fix the issue as a last resort.

  1. Press Windows key once
  2. Type command prompt in the search bar
  3. 検索結果から[コマンドプロンプト]を右クリックし、[管理者として実行]を選択します
    ipconfig / flushdns ipconfig / release ipconfig / renew exit
  4. 問題が解決しないかどうかを確認してください。
  5. 表示されている場合は、「Windows」 + 「R」を押して「ファイル名を指定して実行を開き、「ncpa.cpl」と入力します。
  6. インターネットアダプタを右クリックして、[無効にする]を選択します
  7. しばらくしてから[有効にする]を選択し、問題が解決しないかどうかをもう一度確認してください。