Windows 7、8または10でRdbss.sys BSOD(RDRファイルシステム)を修正する方法

一部のWindowsユーザーは、明らかなトリガーがないランダムな間隔でRdbss.sys関連のBSOD(ブルースクリーンオブデス) に遭遇しています。ほとんどの場合、表示される停止エラーコードはRDR FILESYSTEMです。この問題は、Windows 7、Windows 8.1、およびWindows10で発生することが確認されています。

Rdbss.sys ファイルを指すBSODを引き起こすことが知られている1つの悪いWindowsUpdate(KB2823324)があります。このシナリオが当てはまる場合は、Microsoftの表示または非表示のトラブルシューティング を使用して問題のある更新プログラムをアンインストールして非表示にすることで問題を修正できます。

ただし、この特定の問題は、MicrosoftOnedriveと組み合わせて報告されます。結局のところ、未承諾のBSODを生成する可能性のある特定のOneDriveバージョンがあります。この場合、現在のOneDriveバージョンをアンインストールしてから、公式チャネルから最新バージョンを再インストールすることで、問題を修正できるはずです。

特定の状況では、システムファイルの破損もこのエラーコードの根本原因である可能性があります。この問題を修正するには、SFCおよびDISMスキャンを展開して、低層および中層の破損インスタンスを修正します。ただし、OSドライブが大幅に破損している場合は、クリーンインストールまたは修復インストールを使用してWindowsコンポーネントを完全に更新する必要があります。

アップデートKB2823324のアンインストール(該当する場合)

結局のところRdbss.sys(RDRファイルシステム)の出現に寄与することが知られている特定の更新が1つあります。BSODは悪いWindows Update(KB2823324)です。影響を受ける多くのユーザーが報告しているように、この特定の更新により、特定のCPUモデルで一般的な不安定性が発生する可能性があります。

このシナリオが当てはまる場合は、問題が再発しないように、この問題のある更新をアンインストールして非表示にすることで問題を修正できるはずです。

これは、オペレーティングシステムがアンインストールしないようにするために、KB2823324 アップデートをアンインストールして非表示にすることができる簡単なステップバイステップガイドです。

  1. 押してWindowsキー+ Rを開くためにファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを。次に、型「MS-設定:windowsupdate」 ダイアログボックス内には、その後、Enterキーを押して入力開くために、Windows Updateのの画面設定アプリを。
  2. Windows Update画面内で、左側のセクションを使用して[更新履歴の表示]をクリックします
  3. 次に、インストールされている更新プログラムのリストが読み込まれるまで待機し、[更新プログラムのアンインストール] (画面上部)をクリックします。
  4. アップデートの完全なリストが表示されたら、下にスクロールしてKB2823324 アップデートを見つけます。表示されたら、右クリックして、新しく表示されたコンテキストメニューから[アンインストール]を選択します。確認プロンプトで、[はい]をクリックしてプロセスを開始します。
  5. アップデートのアンインストールに成功したら、こちらのダウンロードページアクセスしてMicrosoftShowまたはHideトラブルシューティングパッケージの最新バージョンをダウンロードします
  6. ダウンロードが完了したら、.diagcabファイルを開き、トラブルシューティングウィンドウが表示されるのを待ちます。それがないならば、[OK]をクリックし高度なボタンをと関連付けられたボックスチェック自動的に修復を適用します
  7. [次へ]をクリックして次のメニューに進み、次のユーティリティが更新スキャンを終了するのを待ちます。終了したら、[更新非表示]をクリックします
  8. 次に、KB2823324更新プログラムに関連付けられているチェックボックスをオンにし、[次へ]をクリックして、この問題のあるWindowsUpdateを非表示にする操作を開始します。
  9. 操作が完了したら、コンピューターを再起動し、状況を監視して、同じBSODがまだ発生しているかどうかを確認します。

OneDriveの再インストール(該当する場合)

結局のところ、以前にRdbss.sys(RDR FILE SYSTEM)のブルースクリーンが発生していた一部のユーザーは、OneDriveを再インストールした後、ようやく問題を修正できたと報告しています。

この修正が効果的である理由についての公式の説明はありませんが、影響を受けるユーザーは、未承諾のBSODを引き起こす可能性のある特定の不安定なOneDriveバージョンがあると考えています。この問題に対処している一部のユーザーは、現在のOneDriveバージョンをアンインストールしてから、公式チャネルから最新バージョンを再インストールすることで問題を修正しています。

現在のOneDriveバージョンを再インストールする方法のクイックガイドは次のとおりです。

  1. 押してWindowsキー+ Rを開くためにファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを。次に、[ファイル名を指定し実行]ダイアログボックスに「appwiz.cpl」入力し、Enterキーを押して[プログラムと機能]メニューを開きます。
  2. [プログラムと機能]メニュー内で、インストールされているプログラムのリストを下にスクロールして、MicrosoftOneDriveを見つけます。それを見つけたら、Microsoft OneDriveを右クリックし、コンテキストメニューから[アンインストール]を選択します。
  3. アンインストール画面内で、画面の指示に従ってプロセスを完了し、コンピューターを再起動します。
  4. 次回の起動時に、既定のブラウザーを開き、このOneDrive forWindowsダウンロードページにアクセスします。
  5. このページが表示されたら、 ここをクリックしてハイパーリンクをダウンロード し、ダウンロードが完了するのを待ちます。
  6. 画面の指示に従ってインストールを完了し、コンピューターを再起動して、問題が解決したかどうかを確認します。

SFCおよびDISMスキャンの実行

上記の修正のどれもがあなたのために働いていない場合は、これらの方を向いてランダムBSODsことは完全に可能だRdbss.sys先頭には 、システムファイルの破損のいくつかの種類によるが起こります。幸いなことに、最近のすべてのWindowsバージョンには、この種の問題を修復する機能が備わっています。

DISM(Deployment Image Servicing and Management)SFC(System File Checker) は、破損の下位インスタンスと階層インスタンスを修正できる2つの統合ユーティリティです。

それらを有効に活用したい場合は、単純なSFCスキャンから始めてください– この操作は100%ローカルであり、インターネット接続なしで実行できます。これにより、現在のOSファイルが正常な同等のリストと比較され、破損したOSファイルがあれば置き換えられます。

:この手順を開始したら、無理に中断しないでください。そうしないと、追加の論理エラーが発生するリスクがあります。

この操作が完了したら、コンピューターを再起動し、次の起動が完了するのを待ちます。コンピュータが起動したら、DISMスキャンで前方に押します

注: SFCとは異なり、DISMはWindows Updateのサブコンポーネントを使用して、破損した同等のファイルを置き換える必要がある正常なOSファイルをダウンロードするため、安定したインターネット接続が必要です。

DISMスキャンが完了したら、コンピューターを再起動して、BSODクラッシュが解決されたかどうかを確認します。

すべてのWindowsコンポーネントをリセットする

これまでに提示した潜在的な修正のいずれも、一定のRdbss.sys BSODを停止することを許可しなかった場合、従来は修正できない深刻なシステムファイルの破損に対処している可能性が非常に高くなります。この場合、関連するすべてのWindowsコンポーネントをリセットすることで、問題を完全に修正できるはずです。

これを行うときは、2つの方法があります。完全なOSワイプを実行するか、オペレーティングシステムに属するファイルのみをターゲットにすることができます。

  • 修復インストール–これはインプレース修復手順とも呼ばれます。現在OSドライブに保存されている重要な情報がある場合は、これを強くお勧めします。ただし、これには互換性のあるWindowsインストールメディアを使用する必要があることに注意してください。ただし、これの主な利点は、すべてのアプリケーション、ゲーム、ユーザー設定、およびパーソナルメディアを保持できることです。
  • クリーンインストール–互換性のあるインストールメディアを使用せずにWindows GUIメニューから直接開始できるため、これは簡単な操作です。ただし、事前にデータをバックアップしない限り、OSドライブでの完全なデータ損失に備えてください。
タグBSODエラー