OnePlus6をルート化する方法

OnePlus 6は、OnePlusの最新のフラッグシップデバイスで、5月の今月にリリースされました。1080×2280の解像度で6.28インチの画面、Adreno630チップセットを搭載したSnapdragon845、8 GBのRAM、128 GB / 256 GBの内部ストレージバージョン、16MPのプライマリカメラを搭載しています。

OnePlus 6のルート化は非常に簡単なプロセスです。ADBを使用してブートローダーのロックを解除し、TWRPをフラッシュして回復し、Magiskをルートに使用します。ガイドに厳密に従ってください。問題はありません。 

警告:ブートローダーのロックを解除すると、デバイスが出荷時設定にリセットされます。このガイドに進む前に、重要な個人データをすべてバックアップしてください。

要件

  • ADBおよびFastbootツール(Appualのガイド「WindowsにADBをインストールする方法」を参照)
  • OnePlus 6USBドライバー
  • TWRP
  • マジスク

その他の注意事項

このガイド全体を通して、特定のタスク(Fastbootモードに入る、リカバリモードに入るなど)を参照する場合があります。これは、OnePlus6でこれらが実行される方法です。

  • Fastboot / Bootloaderモード:OnePlus 6の電源を切り、Fastboot画面が表示されるまで音量大+電源を押し続けます。
  • リカバリモードに入る:OnePlus 6の電源を切り、OnePlusロゴが表示されるまで音量小+電源を押し続けます。

OnePlus6をルート化する準備

  1. PCにADBツールとOnePlusUSBドライバーをインストールすることから始め、次にTWRPファイルとMagiskファイルをダウンロードして、メインのADBフォルダー内に配置します。
  2. OnePlus 6で、開発者モードがアクティブ化されていることが確認されるまで、[設定]> [端末情報]に移動し、[ビルド番号]を7回タップします。
  3. 次に、[設定]> [開発者向けオプション]に移動し、[USBデバッグ]と[OEMロック解除]の両方を有効にします。「高度な再起動」も有効にします。
  4. 次に、OnePlug 6の電源を切り、Fastbootモードで起動します(音量大+電源または高度な再起動メニューから)。
  5. OnePlus 6をUSB経由でPCに接続し、メインのADBインストールフォルダーに移動し、Shiftキーを押しながら右クリックして[ここでコマンドウィンドウを開く]を選択します。

  6. ADBターミナルが開いたら、次のように入力します。adbdevices
  7. これにより、OnePlus 6のシリアル番号がADBターミナルに表示されます。表示されない場合は、USBドライバーのインストール、USB接続、またはADBのインストールのトラブルシューティングが必要になる場合があります。
  8. デバイスが正常に表示された場合は、次のように入力します。fastbootoemunlock
  9. ブートローダーのロック解除の警告が表示されます。音量キーを使用して「はい」を選択し、電源を入れて確認します。OnePlus 6が再起動し、すべてのデータのワイプに進みます。完了すると、Androidシステムで再起動します。
  10. 電話機がAndroidシステムに戻ったら、前と同じ方法を使用して開発者向けオプションを再度有効にし、USBデバッグ/ OEMロック解除/高度な再起動も再度有効にします。
  11.  次に、OnePlus6をFastboot / Bootloaderモードで起動し、ADBウィンドウで「fastbootflashrecovery(ファイル名).img」と入力します。
  12.  これにより、TWRPリカバリイメージがフラッシュされます。現在ADBタイプ:adb push(magisk file).zip / sdcard /
  13. 完了したら、OnePlus 6をPCから切断してから、手動でリカバリモードで起動する必要があります。
  14. OnePlus 6がTWRPで起動したら、右にスワイプして変更を有効にし、システムルートを取得できます。これは通常、ルート化された電話をブロックするアプリによって検出されます。あなたがしたい場合はシステムがない(ルートを/システムパーティションを変更しない)、その後スワイプなく進行。
  15. TWRPメインメニューの[インストール]ボタンをタップし、先ほどSDカードにプッシュしたMagisk.zipを選択します。スワイプしてフラッシュを確認してから、システムを再起動します。
  16. ルート権限を取得してから初めてスマートフォンを再起動すると、しばらく時間がかかる場合があります。デバイスはDalvikキャッシュとその他のプロセスを再構築しているため、Androidシステムで完全に起動するまでスマートフォンをそのままにしておきます。
  17.  何か問題が発生し、これらの手順のいずれかでブートループが発生し、完全なストック/工場出荷時の設定に戻す必要がある場合は、この最新のストックROMをフラッシュできます:OOS5.1.3:

    AFH

変更ログ:

* Androidセキュリティパッチを5月に更新

*プリロードされたOnePlusスイッチアプリケーション

*ノッチの表示/非表示の構成を追加

*カメラ–スーパースローモーションをサポート(480fpsで720p、240fpsで1080p)

*カメラ–ポートレートモードでのクイックキャプチャをサポート

*ギャラリー–最近削除されたファイルに対してより多くのアクションをサポート