修正:Windows 10のWebカメラエラーコード0xA00F4271(0x80070001)

私たちの社会のこの時代は、あなたが彼らの声を聞いて見たいのであれば、私たちが私たちの愛する人と連絡を取り合うことを可能にしました。ビデオ通話と会話はビジネスの世界でも画期的であり、今日では、Skype、Viber Video Call、Messengerなどの最高のビデオ通話アプリを使用して多くの会議がネットワーク上で開催されています。そのため、一部の人々にとってWebカメラは非常に重要であり、Webカメラへのアクセスを失うことは彼らにとって世界を意味する可能性があります。この特定のウェブカメラの問題を修正する方法を学びましょう!

ウェブカメラエラーコード0xA00F4271(0x80070001)

この特定のエラーはランダムに表示され、Webカメラが機能する場合と、このエラーメッセージが表示される場合があるため、ビデオ通話が中断される可能性があります。ユーザーは、問題は特定のアプリに関連していると考えていましたが、どのソフトウェアを使用しても同じ問題が発生することに気づきました。

まず、このエラーコードはラップトップの内蔵カメラに関連しており、外部Webカメラを使用している場合は表示されません。それとは別に、この問題は通常、特にCreators Updateの後で、Windows10を使用している人々を襲います。以下の解決策に従って、それを修正する方法を見つけてください!

解決策1:Windowsストアアプリのトラブルシューティング

組み込みのWindowsデバイスとアプリは、システムがそれらに依存している場合があるため、トラブルシューティングがやや困難です。内部Webカメラの問題は、カメラアプリまたはWindowsストアアプリのいずれかに関連している可能性があります。特に、Skype、Viberなどのストアのアプリを使用しているときにこのエラーが表示される場合は、トラブルシューティングを簡単に開始できます。

  1. 画面の左下にあるWindowsロゴをクリックして設定アプリを開き、電源ボタンのすぐ上にある歯車のアイコンをクリックします。
  2. [更新とセキュリティ]セクションを見つけて開きます。
  3. [トラブルシューティング]サブメニューに移動し、使用可能なトラブルシューティングのリストの一番下までスクロールします。
  4. リストの下部にあるWindowsストアアプリをクリックし、画面の指示に従います。
  5. コンピュータを再起動し、問題が修正されているかどうかを確認します。

解決策2:Webカメラ用の新しいドライバーをダウンロードする

一般に、ドライバーが古くなるとすぐに、どのデバイスでも問題が発生し始めます。新しいアプリを搭載した新しいコンピューターでは、最新のドライバーを使用する必要があります。これは、古いコンピューターでは、新しく更新されたアプリを実行するためにデバイスをサポートできないためです。これらのドライバーの更新は非常に簡単なので、始めましょう。

  1. スタートメニューにある検索バーに「デバイスマネージャ」と入力して開きます。
  2. [イメージングデバイス]セクションを見つけ、左側の矢印ボタンをクリックしてリストを展開します。
  3. Webカメラの名前を見つけます。通常、その名前のどこかにPCメーカーの名前があります。
  4. 古いドライバーを削除するには、それを右クリックして[デバイスのアンインストール]オプションを選択します。
  5. Webカメラは無効のままなので、ドライバーを更新する前にWebカメラを使用することはできません。
  6. PCの製造元のWebサイトに移動し、Webカメラのドライバーを見つけてください。扱いやすいはずです。
  7. Webサイトからドライバーをダウンロードし、保存先を選択します。
  8. ダウンロードしたファイルを見つけてダブルクリックし、ファイルを開きます。
  9. Webカメラのドライバーの新しいバージョンをインストールするには、画面の指示に従ってください。
  10. これらの変更を適用するためにコンピューターを再起動し、問題が引き続き発生するかどうかを確認します。

解決策3:Windows10を最新バージョンに更新する

一部のユーザーは、Webカメラを適切に使用する前にWindowsを最新バージョンに更新する必要があると主張しています。これは、Windows Updateプロセスが何らかの理由で中断され、Webカメラに関するシステムファイルの一部がプロセス中に変更された可能性があるという事実と関係がある可能性があります。

  1. Windows 10は、デフォルトでPCを自動的に更新しますが、エラーが発生した場合は、Windowsを手動で更新できます。
  2. スタートメニューの歯車アイコンをクリックして設定アプリを開き、[更新とセキュリティ]セクションに移動します。
  3. Windows Updateサブメニューに移動し、青い[更新履歴]ボタンをクリックします。
  4. PCにインストールされている最新の更新プログラムを見つけて、更新プログラムの名前の後の括弧内に通常あるKB(ナレッジベース)番号をコピーします。
  5. アップデートが正常にインストールされなかった場合は、[アップデート履歴]セクションでそれに関する何かを確認できるはずです。
  6. このリンクをクリックして、MicrosoftUpdateカタログに移動します。
  7. コピーしたKB番号をページの右上にある検索ボックスに貼り付けて、[Enter]をクリックします。
  8. インストールに失敗したアップデートを見つけて、名前と日付の横にあるダウンロードをクリックします。
  9. ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、画面の指示に従って、アップデートを簡単にインストールします。
  10. コンピューターを再起動し、Webカメラが再び機能するかどうかを確認します。

解決策3:ハードウェアのトラブルシューティング

前の手順の1つで、問題の原因となっている可能性のある問題がないかどうかを確認するために、Windowsストアアプリのトラブルシューティングに必要なプロセスについて説明しました。ただし、これはハードウェアのせいである可能性が高いため、トラブルシューティングも必ず行ってください。

  1. 画面の左下にあるWindowsロゴをクリックして設定アプリを開き、電源ボタンのすぐ上にある歯車のアイコンをクリックします。
  2. [更新とセキュリティ]セクションを見つけて開きます。
  3. [トラブルシューティング]サブメニューに移動し、使用可能なトラブルシューティングのリストの一番下までスクロールします。
  4. 3番目の場所の「その他の問題の検索と修正」セクションの下にあるはずのハードウェアとデバイスをクリックし、画面の指示に従います。
  5. コンピュータを再起動し、問題が修正されているかどうかを確認します。

解決策4:カメラのプライバシー設定を修正する

アプリでウェブカメラの使用が許可されていない場合、Windowsはカメラアプリに新しいセキュリティ機能を実装しているため、ハッカーを防ぐためにアプリが単独で使用することはできません。アクセスしてオフにすることから。

  1. スタートメニューの電源ボタンの上にある歯車のアイコンをクリックして、[設定]を開きます。
  2. 設定アプリのプライバシーセクションを開き、カメラサブメニューに移動します。
  3. [アプリにカメラハードウェアを使用させる]で、スライダーがオンに設定されていることを確認します。
  4. [カメラを使用できるアプリを選択してください]で、ビデオハングアウトアプリの下のスライダーが[オン]に設定されていることを確認します。
  5. コンピュータを再起動し、問題が解決したかどうかを確認します。

解決策5:単純なレジストリホットフィックス

Windowsレジストリを扱うときは、提供された指示から逸脱すると、コンピュータに予測できない不可逆的な損傷を与える可能性があるという事実に注意することが重要です。コンピュータの低レベルの設定はすべてこのデータベースにあり、コンピュータのあらゆる側面にアクセスできます。

この問題に対処する前に、予期しないことが起こった場合に備えて、レジストリへの変更をバックアップすることをお勧めします。

  1. [スタート]メニューにある[検索]ボックスでレジストリエディタを検索するか、Ctrl + Rキーの組み合わせを使用してレジストリエディタを開き、「regedit」と入力する必要がある[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを表示します。
  2. ウィンドウの左上にある[ファイル]メニューをクリックし、[エクスポート]オプションを選択します。
  3. レジストリへの変更を保存する場所を選択します。
  4. レジストリを編集して損傷を与えた場合は、レジストリエディタをもう一度開き、[ファイル] >> [インポート]をクリックして、事前にエクスポートした.regファイルを見つけます。
  5. または、レジストリに加えられた変更のインポートに失敗した場合は、システムの復元を使用して、システムを以前の動作状態に復元できます。このリンクからこのトピックに関する記事を確認して、システムの復元を構成する方法とその使用方法を学習してください。

レジストリのバックアップに成功したので、解決策から始めましょう。

  1. 上記の手順1の手順に従って、レジストリエディタを開きます。
  2. ウィンドウの左側にあるメニューを展開して、レジストリ内の次の場所に移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ WOW6432Node \ Microsoft \ Windows Media Foundation

  1. この特定の場所で、Windows Media Foundationフォルダーを右クリックし、[新規] >> [DWORD(32ビット)値]を選択します。
  2. このレジストリキーにEnableFrameServerModeという名前を付け、[OK]をクリックします。
  3. この新しい値をダブルクリックし、[値のデータ]設定の下に0と入力して、[OK]をクリックします。
  4. コンピュータを再起動し、問題が修正されているかどうかを確認します。