修正方法は、APFSインストールエラーのプリブートボリュームを作成できませんでした

このエラーはユーザーにはあまり一般的ではなく、ユーザーがMacを消去してmacOS HighSierraを再インストールしようとしている場合にのみ表示されます。macOS High Sierraを再インストールしようとしたときに、「APFSインストール用のプリブートボリュームを作成できませんでした」というエラーメッセージが表示された場合、この記事では、このエラーが発生する理由とその修正方法を説明します。

まず、Macが「APFSインストール用のプリブートボリュームを作成できませんでした」と言っている場合の意味を説明する必要があります。このエラーは、Preboot Execution Environment(PXE)をAPFSボリュームにインストールできないことを意味します。プリブートをインストールできない主な理由は、APFSまたはApple File System(AppleがHigh Sierraで20年を置き換えるために導入している新しいファイルシステム)の問題が原因です(Appleはまだそれを理解していません)。 -古いファイルシステムまたはHFS +。

新しいシステムAPFSはセキュリティを改善し、SSDとの互換性も高速化されていますが、互換性のないOS Xや、HighSierraより古いmacOSでも問題が発生します。また、リカバリモードを使用してHigh Sierraを再インストールしようとすると、Apple FileSystemのパーティションタイプが原因で機能しません。

macOS High Sierraを再インストールできず、「APFSインストール用のプリブートボリュームを作成できませんでした」というエラーメッセージが表示される場合、2つの解決策または方法が考えられます。それらは次のとおりです。 MacまたはインターネットリカバリパーティションにSierraをインストールします。この方法を段階的に説明します。

方法#1。パーティション(ボリューム)を削除します。

注:「APFSインストール用のプリブートボリュームを作成できませんでした」というエラーを修正するには、この方法が最も効果的であることを伝えておく必要があります。

  1. Macの電源を切ります。
  2. Macをリカバリモードで再起動します。Appleのロゴが表示されるまで、電源ボタンを押したまま、同時にコマンド+ Rを押し続けます。
  3. ユーティリティメニューが表示されます。

  4. ディスクユーティリティを選択します。Mac上のすべてのドライバーが表示されます。
  5. 内蔵ドライブを選択し、[消去]をクリックします。これにより、ドライブが削除されます。
  6. ディスクユーティリティを閉じます。
  7. 今、2つのオプションがあります:
  • ディスクユーティリティを再度開き、内蔵ドライブを選択して「MacOS拡張」としてフォーマットします。そして、macOSを再インストールできます。
  • または、Macの電源を切って再起動することもできます。Option + Command + Rキーを押したままにして、インターネット回復モードに入ります。そして、ディスクユーティリティを選択します。ドライブが表示されたら、「Mac OS Extended」として再フォーマットし、「MacintoshHD」という名前を付けます。ドライブが表示されない場合は、ドライブを作成して「MacOS拡張」としてフォーマットします。次に、ディスクユーティリティを終了し、[macOSの再インストール]をクリックします。

     

このドライブを削除すると、問題のあるAPFSシステムが削除され、エラーが発生します。macOSを再インストールできます。

方法#2。インターネット回復モードに入ります。

  1. Macを再起動します。
  2. デバイスが再起動しているときに、コマンド+ R + Alt / Optionを押して、Macをインターネットリカバリモードにします。

  3. WiFiを選択し、ユーティリティを入力する必要があります
  4. [OSの再インストール]をクリックすると、元のオペレーティングシステムがコンピューターにインストールされます。

High Sierraをインストールする場合は、プロセスの終了時にAppStoreからインストールまたは更新できます。