システムの復元 'STATUS_WAIT_2'エラーコード

一部のWindowsユーザーがシステムの復元を使用してシステムイメージバックアップを作成しようとすると、「STATUS_WAIT_2」エラーが表示されます。場合によっては、このエラーにはエラーコード0x80070002が伴いますこの問題は、Windows 7、Windows 8.1、およびWindows10で発生することが報告されています。

結局のところSTATUS_WAIT_2エラーをトリガーする可能性のあるいくつかの異なる原因があります:

  • 低層ファイルの破損–システムの復元ユーティリティに影響を与える破損は、このエラーコードを生成する最も一般的な原因です。以前にこの問題に対処していた一部のユーザーは、いくつかの組み込みユーティリティ(DISMおよびSFC)を使用して不整合を解消し、バックアップ手順を完了できるようにすることで、最終的に問題を修正できたと報告しています。
  • システムの復元の不整合–システムの復元はWindows 10向けに保守または開発されていないことに注意してください。競合他社の製品が優れているという理由だけで、Microsoftは将来のリリースでこのユーティリティを搭載しない可能性があります。このため、このエラーコードを回避する最も簡単で効率的な方法は、サードパーティのバックアップユーティリティに移行することです。
  • Windows 10の不具合–結局のところ、このエラーは、バックアップユーティリティがアクティブなアカウント(管理者のアカウント)の代わりに使用する永続的なゲストアカウント(DefaultUser0)を作成するという奇妙なWindows10の不具合が原因で発生することもあります。アクセス)。この場合、手順を再試行する前に、セーフモードでこのゲストアカウントを完全に削除する必要があります。
  • OSの破損–特定の状況では、提供されているユーティリティでは修正できない重大なOSの破損の問題が原因で、このエラーメッセージが表示される場合があります。この場合、前進する唯一の方法は、クリーンインストールや修復インストールなどの手順ですべてのWindowsコンポーネントを再起動することです。

SFCおよびDISMスキャンの実行

操作を複数回繰り返して、すべての試行が同じSTATUS_WAIT_2エラーで失敗した場合は、実際に何らかのタイプのシステムファイルの破損に対処している可能性があります。幸い、すべてのWindowsバージョンにデフォルトでバンドルされているユーティリティがいくつかあり、この問題を修正できます。

SFC(システムファイルチェッカー)とDISM(展開イメージのサービスと管理)は、破損の低層および中層のインスタンスの大部分を修正する2つの堅実なユーティリティです。以前にこのエラーメッセージに苦労していた一部のユーザーは、両方のスキャンをすばやく連続して実行した後、STATUS_WAIT_2エラーが修正されたことを確認しました。

このプロセスを繰り返したい場合は、単純なSFCスキャンから始めてください。このツールのすべての依存関係はローカルに保存されるため、インターネットに接続しなくても実行できます。ただし、起動後、ユーティリティを強制的に(CMDウィンドウを閉じて)中断すると、追加の論理エラーが発生する可能性があることに注意してください。

SFCスキャンが完了したら、コンピューターを再起動し、次の起動が完了するのを待ちます。

次の起動シーケンスが完了したら、先に進んでDISMスキャン開始します。 

注:この操作には安定したインターネット接続が必要であることに注意して ください。DISMはWindows Updateのサブコンポーネントを使用して、システムファイルの破損の影響を受けるファイルの正常なコピーをダウンロードします。

DISMスキャンが完了したら、最後のシステム再起動を実行し、次の起動が完了したら、以前に「STATUS_WAIT_2」エラーをトリガーしていたアクションを繰り返します。

同じ問題がまだ発生している場合は、以下の次の潜在的な修正に進んでください。

同等のサードパーティバックアップを使用する

上記の方法が効果的でなく、Windowsコンポーネントをリセットするなどの過激なことをしたくない場合は、サードパーティの代替案を検討する必要があります。

システムの復元、ファイル履歴、システムイメージ、およびバックアップは、MicrosoftがWindows 10で積極的に保守および開発していないユーティリティであることに注意してください。サードパーティの同等のものよりもはるかに優れているため、将来のWindowsリリースにシステムの復元が含まれなくなる可能性があります。組み込みのソリューション。

システムの復元と同じことを実行できる3番目のプログラムを探している場合は、次の無料の代替手段の1つを検討してください。

  • Macrium Reflect
  • Acronis True Image
  • Clonezilla
  • MiniToolパーティションウィザード
  • ソーラーウィンズバックアップ

注:上記のオプションはすべて無料であるか、試用版が含まれています。

サードパーティのソリューションを使用してWindowsバージョンのバックアップを作成したくない場合は、以下の次の潜在的な修正に進んでください。

DefaultUser0アカウントの削除(該当する場合)

Windows 10コンピューターでこの問題が発生している場合は、既知のバグが原因でバックアッププロセスが失敗する可能性があります。これは、Windowsが取得しようとし続けるゴーストアカウント(defaultuser0)を作成し、それがなくなったためです。存在します。エラーのログが次のような参照を明らかにした場合、これはさらに可能性が高くなります。

ファイルC:\ Users \ defaultuser0 \ Contactsのバックアップ中にバックアップで問題が発生しました。エラーSTATUS_WAIT_2

このシナリオが当てはまる場合は、DefaultUser0アカウントを削除するプロセスをガイドする一連の手順に従うことで、問題を完全に修正できるはずです。これがあなたがする必要があることです:

  1. 押してWindowsキー+ Rを開くためにファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを。次に、[ファイル名を指定して実行]ボックスに「msconfig」入力し、Enterキーを押して[スタートアップオプション]画面を開きます。
  2. あなたが中にいるいったん起動オプション画面、選択ブート]タブをし、関連付けられたボックスチェックセーフブート(下のブートオプションを)。次に、関連するトグルを最小に設定し、[適用]をクリックして変更を保存します。
  3. コンピュータを再起動し、OSがセーフモードに戻るまで待ちます
  4. コンピュータが再起動したら、Windowsキー+ Rを押して、別の[実行]ダイアログボックスを開きます。次に、テキストボックスに「control」入力し、Enterキーを押して、クラシックコントロールパネルのインターフェイスを開きます。
  5. クラシックコントロールパネルのインターフェイスを表示しているときに、右上隅の検索機能を使用して「ユーザーアカウント」を検索し、Enterキーを押して結果を表示します。
  6. 結果のリストから、  ([ユーザーアカウント]の下の)[ユーザーアカウントの削除]をクリックします。
  7. UAC(ユーザーアカウント制御)プロンプトが表示された場合は、[はい]をクリックして管理者権限を付与します。
  8. [アカウント管理]ウィンドウが表示されたら、DefaultUser0アカウントをクリックして選択し、次のメニューから[アカウントの削除]をクリックします。
  9. DefaultUser0に属するファイルを保持するか削除するかを尋ねられたら [ファイルの削除]をクリックします
  10. 最後の確認プロンプトで、[アカウントの削除] をクリックして操作を確認します。
  11. 次に、ファイルエクスプローラー(マイコンピューター)を開き、C:\ Usersに移動して、DefaultUser0フォルダーがまだそこにあるかどうかを確認します。そうである場合は、先に進んで右クリックし、[削除]を選択して削除します。

    注:管理者アクセスを許可するように求められた場合は、ユーザーアカウント制御プロンプトで[はい]をクリックします。

  12. そのフォルダーが削除されたら、ファイルエクスプローラー(マイコンピューター)ウィンドウを閉じて、別のファイル名を指定して実行ボックス(Windowsキー+ R)を開きます。[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスで、「regedit」入力し、Enterキーを押してレジストリエディタを開きます。で、UAC(ユーザーアカウント制御)、クリックはい管理者のアクセス権を付与します。
  13. レジストリエディタ内に入ったら、左側のセクションを使用して次の場所に移動します。
    Computer \ HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersion \ ProfileList

    注:手動で移動するか、場所をナビゲーションバーに直接貼り付けて、すぐに移動することができます。

  14. 正しい場所に到達したら、S-1-5-21 で始まるサブキーを選択してから、右側のペインに移動します。
  15. 正しいサブキーを選択したら、右側のセクションに移動して、ProfileImagepathをダブルクリックします。そのパスがC:\ Users \ DefaultUser0を指している場合は、使用しているプラ​​イマリプロファイルを指すように変更します。
  16. レジストリエディタを閉じ、コンピュータを再起動し、システムの復元を使用してもう一度バックアップを作成し、問題が修正されているかどうかを確認します。

それでも同じ「STATUS_WAIT_2」エラーが発生する場合は、以下の次の潜在的な修正に進んでください。

すべてのWindowsコンポーネントをリセットする

上記の修正のいずれも機能しない場合は、従来は修正できない、ある種の深刻なシステムファイルの破損に対処している可能性があります。このシナリオが当てはまる場合は、先に進んで、システムの復元コンポーネントに影響を与える可能性のある関連するすべてのWindowsコンポーネントをリセットする必要があります。

これを行うには、OSドライブを完全にワイプするか、オペレーティングシステムに属するファイルのみをターゲットにします。

  • クリーンインストール–これは、Windowsバージョンのメニューから直接実行でき、互換性のあるインストールメディアを使用する必要がないため、2つのうちで簡単な操作です。ただし、これは、現在ドライブに保存している個人データがどうなるかをあまり気にしない場合にのみお勧めします。
  • 修復インストール–この操作はインプレース修復とも呼ばれ、OSドライブ(C:\)に現在、失うわけにはいかないデータが保存されている場合に推奨されるアプローチです。ただし、これを実行するには、互換性のあるインストールメディアを使用する必要があることに注意してください。ただし、この方法の主な利点は、すべてのアプリケーション、ゲーム、ユーザー設定、およびパーソナルメディアがそのまま残ることです。
タグシステムの復元