修正:Windows10アップデートエラー0x800f081e

Windows Spring Creators Updateは、多くのWindows10ユーザーから期待されていました。しかし、最終的にWU(Windows Update)を介して利用可能になったとき、一部のユーザーは更新プログラムのインストールを完了できませんでした。

Spring Creators Update(バージョン1803)を適用できないほとんどのユーザーは、0x800f081eエラーを受け取ると報告します。エラー 0x800F081Eは、CBS_E_NOT_APPLICABLEのWindowsステータスコードです。 これは、 基本的に、更新要件がないか、既にインストールされているファイルが保留中のファイルよりも高いバージョンであることを意味します。

注:0x800F081Eの エラーは、ほとんどのWindows 10 N.で発生することが報告されています

更新が失敗した場合、インストールウィザードは、更新をインストールできなかった理由に関する追加の手がかりを提供しません。「0x800F081E– 0x20003インストールがSecond_Bootフェーズで失敗し、ブート操作中にエラーが発生しました」 は、実際には問題の原因を示していません ただし、更新のログファイルを確認すると、次のようなエラーメッセージが表示されるはずです(数回表示されることもあります)。

操作に失敗しました:[1]パッケージC:\ $ WINDOWS。〜BT \ FODs \ DU \ f5d394a9-b4f4-457c-b5f8-438a6b8e72a0 \ Microsoft-Windows-MediaPlayer-Package〜31bf3856ad364e35〜amd64 ~~ .cabを追加します。エラー:0x800F081E [gle = 0x000000b7]

注:ログファイルは C:$ WINDOWS。〜BT \ Sources \ Panther \にあります。更新ログを表示するには、この場所に移動し、メモ帳などのテキストビューア/エディタでsetuperr.log という名前のファイルを開きます。

これらの行から、Windows MediaPlayerパッケージのために更新が適用できないと見なされていることが明らかになります。問題を調査した後 、Spring Creators Update(バージョン1803) を適用するときに0x800F081Eエラーが発生した ほとんどのユーザーが、  Windows MediaPlayerパッケージにリンクしているようです。

現在同じ問題に苦しんでいる場合は、0x800F081Eエラーを乗り越えて Spring Creators Update(バージョン1803)をインストール できるようにするいくつかの方法を特定することができました  すべての方法が最終的に同じ最終目標を達成するのに役立ちますが、3つの潜在的な修正を順番に従うことをお勧めします。方法1で問題を解決できない場合は、方法2に進み、2番目の戦術が失敗した場合は方法3に進みます。さぁ、始めよう。

方法1:Windowsメディア機能を無効にする

使用しているWindows10のバリエーションによっては、メディア機能パックがシステムにプリインストールされている場合とされていない場合があることに注意してください。また、Windows Media Playerパックがプリインストールされていなくても、システムにインストールする理由はたくさんあります。

注: Windows 10 Nを使用している場合は、Windows MediaPackがプリインストールされていることに注意してください。

Windows MediaPlayerパッケージが原因でSpringCreators Update(バージョン1803) が失敗することを以前に発見した 場合は、以下の手順で問題を解決できます。以下の手順に従って、WindowsFeaturesからWindowsMedia Player機能を無効にし、Spring Creators Update(バージョン1803)をインストールして ください。

注:方法2と比較した場合、以下の手順ではWindows Media Playerのみが無効になります(システムからアンインストールすることはできません)。一部のユーザーは、これでSpring Creators Update(バージョン1803) を実行できると報告していますが 、一部のユーザーは、Windows Media Playerを完全にアンインストールした後にのみ問題を解決できました(方法2)。

  1. 押しのWindowsキー+ R Runコマンドを開放します。次に、「optionalfeatures.exe」と入力し、Enterキーを押してWindows機能ウィザードを開きます。

  2. Windowsの機能リストが完全に入力されるまで待ってから、[メディアの機能]フォルダーを展開します。
  3. メディアからフォルダ、チェックを外しますWindows Media Playerはとヒットはい]を当時と [OK]を変更を保存します。

  4. [Windowsの機能]ダイアログを閉じたら、コンピューターを再起動して変更を修正し、次回の起動時にSpring Creators Update(バージョン1803)の 適用を試みます 。

注:インストールが正常に完了した場合は、Windows機能に戻り、Windows Media Playerを再度有効にします。これは、将来必要になる可能性があるためです。Windows 10 N Edition(またはKN Edition)を使用している場合は、このリンク(ここ)からWindows MediaPlayerの最新バージョンを直接ダウンロードしてインストールできます。

Spring Creators Update(バージョン1803) のインストール が引き続き失敗する場合は、Windows Media Playerを無効のままにし、方法2 に進んで、コンピューターから関連するすべてのコンポーネントをアンインストールします。

方法2:[設定]メニューからWindows MediaPlayerをアンインストールする

Windows Media Playerを無効にする(方法1)とSpring Creators Update(バージョン1803) をインストールできない場合は、  Windows MediaPlayerをアンインストールすると更新プログラムを適用できるかどうかを確認してみましょう。

[設定]メニューからWindowsMediaPlayerをアンインストールするためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. 押しのWindowsキー+ Rを実行]ボックスを開くため。次に、「ms-settings:optionalfeatures」と入力し、Enterキーを押して、Windows10の[設定]メニュー[オプション機能管理]タブを開きます

  2. 下にオプション機能を管理し、リストをスクロールダウンして、をクリックしてWindows Media Playerをし、ヒットアンインストール]ボタンを。

  3. Windows Media Playerがアンインストールされるまで待ってから、コンピューターを再起動します。
  4. 次回の起動時に、Spring Creators Update(バージョン1803)を再適用してみてください 。 それでも同じエラーで失敗する場合は、最後のメソッドに移動します。

不足している更新プログラムをインストールできた場合は、[オプション機能管理]画面に戻り、[機能追加]ボタンをクリックしてWindows MediaPlayerを再インストールできます。次に、Windows Media Playerを参照し、[インストール]ボタン押します。

方法3:PowerShellを介してWindows MediaPlayerを非アクティブ化する

それでもSpringCreators Update(バージョン1803)をインストールできない場合 、 最後の潜在的な修正の1つは、昇格されたPowerShellウィンドウを介してWindows MediaPlayerをオフにすることです。

昇格したPowershellウィンドウからWindowsMedia Playerを非アクティブ化してから、Spring Creators Update(バージョン1803)を再インストールする ためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. Press Windows key + X and click on Windows PowerShell (Admin) to open up an elevated Windows PowerShell window.

  2. In the elevated Powershell prompt, paste the following command to disable Windows Media Player:

    Disable-WindowsOptionalFeature –FeatureName “WindowsMediaPlayer” -Online

  3. If the command is successful, close the elevated Powershell prompt and restart your computer. At the next startup, see whether you can apply the Spring Creators Update (version 1803).

If the installation is successful, you can open another elevated Powershell window and re-enable Windows Media Player by inserting the following command:

Enable-WindowsOptionalFeature –FeatureName "WindowsMediaPlayer" -All -Online