方法:Windows10でテレメトリを無効にする

MicrosoftはWindows7からテレメトリデータ収集を推進してきましたが、Windows 10ほど包括的なものはありませんでした。デフォルトでは、Windows 10には、あらゆる種類のユーザーアクティビティを収集し、Microsoftに直接送信するテレメトリ機能がデフォルトで有効になっています。MicrosoftはGUIメニューから完全に無効にする方法を提供していないため(Enterpriseエディションを所有している場合を除く)、一部のユーザーは、WindowsOSのインストールでテレメトリデータが収集されないようにするための代替手段を探しています。

Windows10でテレメトリデータ収集を無効にする方法

Windows 10によるテレメトリデータの収集を停止する場合、通常のユーザーがアクセスできるGUI設定は1つだけです。診断データと使用状況データを[基本]に設定することで、収集されるテレメトリデータの量を制限します。君は。レジストリエディタを介してテレメトリデータの収集を禁止することもできますが、これは同等のGUIよりも少しだけ効果的です。

ただし、この機能をさらに制限する場合は、管理者特権のCMDを介してMicrosoft互換性テレメトリサービスを無効にし、(タスクスケジューラまたはPowershellを介して)Microsoft互換性評価ツールを無効にすることも検討する必要があります。

ただし、Windows 10PROまたはWindows10 Enterpriseを使用している場合、これを行う最善の方法は、グループポリシーエディターを使用することです。

方法1:プライバシーオプションの変更

多くのテレメトリ設定はデフォルトで「オン」になっていますが、Windows10ユーザーにとってはオフにできるので安心です。次の手順に従って、Windows10のプライバシー設定のテレメトリオプションを微調整します。

Windows 10の設定に移動し、[プライバシー]を選択します。左側にいくつかのタブがあります。タブを調べると、好みに応じて微調整できる多くのオプションが見つかります。

ただし、Windows10の設定からすべてのオプションにアクセスできるわけではありません。Windows 10でテレメトリを無効にするには、これらの追加オプションにいくつかのハックを使用する必要があります。

テレメトリサービスを無効にする別の方法を探している場合は、以下の次の潜在的な修正に進んでください。

方法2:診断データと使用状況データを無効にする

Microsoftに送信するデータの量を制限することに軽蔑している場合は、[フィードバックと診断]メニュー([Windowsの設定])から[診断]および[使用状況]データを[基本]に設定することを検討してください。

この操作はテレメトリデータの収集を停止しませんが、Windows10のインストールでオペレーティングシステムに不可欠な基本情報のみを収集するように強制されます。収集されるデータには、ハードウェア機能、平均実行パラメーター、およびシステムを停止させる重大なエラーが含まれます。

このルートを使用しても、新しいWindows Updateをインストールできますが、しばらくするとUWPアプリが正しく機能しない場合があることに注意してください。

このルートを選択する場合は、Windows 10コンピューターから収集されるテレメトリデータの量を制限するために、診断データと使用状況データの設定を変更できる手順を次に示します。

  1. 押してWindowsキー+ Rを開くためにファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを。次に、「ms-settings:privacy-feedback」と入力し、Enterキーを押して、設定アプリの[フィードバックと診断]タブを開きます。
  2. 正しい場所に到着したら、右側のセクションに移動し、[診断データ]セクションまで下にスクロールします。
  3. [診断データ]タブを特定したら、関連するトグルを[基本]に設定します。
  4. コンピュータを再起動して、変更を保存します。

Windows 10のテレメトリデータ収集を完全に停止する方法を探している場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法3:CMDを介してMicrosoft互換性テレメトリを無効にする

少し技術的な知識が必要な場合は、このタスクに使用されているメインサービスを無効にすることで、Windows10でのテレメトリデータ収集を無効にすることもできます。

この方法はWindows10でのみ機能し、Microsoft互換性テレメトリサービスを呼び出すように設計された他のアプリケーションに影響します。

影響を受けた何人かのユーザーは、この操作によって最終的にシステムからのテレメトリデータ収集を停止できることを確認しました。昇格したCMDプロンプトからWindows10でテレメトリデータ収集を無効にするためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. 押してWindowsキー+ Rを開くためにファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを。次に、「cmd」入力し、Ctrl + Shift + Enterを押して、昇格したCMDプロンプトを開きます。UAC(ユーザーアカウント制御)によってプロンプトが表示されたら、[はい]をクリックして管理者権限を付与します。
  2. 管理者特権のCMDプロンプトが表示されたら、次のコマンドを正常に入力し、各行の後でEnterキーを押して、Microsoft互換性テレメトリを効果的に無効にします
    sc delete DiagTrack sc delete dmwappushservice echo“”> C:\\ ProgramData \\ Microsoft \\ Diagnosis \\ ETLLogs \\ AutoLogger \\ AutoLogger-Diagtrack-Listener.etl reg add“ HKLM \\ SOFTWARE \\ Policies \\ Microsoft \ \ Windows \\ DataCollection” / v AllowTelemetry / t REG_DWORD / d 0 / f
  3. すべてのコマンドが正常に処理されたら、コンピューターを再起動します。

Windows 10でテレメトリデータ収集を無効にする別の方法を探している場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法4:Microsoft互換性評価ツールを無効にする

Windows 10インストールでテレメトリデータを収集しているときにCPU使用率が異常に高くなる場合は、CompatTelRunner.exe(Microsoft互換性評価プログラム)に関連付けられているタスクを無効にする必要があります。

これを行うには、2つの方法があります。タスクスケジューラウィンドウから直接実行するか、PowerShellプロンプトから直接実行することができます。

タスクスケジューラを介してMicrosoft互換性評価機能を無効にする

これを可能にする最も邪魔にならない操作は、タスクスケジューラを使用して、\ Microsoft \ Windows \ ApplicationExperienceの下にあるMicrosoft互換性評価機能を無効にすることです。

タスクスケジューラを使用してMicrosoft互換性評価プログラムのスケジュールされたタスクを無効にするためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. Press Windows key + R to open up a Run dialog box. Next, type’ taskschd.msc” and press Enter to open up Task Scheduler. When you’re prompted by the UAC (User Account Control), click Yes to grant admin access.
  2. Once you’re inside Task Scheduler, use the left-hand section to navigate to Microsoft > Windows > Application Experience.
  3. After you get to the correct location, move over to the right-hand section, right-click on the task named Microsoft Compatibility Appraiser and choose Disable from the newly appeared context menu.

Disable Microsoft Compatibility Appraiser via Powershell

If you aren’t afraid to get technical, you can also disable this task from a Powershell terminal. But unless you open it with elevated privileges, the command will trigger an error.

Here’s a quick guide on disabling the Microsoft Compatibility Appraiser from an elevated Powershell prompt:

  1. Press Windows key + R to open up a Run dialog box. Inside the text box, type ‘powershell’ and press Ctrl + Shift + Enter to open up an elevated Powershell terminal window.

    Note: When you’re prompted by the UAC (User Account Control), click Yes to grant administrative privileges.

  2. Once you’re inside the elevated Powershell window, type or paste the following commands and press Enter to disable the Microsoft Compatibility Appraiser task:
    Disable-ScheduledTask -TaskName "Microsoft Compatibility Appraiser" -TaskPath "\Microsoft\Windows\Application Experience"
  3. After the command is successfully processed, restart your computer and see if the issue is resolved.

In case, you’re looking for a different way of disabling telemetry data collection on Windows 10, move down to the next method below.

Method 5: Disabling Telemetry collection via Registry Editor

If you’re not afraid of going through the registry and disabling telemetry collection this way, you can force the data collection to stop using Registry Editor. But the operation will only be complete after you open up the Services screen and disable the Diagnostics Tracking Service.

This method will only work on Windows 10, but a lot of affected users have reported that this operation was the only one that allowed them to completely stop telemetry collection on their computer.

Note: Going this route may inhibit your machine’s ability to fetch and install OS updates.

If you decide to go this route, here’s a quick guide on disabling telemetry collection via Registry Editor and Services utility:

  1. Press Windows key + R to open up a Run dialog box. Next, type ‘regedit’ inside the text box and press Enter. Once you are prompted by the UAC (User Account Control) prompt, click Yes to grant administrative privileges.
  2. Once you’re inside the Registry Editor, use the left-hand section to navigate to the following location:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\DataCollection

    Note: You can either browse to this location manually or you can paste it directly into the nav box and press Enter to get there instantly.

  3. With the DataCollection key selected, move down to the right panel, right-click on an empty space and choose New > Dword value (32-bit). Next, name the newly created Dword value AllowTelemetry and press Enter to save the changes.
  4. After the new Dword value is created, double-click on AllowTelemetry and set the Base to Hexadecimal and the Value Data to 0.

    Note: This modification will set the telemetry settings to security only, meaning that no other type of data will be sent to Microsoft.

  5. Save the change by clicking on Ok, then close the Registry Editor utility.
  6. Press Windows key + R to open up another Run dialog box. Inside the text box, type ‘services.msc’ and press Enter to open up the Services utility.

    Note: When you’re prompted by the UAC (User Account Control), click Yes to grant administrative privileges.

  7. Once you’re inside the Services screen, scroll down through the list of local Services and locate the entry associated with Connected User Experiences and Telemetry. Once you manage to locate it, right-click on the entry and choose Properties from the context menu.
  8. Once you’re inside the Properties screen of Connected User Experiences and Telemetry, select the General tab from the horizontal menu at the top and change the Startup type to Disabled and click on Apply to save the configuration.
  9. Next, repeat steps 7 and 8 with the Diagnostics Tracking Service and restart your computer to enforce the changes that you just made.

In case you’re looking for a different way of disabling telemetry collection on Windows 10, move down to the next method below.

Method 6: Disabling Telemetry data collection via Group Policy Editor

If you want to disable telemetry data collection on a Windows 10 Pro or Windows 10 Enterprise, you can do it in a convenable way by using the Local Group Policy Editor to stop the policy associated with Data Collection and Preview Builds.

But keep in mind that if you’re using Windows 10 Home, the Local Group Policy Editor will not be available by default. In this case, you will need to enable the Local Group Policy Editor on Windows 10 Home first.

If you have access to your GPEDIT utility and you want to disable data collection using this tool, here’s what you need to do:

  1. Press Windows key + R to open up a Run dialog box. Next, type ‘gpedit.msc’ and press Enter to open up the Local Group Policy Editor. When you see the User Account Control (UAC) prompt, click Yes to grant administrative privileges.
  2. Once you’re inside the Local Group Policy Editor, use the left-hand section to navigate to the following location:
    Computer Configuration -> Administrative Templates -> Windows Components -> Data Collection and Preview Builds
  3. Once you’re inside the Data Collection and Preview Builds key, move over to the right-hand side and double-click on Allow Telemetry.
  4. 正しい場所に到達したら、[テレメトリ許可]をダブルクリックし、ステータスを[無効]に設定してから、[適用]をクリックして変更を保存します。
  5. ローカルグループポリシーエディターを閉じ、コンピューターを再起動して変更を適用します。