修正:mediacreationtoolx64で「セットアップの開始に問題がありました」

一部のユーザーは、予期しない状況のために手順を途中で中止しなければならなかった後、MediaCreationToolx64.exeを使用してWindows10 へのアップグレードを完了できないままです。結局のところ、アップグレードプロセス中に予期しないクラッシュや手動シャットダウンが発生すると、MediaCreationToolx64.exeが破損する可能性があります。

影響を受けるユーザーは、これが発生するたびに、ユーティリティを開くとMediaCreationToolx64.exe が次のエラーメッセージを表示することを報告して います。

「セットアップの開始に問題がありました。ツールを閉じてPCを再起動してから、ツールの実行を再試行してください。」

どうやら、システムを再起動したり、別のMediaCreationToolx64.exe をダウンロードしたりするような明らかな ことでは、問題は解決しません。

ただし、同様の状況にある多くのユーザーが問題を解決するために使用した修正がいくつかあります。問題を解決し、アップグレードプロセスを完了できる修正が見つかるまで、以下の方法に従ってください。

方法1:$ Windows〜BT $フォルダーと$ Windows〜WS $フォルダーを削除する

ほとんどの場合、この特定の問題は、MediaCreationToolx64.exeツールに 関連付けられているいくつかの隠しフォルダー($ Windows〜BT $および$ Windows〜WS  $)が原因で発生します 。これらの2つの場所は、アップグレードプロセスに必要な一時的なダウンロードファイルを保存する役割を果たします。

この解決策では、2つのフォルダーとその内容を削除して、MediaCreationToolx64.exe ツールを新たに起動できるようにし ます。ただし、セーフモードを使用していない限り、フォルダに触れることはできません。簡単にするために、セーフモードで再起動し、$ Windows〜BT $フォルダーと$ Windows〜WS $ フォルダーを削除して、「セットアップの開始に問題がありました」を修正するためのステップバイステップガイドを 次に示し ます。MediaCreationToolx64.exe ツールのエラー :

  1. スタートアイコン(左下隅)にアクセスし、電源アイコンをクリックし、Shiftキーを押しながら再起動をクリックします。これにより、コンピューターがセーフモードで再起動します。|

  2. 次回の起動時に、コンピュータはセーフモードで起動する必要があります。
  3. ファイルエクスプローラーを開き、ウィンドウの上部にあるリボンを使用して[表示]タブに移動します。次に、隠しファイル(古いWindowsバージョンでは隠しシステムファイル表示する)に関連付けられているチェックボックスが有効になっていることを確認します  。

  4. 非表示アイテムを有効にしたら、Windowsドライブのルートパス(C:/ほとんどの場合)に移動し、$ Windows〜BT $フォルダーと$ Windows〜WS $ フォルダーを選択します。次に、それらを右クリックし、[削除]を選択して削除します。
  5. 2つのフォルダがC:/のルートパスから削除されたら、ごみ箱を開き、その内容を空にして、MediaCreationToolx64.exeの残りのデータを 削除します。
  6. コンピュータを再起動して、通常モードで起動します。次回の起動時に、MediaCreationToolx64.exeを 再度開き ます。これで、インストールを再度中止する必要がない限り、問題なくWindows10へのアップグレードを完了できるはずです。それが再び発生する場合は、上記の手順をもう一度繰り返してください。

この方法がうまくいかなかった場合、または別のアプローチを探している場合は、方法2に進んでください。

方法2:保留中のすべてのWindowsUpdateを適用する

他のユーザーは、Windows Updateを使用して保留中のすべての更新を正常に適用した後、問題が自動的に修正されたと報告しています。同じ問題が発生したユーザーは、「セットアップの開始に問題がありました」なしでメディア作成ツールが開いたと報告しました 。 すべての更新が正常に適用された後のエラー。

Windowsのバージョンが最新であることを確認するためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. 押しのWindowsキー+ Rを実行]ボックスを開くため。次に、「wuapp」と入力し、Enterキー押してWindowsUpdate画面を開きます。

  2. Windows Update画面で、[更新の確認]ボタンをクリックし、確認が完了するのを待ちます。
  3. 画面の指示に従って、システムが最新になるまで、保留中のすべてのWindowsUpdateをインストールします。保留中の更新の蓄積数によっては、PCを数回再起動する必要がある場合があることに注意してください。
  4. システムが最新の状態になったら、最後の再起動を実行し、次回の起動時にMediaCreationToolx64.exe ツールを開き ます。「セットアップの開始に問題がありました」なしでアップグレードを完了することができるはず です。 エラー。

それでも同じ問題が発生する場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法3:ESDフォルダーでsetupprep.exeを実行する

他のユーザーは、ESDフォルダーからSetupPrep実行可能ファイルを実行することで問題を解決できました。

ESDフォルダはWindowsドライブのルートフォルダにあり、オペレーティングシステムが電子ソフトウェアの配信作業に使用します。より正確には、Windowsはインターネット接続を介してPCにファイルをインストールするためにそれを使用します。

移動 C:\ ESD \ WINDOWS \源とあなたがsetupprep.exeを見つけるために管理するかどうかを確認します。その場合は、それをダブルクリックし、画面の指示に従って完了して、ここからアップグレードします。「セットアップの開始に問題がありました」が表示されなくても、これを実行できるはず です。

それでも同じ動作が続く場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法4:WindowsUpdateのトラブルシューティングツールを実行する

上記のすべての方法がうまくいかないことが判明した場合は、WindowsUpdateのトラブルシューティングツールが問題を解決できるかどうかを確認する必要があります。一部のユーザーは、WindowsUpdateのトラブルシューティングを実行した後に問題が自動的に修正されたと報告しています。

WindowsUpdateのトラブルシューティングを実行する方法に関するクイックガイドは次のとおりです。

  1. 押しのWindowsキー+ Rを実行]ボックスを開くため。次に、「control.exe / name Microsoft.Troubleshooting」と入力し、Enterキーを押してトラブルシューティング画面を開きます。

  2. [Windowsトラブルシューティング]画面で、[ Windows Update  ]をクリックしてから、[トラブルシューティングツールの実行]をクリックします
  3. 画面の指示に従ってWindowsUpdateのトラブルシューティングを実行し、問題が見つかった場合は[この修正適用する]をクリックします。
  4. 手順が完了したら、コンピュータを再起動して、次回の起動時に問題が解決したかどうかを確認します。