修正:AppStoreに接続できない

Mac App Storeは、Mac専用に設計されたあらゆる種類のアプリケーションやプログラムをダウンロードできる素晴らしい場所です。ただし、Mac App Storeは、他のすべてのApp Storeと同様に、かなりのねじれがないわけではありません。Mac App Storeで最もよく知られている問題の1つは、影響を受けるユーザーが起動しようとするたびに、「AppStoreに接続できません」というエラーメッセージが表示されることです。

これは、影響を受けるユーザーのMacがMac AppStoreに接続できないという問題です。この問題の背後にある原因は、インターネット接続の不安定さからKeyChainアプリの証明書の問題までさまざまです。ほとんどの場合、Mac App Storeを閉じてから再起動するか、[ストア] > [ログアウト]をクリックしてMacApp Storeからログアウトし、再度ログインすると問題が解決します。ただし、これらの解決策のいずれもこの問題を解決できない場合は、「App Storeに接続できません」というエラーメッセージを取り除き、再確立するために使用できる最も効果的な解決策は次のとおりです。 Mac App Storeへの健全な接続:

注: 続行する前に、マシンに正確な日付と時刻 があることを確認し てください。日時が正確でない場合、アプリストアは接続を拒否します。

解決策1:インターネット接続が機能しているかどうかを確認します

「AppStoreに接続できません」というエラーメッセージの餌食になった場合は、早ければインターネット接続が原因であると疑うことになります。その場合、最初に試すことができる解決策は、インターネット接続が機能しているかどうかを確認することです。

上部のツールバーにあるAppleロゴをクリックします。コンテキストメニューの[システム環境設定]をクリックします。ネットワークをクリックします。接続しているネットワークの横に緑色のアイコンがあるかどうかを確認します。緑のアイコンが表示されている場合、インターネット接続のせいではありません。ただし、接続しているネットワークの横に赤いアイコンがある場合は、インターネット接続がダウンしているため、MacがMac AppStoreに接続できない可能性があります。

解決策2:MacのDNSサーバーをGoogleのDNSに設定する

上部のツールバーにあるAppleロゴをクリックします。コンテキストメニューの[システム環境設定]をクリックします。

左側のペインからネットワークを選択し、[詳細]をクリックします。

DNSに移動します

[ DNSサーバー]ボックスの下の[ + ]をクリックして、次のDNSアドレスを追加します。

8.8.8.8

[ DNSサーバー]ボックスの下の[ + ]をクリックして、次のDNSアドレスを追加します。

8.8.4.4

追加したDNSアドレスは両方ともAppleのグローバルDNSアドレスです。[ OK]をクリックし、ネットワーク設定を終了して、Macを再起動します。Macの起動時に問題が解決したかどうかを確認してください。

解決策3:無効または誤った証明書を削除する

「AppStoreに接続できません」というエラーメッセージは、証明書が無効または正しくないことが原因である可能性もあります。無効または不正確な証明書がこの問題の原因である場合、それらを取り除き、Mac AppStoreへのアクセスを再確立する方法は次のとおりです。

Finderを起動します。Goをクリックします。コンテキストメニューの[フォルダ移動]をクリックします。

次のように入力囲碁ウィンドウとをクリックして移動

/ var / db / crls /

cricacheを削除します。dbocspcache.dbの両方を、これらのファイルを1つずつゴミ箱にドラッグします。プロンプトが表示されたら、管理者パスワードを入力して確認することにより、アクションを確認します。

ごみ箱を空にします。

Macを再起動し起動時に問題が修正されているかどうかを確認します。

解決策4:KeyChainアプリケーションで特定の証明書を編集する

KeyChainアプリケーションには、Macがアプリからの安全な接続を確立するために使用するパスワードと証明書が含まれています。これにはMac AppStoreが含まれます。KeyChainアプリに含まれる特定の証明書に問題があると、「AppStoreに接続できません」というエラーメッセージが表示されることもあります。それがあなたのケースでこの問題を引き起こしている場合は、KeyChainアプリケーションで特定の証明書を編集してこの問題を解決するために必要なことは次のとおりです。

/ Applications / Utilities /にあるKeyChainAccessを開きます。

左側のペインで、[カテゴリ]の下の[証明書]をクリックします。KeyChain Accessウィンドウの右上隅にある検索フィールドに「Class」と入力し、Returnキーを押します。

検索結果の中から、青い輪郭のアイコンが付いた証明書を見つけてダブルクリックします。これにより、証明書に関連する情報を含むウィンドウが開きます。

[信頼]の横の三角形をクリックして、証明書のアクセス許可を表示します。セット:セキュアソケットレイヤー(SSL)常に信頼してウィンドウを閉じます。表示されるポップアップに管理者パスワードを入力して、アクションを確認します。

手順4で開いたのと同じ証明書をダブルクリックします。

[信頼]の横の三角形をクリックして、証明書のアクセス許可を表示します。

この証明書使用する場合に設定カスタム設定使用してウィンドウを閉じます。

表示されるポップアップに管理者パスワードを入力して、アクションを確認します。

繰り返し手順4. - 11検索結果の帽子の中で証明書のそれぞれについては、青のアウトラインを持つアイコンが表示されます。

Macを再起動し、問題が修正されたかどうかを確認します。

解決策5:ネットワーク設定でプロキシプロトコルを変更する

  1. 上部のツールバーにあるAppleロゴをクリックし、コンテキストメニューで[システム環境設定]を選択してから、[ネットワークオプション]をクリックします。
  2. 選択して事前ネットワーク設定でオプションを
  3. [プロキシ]タブを選択し、[自動プロキシ検出]をオンにして、プロトコルリストの[ SOCKSプロキシ]のチェックを外し、[ OK ]をクリックします。