修正:「Inputpersonalization.exe」による高いCPUとメモリ使用量

Windowsユーザーとして、タスクマネージャーでinputpersonalization.exeまたはInput PersonalizationServerが実行されている場合があります。このプロセスは、おそらくシステムの多くのリソースを消費するため、システムのパフォーマンスが低下します。タスクマネージャにしばらく表示されてから消える場合もあれば、長時間実行されている場合もあります。プロセスを終了しても、おそらく再び戻ってきます。

入力パーソナライズサーバーまたはinputpersonalization.exeは、タブレットPCで使用されます。これらのプロセスは、手書き認識パーソナライズツールまたは入力パーソナライズとも呼ばれます。したがって、一部の入力関連プログラムに不可欠なのは、正当なWindowsプロセスです。また、これらのプロセスが一定量のCPUパーセンテージを使用するのはごく普通のことです。プロセスがバックグラウンドで継続的に実行され、かなりの量のリソースを消費しない限り、プロセスについて心配する必要はありません。ただし、Input Personalization ServerによるCPU使用率が高いためにパフォーマンスの問題が発生している場合は、それを処理する方法がいくつかあります。なぜそれが多くのCPU使用率を引き起こしているのか疑問に思っているなら、その背後にある原因は破損したユーザープロファイルである可能性があります。

方法1:プロファイルを修正/再作成する

ユーザープロファイルの再作成は、数人のユーザーにとって有効です。これにより、ユーザープロファイルが破損しているために入力パーソナライズサーバーが誤動作している場合に問題が解決されます。ユーザープロファイルを再作成する手順は次のとおりです

  1. ホールドWindowsキーを押しRを
  2. タイプnetplwizキーを押してください

  1. ここでは、コンピューター上のユーザープロファイルを確認できます。[追加]をクリックします

  1. メールアドレスを入力し、[次へ]をクリックします。画面の指示に従って、新しいユーザープロファイルを設定します

完了したら、新しく作成したユーザープロファイルでサインアウトしてサインインし、問題が解決したかどうかを確認します。新しく作成したプロファイルで問題が発生しない場合は、問題がユーザープロファイルにあることは明らかです。ここでできる最善のことは、ユーザープロファイルを再作成または修正することです。ユーザープロファイルを修正する手順は次のとおりです

  1. ホールドWindowsキーを押しRを
  2. タイプregeditを押してください

  1. このアドレスHKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersion \ ProfileListに移動します。この場所に移動する方法がわからない場合は、以下の手順に従ってください
    1. 左側のペインからHKEY_LOCAL_MACHINEを見つけてダブルクリックします
    2. 左側のペインからSOFTWAREを見つけてダブルクリックします
    3. 左側のペインからMicrosoftを見つけてダブルクリックします
    4. 左側のペインからWindowsNTを見つけてダブルクリックします
    5. 左側のペインからCurrentVersionを見つけてダブルクリックします
    6. 左側のペインからProfileListを見つけてダブルクリックします

  1. ProfileList(左側のペイン)の下に、S-1で始まる名前の複数のフォルダーが表示されます。
  2. 名前の末尾に.bak拡張子が付いているフォルダーを見つけて選択します
  3. 右ペインからProfileImagePathをダブルクリックします

  1. ProfileImagePathの値は、C:\ Users \ USERNAMEのようにする必要があります(ここで、USERNAMEはプロファイルの実際のユーザー名になります)

  1. ここで、このアカウントフォルダーの場所に移動し、いくつかの変更を加える必要があります。
  2. ホールドWindowsキーを押しRを
  3. タイプC:\ユーザーを押して入力します。
  4. 次に、ProfileImagePath値で見つけたものと同じ名前のフォルダーがあるかどうかを確認します(ステップ17)。
  5. フォルダの名前が異なる場合(末尾に「2」が付いているはずです)、フォルダを右クリックして[名前の変更]を選択します。手順17で見つけた名前にフォルダの名前を変更します
  6. ここで、レジストリエディタに戻り、左側のペインを確認します。同じ名前の.bak拡張子フォルダーの上にフォルダーがあるかどうかを確認します(ただし、.bak拡張子はありません)。たとえば、フォルダ名がS-1-0-000.bakの場合、その上のフォルダの名前はS-1-0-000である必要があります。.bakバージョンと同じ名前のフォルダーがある場合は、次の手順を実行します。
    1. 拡張子が.bakのないフォルダー右クリックし、[名前の変更]を選択します。フォルダ名の最後に.backupを追加します。名前であった場合たとえば、S-1-0-000それがあるべきS-1-0-000.backup。名前を変更したら、Enterキーを押します
    2. 拡張子が.bakのフォルダー右クリックし、[名前の変更]選択します。フォルダの名前から.bakを削除します。名前であった場合たとえば、S-1-0-000.bakそれがあるべきS-1-0-000あなたが名前を変更したら、Enterキーを押して入力します。
    3. 拡張子が.backupのフォルダー右クリックし、[名前の変更]選択します。フォルダー名の最後に、.backupの代わりに.bakを追加します。名前であった場合たとえば、S-1-0-000.backupそれがあるべきS-1-0-000.bakあなたが名前を変更したら、Enterキーを押して入力します。
  7. その名前(拡張子が.bak)のフォルダーが1つしかない場合は、次の手順を実行します。
    1. 拡張子.bakのフォルダーを右クリックし、[名前の変更]を選択します。名前の.bak部分を削除し、Enterキーを押します。名前であった場合たとえば、S-1-0-000.bakそれがあるべきS-1-0-000になりました
  8. ここで、名前を変更したフォルダー(.bak拡張子のないフォルダー)を選択します。
  9. ダブルクリックRefCountプロパティの右側のペインからエントリーを。右側のペインにRefCountエントリがない場合は、自分で作成する必要があります。単に右クリックし、右ペインにある空きスペースにし、選択新しい> DWORD(32ビット)値を、それを名前を付けRefCountプロパティ。完了したら、Enterキーを押して確認します

  1. RefCountをダブルクリックすると、値データというオプション名が付いた新しいウィンドウが表示されます。値データに0を入力し、[ OK]を押します

  1. 拡張子が.bakのないフォルダが選択されていることを確認してください。Stateという名前のエントリを見つけてダブルクリックします。右側のペインにStateエントリがない場合は、自分で作成する必要があります。単に右クリックし、右ペインにある空きスペースにし、選択新しい> DWORD(32ビット)値を、それを名前を付け状態。完了したら、Enterキーを押して確認します

  1. あなたは、ダブルクリックすると国家を、あなたはオプション名値のデータを新しいウィンドウを見ることができるはずです。[値のデータ]セクションに0を入力し、[ OK ]をクリックします

  1. 完了したら、レジストリエディタを閉じて再起動します。

あなたは今行ってもいいはずです。プロファイルを修正する必要があります。元のアカウント(修正したアカウント)でログインし、問題が解決しないかどうかを確認します。

方法2:タブレットPCコンポーネントをオフにする

[プログラムのアンインストール]ウィンドウから[PCの機能のテーブル]オプションをオフにすると、この問題を修正するのに役立ちます。このオプションをオフにする手順は次のとおりです

  1. ホールドWindowsキーを押しRを
  2. 入力appwiz.cplを押してください

  1. [ Windows機能をオンまたはオフにする]をクリックします

  1. 新しく作成されたウィンドウを下にスクロールし、[タブレットPCコンポーネント]オプションのチェックを外します
  2. [ OK]をクリックします

問題は今すぐ解決する必要があります。