修正:パス/System/Installation/Packages/OSInstall.mpkgが欠落しているか破損しているように見える

Macユーザーで、MacOSを新しいバージョンに更新しようとしている場合は、このエラーが表示されることがあります。

パス/System/Installation/Packages/OSInstall.mpkgが見つからないか、破損しているようです。インストーラーを終了してコンピューターを再起動し、再試行してください

このエラーが表示されたら、システムを再起動して再試行するオプションしかありません。このエラーが表示された場合は、おそらく再起動後に解決されません。これは、このエラーメッセージにより、新しいバージョンに更新できなくなることを意味します。

これを引き起こす正確なエラーはわかりませんが、AppStoreを介したアップデートの問題である可能性があります。そのため、これに対する最も一般的な解決策は、ブータブルUSBを使用して新しいアップデートをインストールすることです。この問題を引き起こす可能性のあるものの1つは、エラーメッセージの内容、つまりパスが欠落しているか破損している可能性があることです。そのため、パスを修正または作成すると問題が解決します。これを引き起こす可能性のあるもう1つのことは、ディスク容量が少ないことです。一般的ではありませんが、この問題のために多くのユーザーが問題を経験しました。重要なのは、この新しいアップデートは通常のアップデートよりも大きいということです。そのため、多くのユーザーがこの更新に実際に必要なスペースを誤って計算し、このエラーが発生しました。

バックアップデータ

データをバックアップしていない場合は、以下の手順に従う前にデータをバックアップしてください。MacのTimeMachineを使用してデータをバックアップできます。

Time Machineは、まだご存じない方もいらっしゃると思いますが、Macに組み込まれている機能です。この機能は、外部ストレージデバイスにデータをバックアップするのに役立ちます。つまり、ネットワーク上にUSB、外部HDD、Time Capsule、macOS Serverなどの外部ストレージデバイスと、その他の形式の外部ストレージが必要になります。外部ストレージデバイスを入手したら、以下の手順に従います

  1. 外部ストレージをMacに接続するだけです
  2. このドライブを使用してTimeMachineでバックアップするかどうかを尋ねる新しいポップアップダイアログが表示されます。
  3. [バックアップディスクの暗号化]オプションをオンにします
  4. [バックアップディスクとして使用]をクリックします

注: Time Machineを使用してディスクをバックアップするように求めるダイアログが表示されない場合は、以下の手順に従ってください。

  1. 上部のメニューバーからアップルメニューを選択します
  2. システム環境設定を選択します

  1. タイムマシンをクリックします

  1. [バックアップディスクの選択]をクリックします

  1. バックアップに使用できるディスクの名前を示す新しいリストが表示されます。リストからバックアップディスクを選択し、[ディスクの使用]をクリックします

完了したら、ファイルをバックアップする必要があります。

方法1:リカバリモードで再起動する

リカバリモードでシステムを再起動します。リカバリモードは、ソフトウェアやその他のさまざまな問題を解決するために使用できる多くの便利なツールを提供します。そのため、リカバリモードを実行し、ターミナルからいくつかのコマンドを実行することで、多くのユーザーの問題が解決しました。従う必要のある手順は次のとおりです

  1. ホールドコマンドキーを押しRを使用すると、ボタンの順番を押したとき。Macを再起動する場合は、Macの再起動が開始されたら、コマンドキーを押しながらRキーを押します。Appleのロゴまたは回転する地球儀が表示されるまで、キーを押し続ける必要があります。注:通常のデスクトップが表示されている場合は、時間どおりにキーを押さなかったことを意味します。再起動して再試行する必要があります。
  2. Macがリカバリモードに入ると、macOSユーティリティウィンドウが表示されます。
  3. メニューバーから[ユーティリティ]をクリックし、[ターミナル]をクリックします。注: Sierraバージョンには、上部にメニューバーが表示されない場合があるバグがあります。メニューバーを再表示するために試すことができるいくつかのことがあります
    1. macOSユーティリティウィンドウからディスクユーティリティオプションをクリックします。ディスクユーティリティ閉じて、この画面に戻ります。これでメニューバーが戻るかどうかを確認します。
    2. 再起動して、リカバリモードへの移行を試行します(手順1の手順に従ってください)。
    3. 再起動してリカバリモードに戻ります(手順1の手順に従います)が、起動プロセス全体でコマンドキーとRキーを押し続けます。たとえば、macOSユーティリティウィンドウが表示されたときにのみキーを離します。
    4. 再起動し、(Command + Rだけでなく)Command + R + Sキーを押してリカバリモードに入ります。これにより、文書化されていない複合リカバリモードとシングルユーザーモードが開きます。これにより、コマンドプロンプトが直接開き、リカバリモードになります。ここからコマンドを入力して実行できるようになります

  1. ターミナルに入ったら、find / -name OSInstall.mpkg入力して、Enterキーを押します。このコマンドは、指定されたファイル名を検索します。したがって、OSInstall.mpkgが存在するパスがわかります。
  2. 入力します。mkdir -p「/ボリューム/ MacintoshのHD /システム/インストール/パッケージ」を押して入力します
  3. タイプCP「」「/ボリューム/ MacintoshのHD /システム/インストール/パッケージ/」キーを押してください。手順4のfindコマンドで見つけたOSInstall.mpkgの実際のパスに置き換えます。
  4. タイプ今-r sudoのシャットダウンを押して入力し、マシンを再起動します。

システムを再起動したら、もう一度更新してみてください。

方法2:スタートアップマネージャー

方法1が機能しなかった場合は、オプションキーを使用して起動し、MacHDドライブを選択すると問題が解決します。Optionキーを使用して再起動すると、マシンのスタートアップマネージャが開きます。これは、Macを起動するボリュームを選択するために使用できる組み込みアプリケーションです。以下の手順に従って、スタートアップマネージャに入ります。

  1. Macを再起動します。Macが再起動を開始したら、Optionキーを右に押し続けます。スタートアップマネージャが表示されるまでキーを押し続けます
  2. あなたがでたらスタートアップマネージャは、ボリュームのリストが表示されます。選択MacのHDをリストから。マウスまたはトラックパッド、あるいは左右の矢印キーを使用して、リスト内を移動します。注: MacOSを含まないボリュームは選択しないでください。選択したボリュームは再起動に使用され、ボリュームにOSがない場合は、問題が発生します。
  3. Mac HDを選択したら、ダブルクリックするか、Enterキーを押します。

Macをもう一度アップデートしてみると、問題なく動作するはずです。

方法3:起動可能なUSBを作成する

注:これを機能させるには、少なくとも12GBのサイズのUSBが必要です。したがって、USBがあることを確認してください。それが空のUSBである場合にも、それはあなたにとって有益です。それはあなたのために物事を簡単にします。

Macを更新する一般的な方法でまだ問題が発生する場合は、起動可能なUSBを使用することもできます。これにはもう少し時間と労力が必要ですが、確かに機能します。

起動可能なUSBを作成し、MacOSの最新バージョンに更新する手順は次のとおりです。

  1. 上部のメニューバーからAppleロゴをクリックし、[ソフトウェアアップデート]を選択します

  1. HighSierraをダウンロードする
  2. アップデートがダウンロードされたら、これらのファイルを使用してシステムをアップデートしないでください。続行ボタンのある画面が表示されます。続行ボタンをクリックしないでください。このインストーラーを終了しても、ダウンロードしたファイルは削除されません。そこで、インストーラーを終了し、ダウンロードしたファイルを使用してブータブルUSBを作成します
  3. プラグインブータブルUSBとして使用することをUSB。このドライブは空であるか、少なくとも重要なファイルが含まれていてはなりません。これは、その過程でUSBが消去されるためです。したがって、重要なファイルがある場合は、それらを別の場所にコピーします
  4. この手順はオプションですが、この手順を実行すると、次の手順を簡単に実行できるようになります。USBドライブの名前をMyInstallerに変更する必要があります。任意の名前を付けることができますが、MyInstallerという名前の場合は、次の手順で提供するコマンドをコピーして貼り付けるだけです。したがって、USBドライブを右クリックして、[情報を見る]を選択します。名前と拡張子のにある三角形をクリックします。[名前と拡張子]の下に新しく表示されたテキストボックスにMyInstallerという名前を入力します。完了したら、EnterキーまたはTabキーを押します

  1. これで、MyInstallerという名前の空のUSBドライブがあり、Macアップデート用のインストーラーファイルがダウンロードされているはずです。
  2. 長押しコマンド+スペースと入力し、ターミナルをスポットライトを押して入力し、端末があなたのために開く必要があります

  1. ドライブ名がMyInstallerの場合は、コマンド全体をコピーしてターミナルに貼り付けるだけです(手順5の手順に従った場合)。ドライブ名がMyInstallerと異なる場合は、MyInstaller名をUSBドライブ名に置き換える必要があります。
  2. 以下のコマンドのいずれかをコピーします。選択する必要のあるコマンドは、使用しているOSXまたはmacOSインストーラーによって異なります。

macOS HighSierraインストーラーのコマンドライン

sudo / Applications / Install \ macOS \ High \ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia –volume / Volumes / MyInstaller –applicationpath / Applications / Install \ macOS \ High \ Sierra.app –nointeraction

macOSSierraインストーラーのコマンドライン

sudo / Applications / Install \ macOS \ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia –volume / Volumes / MyInstaller –applicationpath / Applications / Install \ macOS \ Sierra.app –nointeraction

OS X ElCapitanインストーラーのコマンドライン

sudo / Applications / Install \ OS \ X \ El \ Capitan.app/Contents/Resources/createinstallmedia –volume / Volumes / MyInstaller –applicationpath / Applications / Install \ OS \ X \ El \ Capitan.app –nointeraction

OS XYosemiteインストーラーのコマンドライン

sudo / Applications / Install \ OS \ X \ Yosemite.app/Contents/Resources/createinstallmedia –volume / Volumes / MyInstaller –applicationpath / Applications / Install \ OS \ X \ Yosemite.app –nointeraction

OS XMavericksインストーラーのコマンドライン

sudo / Applications / Install \ OS \ X \ Mavericks.app/Contents/Resources/createinstallmedia –volume / Volumes / MyInstaller –applicationpath / Applications / Install \ OS \ X \ Mavericks.app –nointeraction

  1. ターミナルにコマンドを貼り付けた後、Enterキーを押します
  2. パスワードの入力を求められます。入力したパスワードとプレス注意:パスワードは画面(いなくても、アスタリスク)で表示されません。したがって、入力中に何も表示されなくても心配する必要はありません。パスワードを入力してEnterキーを押すだけです。
  3. ターミナルは、ドライブの内容を消去するための確認を求めます。確認するには、Y入力してEnterキーを押します
  4. これにより、コピープロセスが開始されます。システムはUSBの内容を消去し、ターゲットのUSBドライブへのファイルのコピーを開始します。このプロセスには時間がかかるため、他のアクティビティに参加することをお勧めします。
  5. プロセスが完了すると、端末に「完了」と書かれているのがわかります。その時点で起動可能なUSBドライブがあります。このドライブを使用してMacOSをインストールします
  6. USBドライブがシステムに接続されていることを確認してください
  7. Macを再起動します。Macが再起動を開始したら、Optionキーを右に押し続けます。スタートアップマネージャが表示されるまでキーを押し続けます
  8. スタートアップマネージャに入ると、ボリュームのリストが表示されます。リストからUSBドライブを選択します。マウスまたはトラックパッド、あるいは左右の矢印キーを使用して、リスト内を移動します。
  9. USBドライブを選択したら、ダブルクリックするか、Enterキーを押します
  10. インストーラーからのオプションのリストが表示されます。[ OS Xのインストール]を選択し、そこから最新のMacOSバージョンをインストールします

方法4:十分なディスク容量を確保する

最新バージョンのMacOSは、以前のバージョンよりも少し多くのスペースを必要とします。したがって、このバージョンをインストールまたは更新するときは、十分なディスク容量があることを確認してください。

方法5:応急処置を実行する

内蔵ドライブで応急処置を実行すると、多くのユーザーにも効果があるようです。これは、リカバリモードで使用可能なディスクユーティリティを介して実行できます。ディスクユーティリティを使用して、ディスクまたは損傷したボリュームの問題を診断および修正できます。内蔵ドライブで応急処置を実行するには、以下の手順に従ってください

  1. ホールドコマンドキーを押しRを使用すると、ボタンの順番を押したとき。Macを再起動する場合は、Macの再起動が開始されたら、コマンドキーを押しながらRキーを押します。Appleのロゴまたは回転する地球儀が表示されるまで、キーを押し続ける必要があります。注:通常のデスクトップが表示されている場合は、時間どおりにキーを押さなかったことを意味します。再起動して再試行する必要があります。
  2. Macがリカバリモードに入ると、macOSユーティリティウィンドウが表示されます。
  3. ディスクユーティリティを選択

  1. 応急処置を実行するボリュームを選択します。
  2. 応急処置をクリックします。

  1. [実行]をクリックします。これにより、検証と修復のプロセスが開始されます。ディスクユーティリティは、検出する可能性のある問題を自動的に修正します
  2. 完了したら、ディスクユーティリティを終了して再起動します。もう一度更新してみてください。