Windows10でデバイスマネージャーを開く方法

デバイスマネージャは、Windowsのすべてのバージョンで提供されるツールであり、その主な目的は、接続されているすべてのデバイスを識別することです。これにより、ユーザーはハードウェアドライバーに関連する管理タスクを実行できます。これを使用して、デバイスドライバーをインストール/アンインストールしたり、ハードウェアデバイスを追加したり、デバイスを有効/無効にしたりすることができます。デバイスマネージャを使用して、接続されているすべての既知のデバイスに関する重要な情報を表示することもできます。

デバイスマネージャにアクセスするにはどうすればよいですか?

デバイスマネージャにアクセスする方法はいくつかありますが、最も一般的な方法は次のとおりです。

  • スタート検索から:スタートメニューの下にある検索バーからデバイスマネージャーを簡単に開くことができます。
  • クイックアクセスメニューから:右クリックメニューからデバイスマネージャにアクセスすることもできます。
  • [ファイル名を指定して実行]ダイアログボックス:[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスでは、ユーザーがデバイスマネージャーを開くこともできます。
  • コマンドプロンプトを通じ:プロンプトのコマンドも、デバイスマネージャツールを実行するユーザーを可能にします。
  • システムプロパティを介して:システムプロパティには、デバイスマネージャのメニューにつながるショートカットがあります。
  • [管理]メニュー:[管理]メニューを使用して、デバイスマネージャーを開くこともできます。
  • コントロールパネル内コントロールパネルにアクセスしてデバイスマネージャーを開くこともできます。
  • Windows PowerShellを使用する場合:WindowsPowerShellを使用してデバイスマネージャーを開くこともできます。

方法1:[スタート]メニューの検索からデバイスマネージャーを開く

スタートメニュー検索を使用して、デバイスマネージャを簡単に開くことができます。

    1. 左下隅にある[スタート]ボタンをクリックして、[スタート]メニューを開きます。
    2. 次に、検索バーにデバイスマネージャー入力してEnterキーを押します。検索バーがない場合は、入力を開始するだけでバーが表示されます。これにより、デバイスマネージャツールが開きます。

方法2:クイックアクセスメニューからデバイスマネージャーにアクセスする

これは、昇格された管理者権限でデバイスマネージャを開くことができる唯一の方法です。

    1. Windowsでクイックアクセスメニューを開くには、[スタート]ボタンを右クリックするか、Windows + Xを押します。
    2. 次に、Shift + Ctrlキーを押しながらデバイスマネージャをクリックして、管理者権限で開きます。

方法3:[実行]ダイアログボックスからデバイスマネージャーを開く

[実行]ダイアログボックスを使用して、さまざまなディレクトリやさまざまなアプリケーションを開くこともできます。デバイスマネージャについても同じことができます。

    1. キーボードで、Windows + Rキーを押し、次に devmgmt.msc 入力して、Enterキーを押します。これにより、デバイスマネージャが起動します。

方法4:コマンドプロンプトからデバイスマネージャーにアクセスする

CMDには、デバイスマネージャーを開く機能もあります。

  1. キーボードで、Windows + Rキーを押してから、CMD入力しEnterキーを押します。これにより、コマンドプロンプトが開きます。
  2. コマンドプロンプトが画面に表示されたら、devmgmt.msc入力し、Enterキーを押してデバイスマネージャーを開きます。

方法5:システムのプロパティからデバイスマネージャを開く

    1. スタートメニューを開き、このPC 」と入力してEnterキーを押して開きます。
    2. 次に、任意の場所を右クリックし、[プロパティ]ボタンをクリックして、システムのプロパティを開きます。
    3. 次に、システムプロパティの左側のパネルにある[デバイスマネージャ]オプションを見つけます。それをクリックして、デバイスマネージャツールを開きます。

方法6:[管理]メニューからデバイスマネージャーにアクセスする

管理メニューを使用すると、デバイスマネージャに簡単にアクセスできます。

  1. デスクトップのこのPCショートカットを右クリックします。次に、[管理]をクリックします
  2. 次に、左側のパネルにある[デバイスマネージャ]ボタンを見つけてクリックします。これにより、デバイスマネージャが開きます。

方法7:コントロールパネルを使用してデバイスマネージャーにアクセスする

コントロールパネルからデバイスマネージャにアクセスすることもできます。

  1. クリックして、[スタート]メニューを開き、[スタート]ボタンを押して入力しコントロールパネルを、その後、Enterキーを押して入力し、それを開くことがキー。
  2. コントロールパネルが開いたら、[ハードウェアとサウンド]メニューをクリックします。
  3. 次に、[デバイスとプリンター]の下の[デバイスマネージャー]オプションをクリックします。これにより、デバイスマネージャーにアクセスできるようになります。

方法8:WindowsPowerShellを使用してデバイスマネージャーにアクセスする

他のすべてのオプションが機能していない場合、最後の手段はWindows PowerShellアプリケーションを使用してデバイスマネージャーを開くことです。これは、それを実行する方法です。

  1. [スタート]ボタンを右クリックし、クイックアクセスメニューから[ WindowsPowerShell ]ボタンをクリックします。
  2. PowerShellウィンドウが画面に表示されたら、devmgmt.msc 入力し、Enterキーを押してデバイスマネージャーを開きます。