修正:Windowsがアクティブ化できない後で再試行する

あるオペレーティングシステムから別のオペレーティングシステムへの切り替えは、常にある程度の献身を必要とするプロセスであり、それが多くの人々がそれを最後の最後まで延期する理由です。個人のファイルやアプリケーションを失う可能性があるため、すべてをバックアップする必要があるなどの事実に対処できません。

さらに、多くの人が自分のバージョンのWindowsをコンピューターにプリインストールして受け取り、OSの価格がPCの価格に計算されたため、自分でインストールしたり、追加のお金を払ったりする必要はありませんでした。OSをアップデートする人でさえ、以下のようなエラーに苦しむことがあります。

「Windowsをアクティブ化できません。あとでもう一度試してみてください。"

同様のメッセージが表示される理由はたくさんありますが、問題の原因はそれぞれ、横にあるエラーコードによって異なります。

たとえば、私たちが扱っているこの特定のエラーコードは、インターネット接続の障害が原因であるか、ウイルス対策やファイアウォールなど、Windowsの更新をブロックしているものがあります。この問題にはいくつかの解決策があるので、以下でそれらをチェックしてください。

解決策1:インターネット接続のトラブルシューティング

まず、Windowsのライセンス認証に干渉する可能性があるため、このプロセス中にウイルス対策ソフトウェアを無効にしてみることをお勧めします。また、WindowsDefenderとWindowsファイアウォールを無効にします。

  1. Windows Defenderを無効にするには、レジストリDWORDを開くときに「無効にする」オプションがないため、レジストリDWORDを使用するのが最も簡単です。
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Policies \ Microsoft \ Windows Defenderに移動し、DWORDキーを作成して、DisableAntiSpywareという名前を付けます。
  3. オフにするには、値を1に設定します。
  4. Windowsアクティベーションが終了したら、このキーに戻り、その値を0に設定します。

Windowsファイアウォールの無効化はかなり簡単で、レジストリの編集やコマンドプロンプトの使用は必要ありません。

  1. コントロールパネルを開き、ビューをアイコンに設定します。
  2. Windowsファイアウォールオプションを見つけてクリックします。
  3. 開くとすぐに、左側のペインに[Windowsファイアウォールをオンまたはオフにする]オプションが表示され、その横に管理者シールドアイコンが表示されます。
  4. それをクリックし、プライベートネットワーク設定とパブリックネットワーク設定の両方でラジオボタンを「Windowsファイアウォールをオフにする(非推奨)」に設定します。

ウイルス対策ソフトウェアの無効化は、通常、ウイルス対策ごとに異なりますが、かなり簡単なはずです。

これらの保護を無効にした後、実行する必要がある次のステップは、ネットワークのトラブルシューティングです。

  1. コントロールパネルを開き、ビューをアイコンに設定します。
  2. [ネットワークと共有センター]オプションを見つけてクリックします。
  3. 問題のトラブルシューティングオプションが表示されるはずです。
  4. それをクリックして、画面の指示に従います。トラブルシューティングは自動で行われ、問題を自動的に処理する必要があります。

IPアドレスを更新することでインターネット接続の問題のいくつかを修正するのに役立つコマンドプロンプトコマンドもいくつかあります。これにより、接続の問題のいくつかを解決できることが証明されます。

  1. コマンドプロンプトを検索し、管理者として実行します。
  2. 次のコマンドを次々に入力し、プロセスが完了するのを待ちます。

ipconfig / release

ipconfig / renew

今すぐWindowsをアクティブ化してみてください。

解決策2:電話でWindowsをアクティブ化する

これはWindowsの新機能であり、無料の電話でWindowsのコピーをアクティブ化できます。プロセスは比較的単純で、画面上の指示に従うことが含まれます。開始する前に、プロセスを簡単でエラーのないものにするためにできることがいくつかあります。

  1. 「コマンドプロンプト」を検索して右クリックし、「管理者として実行」を選択します。
  2. 次のコマンドをコピーまたは入力し、ダイアログボックスが表示されたら[はい]をクリックして、確認してください。

ネットストップsppsvc

  1. 次のコマンドをこの特定の順序で入力し、各コマンドがその処理を終了するまで待ちます。このプロセスには、それほど時間はかかりません。

cd%windir%\ ServiceProfiles \ NetworkService \ AppData \ Roaming \ Microsoft \ SoftwareProtectionPlatform

tokens.dattokens.barの名前を変更します

cd%windir%\ system32

ネットスタートsppsvc

  1. コマンドプロンプトを終了し、検索バーに引用符なしで「SLUI 04」と入力して、結果のみをクリックします。
  2. 国を尋ねる画面が表示されます。電話番号のためにあなたの実際の場所を選択してください。
  3. [電話でWindowsをアクティブ化する]オプションを選択し、画面に表示される番号に電話をかけます。
  4. 何も押さないで、誰かがあなたを助けてくれるのを待ってください。
  5. 画面のステップ2にリストされている番号を入力するように求められます。
  6. そうすれば、サポート担当者から確認IDが届きます。混乱を避けるために、確認IDを読み返す必要があります。
  7. すべての数字を入力したら、[アクティブ化]をクリックします。
  8. Windowsが正常にアクティブ化されたかどうかを確認するには、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスに「slui.exe」と入力します。

(これらの修正はWindows 8および8.1にリストされていますが、Windows 10にも適用されます)