アバストがメールに署名を追加しないようにする

アバストは最も人気のあるウイルス対策ソフトウェアの1つであり、多くの機能が組み込まれています。その1つは、送信メールに署名を自動的に埋め込むセキュリティです。

アバストは、その製品をプッシュし、取り除くのをより困難にすることで有名です。アバストには、送信するすべての電子メールに署名を付けて自動的に署名するという新しい問題があります。これは彼らの側ではマーケティングのトリックのように見えますが、アプリケーションが自動的にテキストを電子メールに追加するのを見るのは非常に面倒です。

そのため、この記事では、アバストの署名をメールから完全に削除し、今後自動的に挿入されないようにします。

アバストメールの署名を削除する方法は?

アバストによって挿入された電子メール署名は、特定の設定を調整して再構成することで削除できます。それを行うには:

  1. システムトレイの「アバスト」アイコンを右クリックし、アバストユーザーインターフェイスを開く」を選択します
  2. 「メニュー」ボタンをクリックし、設定」アイコンを選択します。
  3. 左上隅の「一般タブ」をクリックします。
  4. 「アバストメール署名を有効にする」オプションのチェックを外します。
  5. 「OK」をクリックして終了し、デスクトップに戻ります。
  6. 電子メールの署名が電子メールに含まれているかどうかを確認してください。

署名がまだ存在する場合は、以下のガイドに従ってください。

  1. システムトレイの「アバスト」アイコンを右クリックし、アバストユーザーインターフェイスを開く」を選択します
  2. 「メニュー」ボタンをクリックし、設定」アイコンを選択します。
  3. 「アクティブ保護」オプションをクリックします。
  4. [メールシールド]オプションの横にある[カスタマイズ]ボタンを選択します。
  5. 「動作」アプリをクリックし、メモをクリーンメッセージに挿入(送信)」オプションのチェックを外します。
  6. 「OK」をクリックして終了し、デスクトップに戻ります。
  7. 署名は完全に削除されます