HughesNet使用量メーターJavaScriptエラー

一部のWindowsユーザーは、HughesNet Usage Meterアプリが問題なくシステムにインストールされているにもかかわらず、ステータスメーターにアクセスしようとするたびに、「メインプロセスでJavaScriptエラーが発生しました(構成ファイルの受け渡しエラー)」と報告しています。

結局のところ、メインプロセス(構成ファイルの受け渡しエラー)の問題でJavaScriptエラーが発生する原因となる可能性のあるいくつかの異なる原因があります 

  • インストールの破損結局のところ、インストールの破損が原因で、またはセキュリティスイートがHughesNet Usage Meterアプリに属する​​一部のアイテムまたは依存関係を検疫した後に、この問題が発生することが予想されます。このシナリオが当てはまる場合は、現在のアプリをアンインストールしてから、公式Webサイトから入手可能な最新バージョンをインストールすることで問題を修正できるはずです。
  • 一貫性のないAppData– HughesNet Usage Meterアプリの再インストールの間に同じ問題が続く場合は、AppDataフォルダーに保存されている一時ファイルを選択することで問題が発生している可能性があります。このケアでは、これらの一時ファイルをクリアすると問題が解決します。
  • Java環境の再インストール–影響を受ける一部のユーザーが確認しているように、この問題は、現在のJavaインストールの問題によっても促進される可能性があります。このシナリオが当てはまる場合は、JDK環境全体を再インストールして、この問題の原因となる可能性のある不整合がないことを確認することで、問題を修正できます。

方法1:アプリケーションを再インストールする

影響を受けるユーザーの大多数が報告しているように、この問題は、アプリケーションのコーディング方法との不一致が原因で発生します。Javascriptを使用する内部ファイルが不良であるためにエラーメッセージが表示されるため、Java環境とは関係ありません。

幸い、影響を受けた一部のユーザーは、アプリケーションを再インストールし、インストールの間に残ったファイルもすべてクリーンアップすることで、問題を修正できたことを確認しています。

このシナリオが当てはまる場合は、以下の手順に従ってアプリケーションを再インストールしてください。

  1. 押してWindowsキー+ Rを開くためにファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを。次に、「appwiz.cpl」入力し、Enterキーを押して、プログラムと機能のアプリを開きますUAC(ユーザーアカウント制御)によってプロンプトが表示された場合は、[はい]をクリックして管理者アクセスを許可します。
  2. プログラムと機能ツールに入ったら、インストールされているアプリケーションのリストを下にスクロールして、HughesNet UsageMeterアプリを見つけます。表示されたら、右クリックして、新しく表示されたコンテキストメニューから[アンインストール]を選択します。
  3. アンインストール画面内で、画面の指示に従ってアンインストールプロセスを完了します。一時データの削除を求められた場合は、必ず同意してください。
  4. アンインストール手順が完了したら、コンピューターを再起動し、次の起動が完了するのを待ちます。
  5. コンピューターが起動したら、このリンク(ここ)にアクセスして、アプリの最新バージョンをダウンロードします。
  6. ダウンロードが完了したら、インストーラーをダブルクリックし、UACプロンプトで[はい]をクリックして、インストールが完了するのを待ちます。
  7. インストールが完了したらすぐに、HughesNet Usage Meterアプリを開き、タスクバーメニューからメインインターフェイスを表示しようとしたときに同じJavaScriptエラーが発生するかどうかを確認します。

「メインプロセスでJavaScriptエラーが発生しました」 エラーを引き続き処理している場合は、以下の次の潜在的な修正に進んでください。

方法2:AppDataフォルダーをクリアする

最初の方法が機能しなかった場合、次のステップは、Usage MeterアプリのAppDataフォルダーにアクセスし、その内容をクリアして、JavaScriptエラーの出現に寄与する可能性のある一時ファイルがないことを確認することです。構成ファイルの受け渡しの問題。

ただし、このアプリケーションに関連する一時データを保持するフォルダーはデフォルトで非表示になっているため、最初に表示する必要があります。ただし、そうしてHughesNet Usage Meterディレクトリの内容をクリアした後、問題を解決する必要があります。

以下の手順に従って、HughesNet UsageMeterアプリのAppDataフォルダーをクリアします。

  1. HughesNetステータスメーターが完全に閉じている(バックグラウンドで実行されていない)ことを確認します。
  2. オープンファイルエクスプローラマイコンピュータ、古いバージョンの)とをクリックして表示上部のリボンバーからタブ。
  3. [表示]設定が表示されたら、[非表示アイテム]に関連付けられているボックスがオンになっていることを 確認します。

  4. 今、あなたが作ったことを隠しアイテム見える、使用ファイルエクスプローラ(マイコンピュータ)は、次の場所に移動します:
    C:\ Users \ *ユーザー名* \ AppData \ Roaming \

    注:*ユーザー名* は単なるプレースホルダーであることに注意してください。自分のマシン名に置き換えてください。

  5. Roamingフォルダーに入ったら、HughesNet UsageMeterをダブルクリックします。 中に入ると、Ctrl + Aを押してすべてを選択し、選択した項目を右クリックして、コンテキストメニューから[削除]を選択します。
  6. HughesNet Usage Meterアプリケーションをもう一度起動し、問題が解決したかどうかを確認します。

それでも同じエラーメッセージが表示される場合は、以下の次の潜在的な修正に進んでください。

方法3:Java環境を再インストールする

2つの方法がうまくいかなかった場合、対処している問題は、HughesNet UsageMeterプログラムが使用しているJavaインストールに実際に起因している可能性があります。同じ問題が発生している影響を受けた一部のユーザーは、Java環境全体を再インストールした後、問題を修正できたことを確認しました。これは、Javaインストールとの不整合が原因で問題が発生したことを示しています。

このシナリオが現在の状況に当てはまる場合は、以下の手順に従ってJava環境を再インストールしてください。

  1. 押してWindowsキー+ Rを開くためにファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを。次に、「appwiz.cpl」入力し、Enterキーを押して、[プログラムと機能]メニューにアクセスします。
  2. [プログラムと機能]メニューが表示されたら、インストールされているアプリケーションのリストを下にスクロールして、現在のJavaインストールを見つけます。表示されたら、右クリックして、新しく表示されたコンテキストメニューから[アンインストール]をクリックします。
  3. アンインストール画面内で、画面の指示に従ってこのプロセスを完了し、コンピューターを再起動して、次の起動が完了するのを待ちます。
  4. コンピュータが起動した後、お好みのブラウザからこのリンク(ここ)にアクセスし、[同意して無料ダウンロードを開始 ]ボタンをクリックします。
  5. ダウンロードが完了したら、JavaSetupインストーラーをダブルクリックし、画面の指示に従って最新バージョンのJavaをインストールします。
  6. 操作が完了したら、コンピュータを再起動して、次回のシステム起動時に問題が解決するかどうかを確認します。
タグjavascriptエラー