'HDCPUnauthorizedを修正しました。Rokuでのコンテンツ無効化エラー

「HDCPUnauthorized。「コンテンツが無効です」エラーがRokuでストリーミングしようとしているときに表示されます。これは通常、デバイスとテレビ間の接続の障害が原因です。障害は通常、テレビのHDMI接続にあります。

「HDCPUnauthorized」の原因。Rokuで「コンテンツが無効になっています」エラー?

根本的な原因は次のとおりです。

  • HDMIケーブル: プレーヤーとテレビのHDMI接続エラーが原因でエラーが発生する場合があります。時間の経過とともに、テレビの特定のポートが故障して特定の接続で機能しなくなったり、電気サージのためにケーブルが機能しなくなったりする場合があります。
  • HDMIスイッチ: 多くの人が「HDMIスイッチ」と呼ばれるデバイスを使用しています。これにより、プレーヤーとテレビの間の距離を広げて、プレーヤーをルーターに近づけることができます。ただし、この「HDMIスイッチ」ボードが故障している可能性があり、それがこのエラーがトリガーされている理由である可能性があります。
  • HDCPのサポート: 場合によっては、接続しようとしているテレビがHDCP形式の送信をサポートしておらず、HDCPエラーが発生することがあります。Rokuプレーヤーを使用してコンテンツをストリーミングする場合は、テレビがこれをサポートしていることが非常に重要です。テレビのマニュアルに連絡して、この機能がテレビでネイティブにサポートされていることを確認してください。
  • サポートされていないディスプレイタイプ: ストリーミングしようとしているディスプレイ設定がテレビでサポートされておらず、このエラーがトリガーされる可能性があります。すべてのテレビには、サポートする最大解像度の制限と最大リフレッシュレートの制限があります。この制限がRokuプレーヤーによってプッシュされている場合、サポートがないためにエラーが表示されることがあります。

重要なヒント: 最初に、テレビへの接続に使用しているHDMIケーブルを変更して、正しく機能していることを確認することをお勧めします。

解決策1:HDMIポートの変更

このエラーの背後にある最も一般的な理由は、特定のポートの枯渇であり、プレーヤーをテレビに接続するために使用しているポートを変更すると、問題が解決するようです。これは、時間の経過とともに特定のポートがグリッチ/バグを起こしやすくなり、一時的に機能しなくなる可能性があるためである可能性があります。この場合、ストリーミングしようとしているポートをいつでも切り替えることができます。

解決策2:表示タイプの変更

エラーがトリガーされているため、Rokuプレーヤーで使用されている表示モードがテレビでサポートされていない可能性があります。モードがテレビの能力を超えている場合、ストリームは続行されませんが、モード構成を変更することにより、ストリームを開始することができます。そのために:

  1. Rokuプレーヤーの「設定」に移動します。
  2. 選択して「表示タイプ」オプションを選択します。
  3. テレビでサポートされているディスプレイを選択し、

    注:テレビが入ったボックスをチェックするか、オンラインで仕様を検索することにより、サポートされている最大表示サイトを確認できます。

  4. 「OK」を選択してストリームを再開します
  5. 問題が解決しないかどうかを確認してください。