OneDriveの「アップロードがブロックされました」エラーを修正する方法は?

「アップロードがブロックされましたに遭遇した後、何人かのWindowsユーザーから質問が寄せられています。OneDriveアカウントでホストされているMicrosoftOfficeファイルを操作しようとすると、「サインインする必要があります」というエラーが表示されます。ほとんどの場合、[サインイン]ボタンをクリックしてサインインプロセスを完了すると、同じエラーメッセージが表示された新しいプロンプトのみが生成されます。この問題はWindows10だけで発生するわけではありませんが、ユーザーレポートの頻度はWindows7およびWindows8.1よりもはるかに高くなっています。

何が原因だ「アップロードがブロックされました。サインインする必要があります」エラー?

この特定の問題を調査するために、さまざまなユーザーレポートと、ユーザーがこの問題を修正するために使用したいくつかの修復戦略を調べました。結局のところ、いくつかの異なるシナリオでこの「アップロードがブロックされました」エラーが発生します。責任があると思われる犯人の候補リストは次のとおりです。

  • OneDriveの不具合–この継続的なポップアップは、Windows 10でのみ発生することが知られているよく知られたOneDriveの不具合が原因で発生する可能性があります。ただし、Microsoftは、WindowsUpdateを通じてリリースされた修正プログラムを介してこの問題にパッチを適用しています。ホットフィックスを利用するには、マシンにインストールするために現在キューにある保留中のWindowsUpdateをすべてインストールしてください。
  • Officeは同期操作に関与していません結局のところ、この問題は、親OfficeアプリケーションがOneDriveでホストされているファイルの同期に参加することを許可されていない場合に発生する可能性があります。このシナリオが当てはまる場合は、Officeファイルを同期する必要があるときにOfficeアプリを使用するようにOneDriveインストールを構成することで、問題を解決できます。
  • 保存された資格情報が正しくない資格情報が正しく保存されていないために、OneDriveがサインアップを要求し続けるために、このエラーが表示される可能性もあります。この場合、この問題の影響も受けた複数のユーザーが、資格情報マネージャーを介して保存された資格情報を削除し、再度追加することで問題を解決しました。
  • グリッチリンクされたOneDriveアカウント–これを引き起こす動作を特定することはできませんが、OneDriveアカウントが不安定な状態でスタックしている場合にも、ポップアップが繰り返し発生する可能性があるようです。この場合、修正はPCからOneDriveアカウントのリンクを解除し、再度追加するだけです。
  • Microsoft Office Upload Centerでキャッシュされていないデータ–この問題が発生するもう1つの例は、Office UploadCenterによってキャッシュされたデータ内の破損を処理している場合です。このシナリオが当てはまる場合は、Officeアップロードセンターの[設定]メニューからキャッシュされたファイルを削除することで、問題を解決できるはずです。
  • IDキーに不正な値が含まれている–コンピューターが参加済みドメインの一部である場合、OneDriveによるアカウントの検証を妨げている1つ以上の破損したレジストリ値が原因で、常にポップアップが表示される可能性があります。この場合、レジストリエディタを使用して問題の原因となっているキーを削除すると、問題が無期限に解決されます。

現在、「アップロードがブロックされましを解決する方法を探している場合「サインインする必要があります」 ポップアップ。この記事では、検証済みのトラブルシューティング戦略をいくつか紹介します。以下に、同様の状況にある他のユーザーが問題を永久に解決するために正常に使用した潜在的な修正のコレクションを示します。

可能な限り効率を維持したい場合は、以下の潜在的な修正を、(重大度と効率の観点から)配置したのと同じ順序で実行することをお勧めします。最終的には、特定のシナリオで問題を解決する方法を見つけるでしょう。

さぁ、始めよう!

方法1:保留中のすべてのWindowsUpdateをインストールする

結局のところ「アップロードがブロックされました。サインインする必要があります」 ポップアップは、Microsoftによってパッチが適用されてからOneDriveの不具合が原因で表示されることもあります。ただし、マシンが最新でない場合は、修正プログラムを利用できません。

この不具合の影響を受けている何人かのユーザーは、保留中のすべてのWindows Updateをインストールすることで、問題を解決することができました。OneDriveはMicrosoftCorp。によって開発されているため、アプリの更新はWU(Windows Update)によって処理されます。

これは、「アップロードがブロックされましを解決するためにすべてのWindowsUpdateをインストールするためのクイックガイドです。サインインする必要があります」 ポップアップエラー:

  1. Windowsキー+ Rを押して、[実行]ダイアログボックスを開きます。次に、タイプ「MS-の設定:windowsupdate」 を押して入力開くために、Windows Updateののタブ設定アプリを。
  2. [Windows Update]タブに入ったら、右側のペインに移動して、[更新の確認]をクリックします。これを行った後、最初のスキャンが完了するのを待ちます。
  3. スキャンが完了したら、推奨されるすべてのアップデートのインストールに進みます。画面の指示に従って、1つずつインストールします。

    注:保留中のすべての更新をインストールする前に再起動するように求められた場合は、再起動してください。ただし、次回の起動時に必ず同じウィンドウに戻って、すべての更新プログラムのインストールを完了し、Windowsビルドを最新の状態にしてください。

  4. すべてのアップデートがインストールされたら、コンピュータをもう一度再起動し、次回のシステム起動時にエラーが解決されるかどうかを確認します。

同じ「アップロードがブロックされた場合サインインする必要があります」 ポップアップエラーが引き続き発生する場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法2:Officeを使用してOfficeファイルを同期する

これは、この特定の問題に対する最も一般的な修正です。影響を受ける多くのユーザーが報告しているように、Word、Excel、Powerpointなどで作成されたファイルを同期する必要があるときにOfficeに依存するようにOneDriveを構成することで、問題を解決できました。

この小さな調整は、Windows 10に最新のOneDriveバージョンがあることを条件に、多くのユーザーによって効果的であることが確認されました。この変更を行ってコンピューターを再起動した後、ほとんどの影響を受けるユーザーは、ポップアップが発生しなくなったと報告しています。彼らはOneDriveでホストされているファイルを同期しようとしました。

これは、「アップロードがブロックされましを修正するために必要なことのクイックガイドですサインインする必要がありますエラー:

  1. OneDriveサービスが開いていることを確認してから、OneDriveのタスクバーアイコンを1回クリックします。
  2. OneDriveメニューが表示されたら、[その他]をクリックし、新しく表示されたコンテキストメニューから[設定]をクリックします。
  3. Microsoft OneDriveメニュー内で、上部の水平メニューから[ Office ]タブを選択します。
  4. 次に、[ Office ]タブ内で、[ Officeアプリケーションを使用して開いているOfficeファイルを同期する]に関連付けられているチェックボックスをオンにします。
  5. 新しく表示された[同期の競合]メニューから、[変更をマージするか、両方のコピーを保持するかを選択させてください ]を選択し 、[ OK ]をクリックして変更を保存します。
  6. コンピューターを再起動して最近行った変更を適用し、次の起動シーケンスが完了しても問題が引き続き発生するかどうかを確認します。

それでも同じ「アップロードがブロックされました」が表示される場合。「サインインする必要があります」というエラーが表示されたら、次の方法に進んでください。

方法3:資格情報マネージャーを介してOffice資格情報を削除する

この問題の解決に苦労していた他のユーザーは、迷惑な「アップロードがブロックされました。CredentialManagerを使用してMicrosoftOfficeデータを削除した後、「サインインする必要があります」というポップアップは表示されなくなりました。

そうしてコンピューターを再起動した後、サインインプロセスをもう一度完了するように求められました。しかし、そうした後、ポップアップは表示されなくなりました。これは、この問題は、資格情報マネージャーによって保存された破損した資格情報のインスタンスが原因である可能性が非常に高いことを示しています。

これは、「UploadBlocked」を生成している不整合を取り除くためにCredentialManagerレコードを削除するためのクイックガイドです。サインインする必要がありますエラー

  1. 押してWindowsキー+ Rは、ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。次に、「control」入力し、Enterキーを押して、従来のコントロールパネルインターフェイスを開きます。
  2. 従来のコントロールパネルインターフェイスに入ったら、画面の右上のセクションにある検索機能を使用して、「資格情報マネージャー」を検索します。次に、新しく表示された結果から資格情報マネージャーをクリックします。
  3. 資格情報マネージャーに入ったら、画面の上部から[ Windows資格情報]を選択し、保存したすべての資格情報でMicrosoftOfficeについての言及がないか調べます。
  4. Microsoft Officeに関するすべての言及を展開し、[削除]ハイパーリンクをクリックして削除します。資格情報マネージャー内にそのような資格情報が保存されなくなるまで、MicrosoftOfficeについて言及するたびにこれを実行します。
  5. 結局、資格情報が削除されたので、コンピューターを再起動して、次回のシステム起動時に問題が解決するかどうかを確認してください。

「アップロードがブロックされた場合サインインする必要があります」ポップアップが表示され続ける場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法4:OneDriveアカウントのリンクを解除する

いくつかの異なるユーザーレポートから判断すると、この問題は、現在PCにリンクされているOneDriveアカウントに現在いくつかのグリッチデータが含まれている場合にも発生する可能性があります。このような場合、アカウントを再度追加する前にアカウントのリンクを解除すると、ほとんどの場合、問題が解決するはずです。

この問題に直面していた何人かのユーザーは、この方法で「アップロードがブロックされましを取り除くことができることを確認しました「サインインする必要があります」 ポップアップエラー。

OneDriveアカウントをPCからリンク解除して再度追加する手順を説明したクイックガイドは、次のとおりです。

  1. OneDriveサービスが開いていることを確認してから、OneDriveタスクバーアイコン(右下隅)をクリックし、[その他]> [設定]をクリックします。
  2. Microsoft OneDriveのメインメニュー内で、水平メニューから[アカウント]タブを選択し、[このPCのリンクを解除]をクリックして現在のアカウントを削除します。
  3. 次に、確認プロンプトで[アカウントのリンクを解除]をクリックして、アカウントを削除します。
  4. コンピューターを再起動して、サインアウトプロセスを完了します。
  5. 次回のコンピューターの起動時に、OnePlusを再度開き、電子メールとパスワードを挿入して、アカウントをPCにもう一度リンクします。
  6. 以前に「アップロードがブロックされましを引き起こしていたアクションを繰り返します。「サインインする必要があります」 ポップアップエラーを表示し、問題が解決したかどうかを確認します。

それでも同じ問題が発生する場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法5:MicrosoftOfficeアップロードセンターのキャッシュファイルを削除する

破損に対処している場合に機能する別の修正は、Officeアップロードセンターに属するキャッシュされたファイルをクリアすることです。結局のところ、この問題は、OneDriveとの同期プロセスに関与するOfficeアプリケーションをアップロードしようとしたときにWindows UpdateCenterが不安定な状態でスタックしている場合にも発生する可能性があります。

この問題の解決にも苦労していた何人かのユーザーは、Microsoft Office Upload Centerの設定にアクセスし、キャッシュされたデータファイルを削除することで解決できました。そうしてコンピュータを再起動した後、影響を受けた一部のユーザーは、「アップロードがブロックされました。サインインする必要があります」 ポップアップエラーは完全に解決されました。

MicrosoftOfficeアップロードセンターに属するキャッシュデータを削除するためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. Windowsキーを押してスタートメニューを開き、「officeupload」と入力し始めます。次に、結果のリストから、Office UploadCenterの検索結果をクリックします。
  2. アップロードセンター画面が表示されたら、[設定]メニューをクリックします。
  3. Microsoft Office Upload Center設定内で、[キャッシュ設定] セクションまで下にスクロールし、[キャッシュファイルの削除]をクリックして、Office UploadCenterに関連付けられているすべての一時ファイルを削除します。
  4. 次に、確認プロンプトで、[キャッシュされた情報の削除]をクリックし、プロセスが完了するのを待ちます。
  5. 操作が完了したら、コンピューターを再起動し、次回のコンピューターの起動時に問題が解決するかどうかを確認します。

    同じ「アップロードがブロックされた場合サインインする必要があります」 この操作を実行した後もポップアップエラーが引き続き発生する場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法6:レジストリエディタを使用してIDキーを削除する

結局のところ「アップロードがブロックされました。サインインする必要があります」 ポップアップエラーは、破損したID値に関連する不整合が原因で発生することもあります。この問題は、ドメインネットワークに参加しているコンピューター間で非常に一般的です。

同様の問題が発生した一部のユーザーは、レジストリエディタを使用して破損したキーに手動で移動し、それらを削除して問題を解消することで、問題を修正することができました。これを実行してコンピューターを再起動すると、この問題が発生した大多数のユーザーが問題を解決しました。

レジストリエディタを使用してIDキーを削除し、「アップロードがブロックされましを解決するためのクイックガイドを次に示しますサインインする必要があります」 ポップアップエラー:

  1. 押してWindowsキー+ Rは、ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。次に、「regedit」入力しCtrl + Shift + Enter を押して、管理者権限でレジストリエディタを開きます。あなたが見るときにUAC(ユーザーアカウント制御)をクリックして、プロンプトはい管理者権限を付与します。
  2. レジストリエディタに入ることができたら、左側のメニューを使用して次の場所に移動します。
    HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Office \ 16.0 \ Common \ Identity \ Identity 

    :場所をナビゲーションバーに直接貼り付けて、すぐにそこに移動することもできます。

  3. 正しい場所に移動したら、左側のメニューから[ID]キーを右クリックし、新しく表示されたコンテキストメニューから[削除]を選択します。
  4. IDフォルダー全体が削除されたら、レジストリエディターを閉じて、コンピューターを再起動します。
  5. 次回の起動時に、「アップロードがブロックされているかどうかを確認します。「サインインする必要があります」 ポップアップエラーは、以前に問題を引き起こしていたアクションを繰り返すことで解決されました。