修正:Windows10自体が非アクティブ化されました

多くの人が、自分のバージョンのWindowsが自動的に非アクティブ化されるケースに出くわします。このケースは、バージョンを8.1から10にアップグレードするとき、コンピューターに変更を加えるとき、最近の更新プログラムをインストールするとき、またはKMSソフトウェアを使用しているときなど、さまざまな状況で発生します。

Windowsは、バグ修正を対象としてユーザーエクスペリエンスを向上させるために頻繁な更新を展開することはよく知られていますが、Windowsのバージョンが正当であり、矛盾がないかどうかを確認するセキュリティ更新も展開します。この問題の回避策は、それぞれのケースが異なり、ここで再現できないため、異なります。そうは言っても、すべてのKMSユーザーは記事の一番下までスクロールして、自分を対象としたソリューションを確認する必要があります。

注: Windowsの購入に関する詳細を示すMicrosoftからの電子メールがある場合は、おそらくすでにライセンスキーがあります。これを使用してWindowsをアクティブ化します。

解決策1:ライブのMicrosoftエージェントに相談する

Windowsを起動することができない場合場合でも、あなたが正式に過去にライセンスを購入している、あなたはあなたのための問題を解決するには、Microsoftライブエージェントに連絡することができます。この問題がいかなる回避策によっても解決できなかった多くのケースがいたるところに存在しました。

注: Windowsの公式バージョンの購入を証明する注文IDまたは参照番号を持っていることを確認してください。

  1. マイクロソフトの公式サポートWebサイトにアクセスし、[開始]をクリックして、ライブエージェントと通信するプロセスを開始する必要があります。

  1. 最初は、ライブエージェントと直接話すことはできません。ライブエージェントと話すかどうかを仮想アシスタントが尋ねるポイントに到達するまで、トラブルシューティングのプロセスを実行する必要があります。

  1. 「人と話す」と言って会話を始めます。問題を少し詳しく説明するように求められます。仮想アシスタントが問題が解決したかどうかを尋ねるまで、エラーメッセージを説明することから始めます。「いいえ」をクリック/入力します。これで、実際の人と話すオプションが表示されます。リンクをクリックします。

  1. 主に[チャット]をクリックする必要がありますが、[コールバック]を選択することもできます(可能な場合)。マイクロソフトの担当者があなたの番号に電話をかけて返信します。

  1. チャットを開始する前に、Microsoftアカウントの資格情報を入力する必要があります。必要なデータを入力し、画面の指示に従います。

解決策2:インターネット接続が機能していることを確認します

Windowsは現在、デジタルライセンスを使用して、オペレーティングシステムとソフトウェアの本格的な再配布を実装しています。Windowsがサーバーと適切に通信できないために、インターネット接続が機能していない可能性があります。インターネット接続がアクティブになっていることを確認し、数日待ってから問題が解決するかどうかを確認してください。

エラーをそのままにして、エラーメッセージが自動的に消えてしまうケースが多々ありました。数日間作業を続けてください。しかし、エラーがかなり長い間存在している場合、それはここにとどまり、以下にリストされている他の解決策を進めることができることを意味します。

解決策3:コマンドプロンプトの使用

ライセンス版のWindowsを使用しているのにエラーが発生する場合は、コマンドプロンプトでコマンドを実行してプロダクトキーを表示してみてください。プロダクトキーが表示されたら、それをコピーしてWindowsの設定に貼り付けてアクティブ化できます。このソリューションを実行するには、インターネット接続が機能している必要があることに注意してください。

  1. Windows + Sを押し、「コマンドプロンプト」と入力し、アプリケーションを右クリックして、「管理者として実行」を選択します。
  2. 管理者特権のコマンドプロンプトが表示されたら、次のコマンドを実行します。

wmic path SoftwareLicensingService get OA3xOriginalProductKey

  1. 後で使用できるように、プロダクトキーをコピーします。次に、Windows + Sを押し、ダイアログボックスに「設定」と入力してアプリケーションを開きます。
  2. 左側のナビゲーションペインにある「アクティベーション」をクリックし、「プロダクトキーの変更」をクリックします。

  1. コマンドプロンプトを使用して、見つけたばかりのプロダクトキーを入力し、Enterキーを押します。アクティブなインターネット接続があることを確認し、Windowsにキーを確認させます。

解決策4:Windowsソフトウェアライセンス管理ツールの使用

Windowsには、ユーザーが自分のバージョンのWindowsが永続的または一時的にアクティブ化されているかどうかを確認するのに役立つソフトウェアライセンス管理ツールがプリロードされています。さらに、ツールにWindowsを再評価させ、アクティブ化されているかどうかを確認することもできます。このエラーがランダムに発生した場合は、コンピューターにアクティベーションのステータスを再度確認させることができます。

  1. Windows + Sを押し、ダイアログボックスに「コマンドプロンプト」と入力し、アプリケーションを右クリックして[管理者として実行]を選択します。
  2. 管理者特権のコマンドプロンプトが表示されたら、次のコマンドを実行します。

slmgr –rearm

  1. プロセスが完了し、確認メッセージが表示されるのを待ちます。コンピュータを再起動し、目前の問題が解決したかどうかを確認します。

解決策5:Microsoftアカウントを使用する

Microsoftアカウントではなく、Windowsでローカルアカウントを使用している場合にも、エラーメッセージが表示されることがあります。ローカルアカウントは、Microsoftアカウントに関連付けられていないアカウントです。公式ウェブサイトを使用して、Microsoftアカウントを無料で作成できます。すでにMicrosoftアカウントをお持ちの場合は、指示に従ってアカウントをコンピューターに追加してください。

  1. Windows + Sを押し、ダイアログボックスに「設定」と入力して、アプリケーションを開きます。
  2. [設定]に移動したら、[アカウント]のサブカテゴリをクリックします。

  1. メールとアプリのアカウント」をクリックします。次に、「Microsoftアカウントの追加選択して、それに応じてアカウントを追加できるようにします。

  1. 資格情報の入力を求める新しいウィンドウがポップアップ表示されます。画面の指示に従って、Microsoftアカウントを追加します。

  1. アカウントの関連付けが完了したら、現在のアカウントからサインアウトし、コンピューターを再起動して、Microsoftアカウントにログインします。次に、目前の問題が解決したかどうかを確認します。

解決策6:Windows VMの削除と再インストール(Macユーザーの場合)

公式の仮想マシンソフトウェア(Bootcamp)を使用してMacデバイスでWindowsを使用している場合は、Windowsをアンインストールしてみてください。古いメディアはエラーを引き起こすことがあるため、新しいインストールメディアを使用してBootcampからWindowsを再度インストールすることを検討することをお勧めします 

注: このバージョンのWindowsをMacデバイスからアンインストールする前に、すべてのデータをバックアップしてください。デバイスにWindowsを再インストールする必要があるため、保存されているすべての情報/データが失われます。

  1. 「開くユーティリティ」フォルダを「をクリックしてBoot Campアシスタント」。
  2. Windows7以降のバージョンを削除する」をクリックします。
  3. 画面の指示に従ってプロセスを完了します。これで、Macはデータの消去を開始し、最終的にWindowsをアンインストールします。
  4. Windowsが正常にインストールされたら、正しく再インストールできます。

解決策7:KMSユーザー向け(1709アップデート後)

コンピューターに正規版のWindowsがインストールされていない場合は、KMSソフトウェアを使用します。これまで、KMSは問題なく動作し、問題は発生せず、実際にWindowsの正規のコピーを実行しているように見えました。ただし、最近1709の更新後、Software ProtectionによるCPU使用率の高さや、Windowsがアクティブ化されていないというエラーメッセージなどの奇妙な症状が見られます。さらに、コンピュータの再起動に時間がかかり、一部の機能が実行されない可能性があります。

マイクロソフトは最終的にソフトウェアに追いつき、限界点を開発したようです。この場合は、ありません何の代替のいずれかにより(この時点で)Windowsのバージョンを復元し、無効にアップデート保つあなたは1709年アップデートを過ぎて取得しないように、またはWindowsの正式なコピーを購入します

注:まれに、エラーメッセージを抑制できる場合がありますが、SoftwareProtectionのCPU /ディスク使用率が高くなることはなくなりません。これを解決するには、イベントビューアにアクセスし、エントリを無効にするか削除して、KMSイベントを永続的に無効にします。このようにして、エラーメッセージは引き続き表示されますが、ディスク使用率が高い、または一部の機能が機能しないという問題に対処する必要はありません。

解決策8:最後の復元ポイントからの復元

上記のすべての方法が機能しない場合は、Windowsを最後の復元ポイントに復元する以外に選択肢はありません。過去に復元ポイントを作成した場合にのみ、Windowsを復元できます。復元することで、オペレーティングシステムに問題がなかった時点にロールバックします。この方法は、アップデートをインストールするとエラーメッセージが表示された場合にのみ有効です

注:このソリューションを実行する前に、必ずデータをバックアップしてください。万が一に備えて、外付けハードドライブまたはUSBを使用してすべての重要なファイルを保存してください。

最後の復元ポイントからWindowsを復元する方法は次のとおりです。

  1. Windows + Sを押して、スタートメニューの検索バーを起動します。ダイアログボックスに「restore」と入力し、結果が表示される最初のプログラムを選択します。

  1. 復元設定になったら、ウィンドウの最初の[システム保護]タブにある[システムの復元]を押します。

  1. これで、ウィザードが開き、システムを復元するためのすべての手順をナビゲートします。[次へ]を押して、以降のすべての手順に進みます。

  1. 次に、使用可能なオプションのリストから復元ポイントを選択します。複数のシステム復元ポイントがある場合は、ここに一覧表示されます。

  1. これで、Windowsは、システムの復元プロセスを開始する前に、最後にアクションを確認します。万が一に備えて、すべての作業を保存し、重要なファイルをバックアップして、プロセスを続行してください。

  1. 正常に復元したら、システムにログインして、手元のエラーが修正されたかどうかを確認します。

注:ライセンスキーが手元にあり、それでも上記の方法を使用してWindowsをアクティブ化できない場合は、Windowsのクリーンインストールを検討し、最初にライセンスキーを入力する必要があります。起動可能なメディアを作成する方法についての記事を確認してください。Microsoftのメディア作成ツールを使用する方法とRufusを使用する方法の2つがあります。ユーティリティ「Belarc」を使用して、すべてのライセンスを保存し、外部ストレージを使用してデータをバックアップしてから、クリーンインストールを実行できます。ソリューションに進む前に、有効なライセンスキーがあることを確認してください。そうしないと、何の価値もありません。ステップ1に戻ります。