Androidx86のインストールとトラブルシューティングの手順

デスクトップでAndroidを体験したいユーザーのために、Androidベースのオペレーティングシステムがいくつかありますが、それらの多くは実際にはAndroid x86(PrimeOS、Remix OS、Phoenix OS x86)の単なるフォークです。これは、Android x86がしばらくの間開発を遅らせたため、他の開発者がそれを使用しなかったためです。

ただし、Android x86は、Android Oreoのアップデートを含め、最近、着実なアップデートをリリースしています。したがって、デスクトップで優れたAndroidエクスペリエンスを楽しみたい場合は、他のフォークの1つを試す前にAndroid x86を試すことをお勧めします(たとえば、Remix OSは開発を完全に停止しました)。

要件:

  • Android x86 ISO
  • UNetbootin

Ubuntuを使用している場合は、ターミナルコマンドでUNetbootinを取得できます。sudoapt-getinstall unetbootin

Arch Linuxを使用している場合は、次を使用できます:pacman -S unetbootin

USBフラッシュドライブのインストール

  1. UNetbootinを起動し、Android x86ISOファイルをポイントします。
  2. 次に「USBドライブ」を選択し、「OK」をクリックします。
  3. UNetbootinは、Android x86をUSBフラッシュドライブにコピーし始め、ポータブルインストーラーに変えます。
  4. プロセスが完了したら、コンピュータを再起動し、BIOSメニューを起動します。
  5. 特定のメディア(HDD、CD、USBなど)から直接起動できるBIOSのページを見つけます。
  6. USBフラッシュドライブから直接起動することを選択します。
  7. GRUBメニューが表示されたら、Androidx86をハードドライブにインストールすることを選択します。
  8. ここで、インストール先のパーティションを選択する必要があります。不明な場合は、パーティションをフォーマットしないでください。もちろん、他のOSパーティションを上書きしないでください。
  9. GRUBをインストールするかどうかを尋ねる新しいプロンプトが表示されます。コンピュータに他のLinuxOSがない状態で主にWindowsを使用している場合は、[はい]を選択します。PCにLinuxOS / GRUBがすでにインストールされている場合は、その上にインストールするのはひどい考えです。
  10. 「システムをR / Wにする」という別のプロンプトが表示されます。はいを選択します。これにより、Android x86が「ルート化」され、/ systemパーティションへの読み取り/書き込みアクセスが可能になります。
  11. コンピューターを再起動して、Androidx86の新規インストールをお楽しみください。

CD / DVDインストール用

インストールプロセスは、Android x86 ISOから起動可能なCDを作成することを除いて、ほぼ同じです。そこには本当にたくさんのISOバーナーがあります-あなたはただ無料のISOバーナーで行くことができます。

仮想マシンへのインストール

  1. 持っているあなたのVMを構成する最小最新オレオベースのAndroidのx86で、これはおそらく少し高くする必要がありますけれども、512 MBのRAMのを。
  2. Android x86 ISOファイルをVMメニューにロードし、VMをロードします。
  3. GRUBメニューが表示されたら、Androidx86をハードディスクにインストールすることを選択します。
  4. 新しいパーティションを作成し、それにAndroidx86をインストールします。サポートされている形式の1つ(ext3、ext2、ntfs、およびfat32)にパーティションをフォーマットします。fat32を選択すると、fat32にデータを保存できないという警告が表示されることに注意してください。したがって、Android x86はライブCDとして機能します(使用中のデータはシステムに保存されません)
  5. ブートローダーGRUBをインストールするように求められたら、「はい」を選択し、システムをR / Wにしてrootを有効にします。
  6. すべてが完了したら再起動します。

GRUBメニューへのAndroidx86の追加

最初にGRUBCustomizerをインストールすると、このプロセスがはるかに簡単になります。

sudo add-apt-repository ppa:danielrichter2007 / grub-customizer sudo apt-get update sudo apt-get install grub-customizer

次に、GRUB Customizerを起動し、新しいGRUBエントリを追加します。

[ソース]タブをクリックして、次のコマンドを入力します。

set root = "(hd0,4)" search --no-floppy --fs-uuid --set = root e1f9de05-8d18-48aa-8f08-f0377f663de3 linux androidx86 / kernel root = UUID = e1f9de05-8d18-48aa-8f08 -f0377f663de3quiet androidboot.hardware = generic_x86 SRC = / androidx86 acpi_sleep = s3_bios、s3_mode initrd androidx86 /initrd.img

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、これらのコマンドのいくつかの部分を太字で示しています。これは、次のように変更する必要があるためです。

以下のためにセットルート=「(hd0,4)」、アンドロイドのx86がインストールされているパーティションに(hd0,4)を変更します。

HD0はSDAを意味するため、Android x86をSDBにインストールすると、HD1などになります。その後の番号はパーティション番号です。たとえば、hd0,4はSDA4になります。たとえば、SDA6にAndroid x86をインストールした場合は、hd0,6に変更します。

パーツ–set = root e1f9de05-8d18-48aa-8f08-f0377f663de3の場合、ランダムな文字列はAndroidx86がインストールされたパーティションのUUIDです。正しいUUIDに変更する必要があります。GRUB Customizerで新しいエントリを作成し、[オプション]タブに移動して、ドロップダウンメニューから[Linux]オプションを選択すると、正しいUUIDを取得できます。

パーティションのドロップダウンメニューで、パーティションを選択してから、[ソース]タブに移動する必要があります。UUIDが表示されます。

androidx86 /を太字にしたところ、これがAndroidx86のルートです。Android x86パーティションに移動して、実際のAndroidx86ルートに変更する必要があります。「android」という名前のフォルダーが表示されます。これがAndroidx86インストールのルートになります。

androidboot.hardwareが特定のデバイスになります。Android4.03バージョンなどの古いバージョンのAndroidx86を使用している場合は、それをandroidboot_hardwareに変更する必要があります(。ピリオドではなく_アンダースコアを使用)。これは、最新のAndroidx86バージョンではまったく不要です。androidboot.hardwareがカーネルコマンドラインで設定されていない場合でも、initプロセスはro.hardwareの正しい値を取得します。これにより、androidboot.hardwareが不要になります。

変更できるハードウェアのリストは次のとおりです。

  • generic_x86:ハードウェアがリストされていない場合は、これを使用してください
  • eeepc:EEEPCラップトップ
  • asus_laptop:ASUSラップトップ(サポートされているASUSラップトップのみ)

最後のヒントとコツ

Androidx86はAndroidMarketを使用できないため、Androidアプリを入手するための代替ソリューションがあります。

まず、不明なソースを有効にする必要があります。[設定]> [アプリケーション]> [不明なソースを有効にする]に移動し、警告ダイアログを無視します。

これで、GooglePlayの外部からAPKをダウンロードしてインストールできます。そこにはたくさんのサードパーティのアプリストアがありますが、本当に注意してください。より良い店のいくつかは次のとおりです。

  • XDAラボ
  • AndAppStore
  • Aptoide
  • APKMirror

正しいバッテリー値を表示する方法

Android was developed for specific batteries in mind, thus an Android-based OS will show incorrect battery values on different hardware platforms (such as a laptop). In order to correct this, there are a few things to tweak.

In Linux, applications collect the battery status through sysfs, where the battery status is located in /sys/class/power_supply/. Different platforms, however, may give you a different directory layout under /sys/class/power_supply/, but Android hardcodes the directory layout to /sys/class/power_supply/. To resolve this issue, you can add new entries in vendor/asus/eeepc/system.prop, where the user can change the value of these entries to correctly configure the sysfs directory layout for different platforms. These entries are:

ro.sys.fs.power_supply.ac=/AC0 ro.sys.fs.power_supply.bat=/BAT0 ro.sys.fs.power_supply.ac.feature.online=/online ro.sys.fs.power_supply.bat.feature.status=/status ro.sys.fs.power_supply.bat.feature.present=/present ro.sys.fs.power_supply.bat.feature.capacity.now=/charge_now ro.sys.fs.power_supply.bat.feature.capacity.full=/charge_full ro.sys.fs.power_supply.bat.feature.voltage.now=/voltage_now ro.sys.fs.power_supply.bat.feature.voltage.full=/voltage_full ro.sys.fs.power_supply.bat.feature.tech=/technology #ro.sys.fs.power_supply.bat.features.bat.health is not supported #ro.sys.fs.power_supply.bat.features.bat.temperature is not supported

In essence, these entries tell the Android battery service code to look for the information in the correct place.

To implement your own battery status handling code, simply re-implement the IBatteryServiceStatus class in frameworks/base/libs/utils/IBatteryServiceStatus.cpp, replacing frameworks/base/libs/utils/BatteryServiceStatus.cpp with your own implementation.

To Wake up the Machine

Unlike other OS, you cannot simply wake up the system from sleep status by moving around the mouse or hitting a random keyboard button.

You can only use ESC, Menu, left, right, up and down keys to wake up the system. To wake up the system, you have to hold the keys mentioned above for at least 1 second. You can push menu key when keyguard screen showing up to unlock screen, and you can use mouse to turn the wheel on the keyguard screen to unlock screen.

How to boot Android x86 on Unsupported Graphics

Live-CDを起動するときは、さまざまな起動オプションを提供するメニューで、キーボードのTabキーを押します。これにより、起動プロンプトが表示されます。

これで、次のようなものが表示されます。

kernel initrd = /initrd.img root = / dev / ram0 androidboot_hardware = generic_x86 acpi_sleep = s3_bios、s3_mode video = -16quiet SRC = DATA = DPI = 240

最初に「quiet」を削除してこの行を編集し、カーネルメッセージが何を表示しているかを確認する必要があります。

次に、さまざまなビデオモードパラメータを設定できます。NoModeSetを使用できます。これは、カーネルモード設定を無効にし、グラフィック解像度を自動的に設定しないようにカーネルに指示します。または、VESAドライバーの使用を強制するXforcevesaを使用することもできます。

これらのパラメーターを試して、どちらが機能するかを確認してください。両方を「nomodesetxforcevesa」に設定することもできます。

タグアンドロイド