Windows 10で「無効なプロセス接続試行」「BSOD」を修正するにはどうすればよいですか?

BSODの「無効なプロセス接続の試行」は通常、Windowsにインストールされている問題のある更新が原因で発生します。さらに、RAMなどのハードウェアコンポーネントの障害が原因で発生する場合もあります。場合によっては、障害のあるドライバーも問題の原因でした。

ここでは、さまざまなケースに応じて各ソリューションのカテゴリを示します。説明を読み、それに応じて解決策に従うようにしてください。

解決策1:高度な回復環境でのブートによる更新のアンインストール

通常、BSODが表示された後、デバイスは再起動し、通常どおり実行されます。ただし、ループに陥ることがあります。ブルースクリーンが表示され続け、デバイスが再起動し続けます。このような場合の解決策は、高度な回復モードで起動し、最近インストールされた更新をアンインストールすることです。更新によってBSODが議論されているケースがいくつかあります。

  1. デバイスを再起動し、Windowsのロードが開始されたら(丸いドットが表示されます)、電源ボタンを5〜10秒間押し続けます。上記の手順を2〜3回繰り返します。
  2. デバイスは自動的に高度なリカバリモードで起動します。
  3. [トラブルシューティング]、[詳細オプション]の順にクリックします。
  4. 次に、[前のバージョンに戻る]を選択します 。
  5. OSをロールバックした後、コンピューターを完全に再起動し、問題が解決したかどうかを確認します。

解決策2:クリーンブートでの起動

ユーザーがコンピューターの電源を入れるたびにBSODが表示されない場合があります。代わりに、使用中の動作はランダムです。ここでのBSODは、オペレーティングシステムと競合しているアプリケーションまたはサービスが原因である可能性があります。問題の原因となっているアプリケーション/サービスを診断するために、コンピューターをクリーンブート状態で起動します。

クリーンブート状態では、すべてのサードパーティアプリケーションとサービスがデフォルトで無効になっています。問題のあるアプリケーション/サービスがあった場合、それは無効になり、問題の原因となっているものを1つずつ診断できます。

  1. Windowsキーを押してmsconfigと入力 し、結果から[システム構成を選択 します。
  2. 選択して サービスのタブ システム構成を、そして選択 を非表示にすべてのMicrosoftのサービスをクリックし 、すべて無効にします
  3. [システム構成]の[スタートアップ]タブに移動し 、[タスクマネージャーを開く]を 選択します 。
  4. 下の スタートアップで 、タスクマネージャ、各スタートアップ項目について、項目を選択し、選択 を無効にしたアプリケーションの下部にあります。
  5. タスクマネージャを閉じます。
  6. [システム構成]の[スタートアップ]タブに 戻り、画面の下部にある[ OK ]をクリックします。コンピュータが再起動すると、クリーンブート環境になります。
  7. これで、 グループでサービスを有効にし て、BSODが再度発生するかどうかを確認できます。その場合、問題の原因を特定してアプリケーションをアンインストールするか、それに応じてサービスを無効にすることができます。

トラブルシューティングを実行するには、Microsoftの公式サポートページに記載されている手順に従ってください。

解決策3:RAMを確認する

上記のように、BSODエラーはハードウェア障害によっても発生する可能性があります。ただし、ほとんどの場合、ブルースクリーンが表示されて通常に戻った後、コンピューターは自動的に再起動します。ただし、そうでない場合は、RAMを確認できます。RAMが緩んでいるか、完全に交換する必要がある場合があります。複数のRAMモジュールがある場合は、それらを個別に取り外して、正常に機能しているかどうかを確認することを検討してください。また、専門家でない方は地元のテックショップに行くことをお勧めします。