修正:Windows 10システムイメージバックアップエラー0x807800A1&0X800423F3

システムのバックアップを作成することは、データを保護するための良い方法です。ただし、システムイメージのバックアップを作成しているときに、0x807800A1や0X800423F3などのエラーが発生する場合があります。エラー0x807800A1は、「ボリュームシャドウコピーサービスに失敗しました。詳細については、「VSS」および「SPP」アプリケーションイベントログを確認してください。また、エラーコード0X800423F3で「ライターに一時的なエラーが発生しました」というメッセージが表示される場合があります。

これらのエラーは、いくつかの理由で表示される可能性があります。ボリュームシャドウコピーサービスが停止している可能性があり、ウイルス対策またはWindowsファイアウォールが問題の原因である可能性があり、ハードディスクの優先順位により、この問題の背後にある可能性のあるバックアップの作成が妨げられる可能性があります。この問題の原因がわかれば、問題は簡単に解決できます。

最近コンピューターに新しいSSDをインストールした場合は、HDDの優先順位が原因である可能性があるため、最初に方法3を試してください。そうでない場合は、方法1から始めて、問題が解決するまで次の方法に進みます。

方法1:ボリュームシャドウコピーサービスを確認する

  1. 持ちのWindowsキーを押しながらRを
  2. タイプサービス。mscEnterキーを押します
  3. ボリュームシャドウコピーサービスを見つけてダブルクリックします
  4. [スタートアップの種類]のドロップダウンメニューから[自動]を選択します(まだ自動に設定されていない場合)
  5. サービスステータスが停止または一時停止している場合は、[開始]をクリックします
  6. [依存関係]タブをクリックします
  7. 下のチェックこのサービス、次のコンポーネントに依存しますが、すべてのサービスを見る場合はクリックし全般タブ>をクリックして適用をクリックして> [OK]を閉じ、このウィンドウやサービスのリストから、そのサービスを探します。そのサービスをダブルクリックし、4〜5の手順を繰り返して、サービスが実行されていることを確認します。

それでも問題が解決しないかどうかを確認します。

方法2:ワークステーションサービスを開始する

  1. 持ちのWindowsキーを押しながらRを
  2. サービス」と入力します。msc」入力し、Enterキーを押します。
  3. ワークステーションサービスを見つけてダブルクリックします。
  4. [スタートアップの種類]のドロップダウンメニューから[自動]を選択します(まだ自動に設定されていない場合)。
  5. サービスステータスが停止または一時停止している場合は、[開始]をクリックします。

方法2:ウイルス対策とWindowsファイアウォールを無効にする

アンチウイルスの場合:

  1. ウイルス対策アイコン(画面の右下隅にあります)を右クリックします。アイコンが表示されない場合は、「矢印」をクリックして非表示のアイコンを表示します
  2. [無効にする]をクリックします。[無効にする]オプションがない場合は、ウイルス対策アイコンをダブルクリックします。ウイルス対策ウィンドウが開き、そこからウイルス対策を無効にできるはずです。

Windowsファイアウォールの場合:

  1. 持ちのWindowsキーを押しながらXを
  2. コントロールパネルをクリックします
  3. [システムとセキュリティ]をクリックします
  4. [ Windowsファイアウォール]をクリックします
  5. [ Windowsファイアウォールをオンまたはオフにする]をクリックします
  6. プライベートネットワークとパブリックネットワークの設定から[ Windowsファイアウォールをオフにする(非推奨)]を選択します
  7. [ OK]をクリックします

問題がウイルス対策またはファイアウォールの干渉によるものである場合、これで問題が解決するはずです。

注: Windowsファイアウォールをオンにして、ウイルス対策を有効にすることを忘れないでください。これらのプログラムは、システムのセキュリティに不可欠です。問題が解決したらすぐに、これらのプログラムをオンにしてください

方法3:ハードドライブの優先順位を確認する

まず、新しいSSDが最初のSATAポート(マザーボードに応じて0または1)にあることを確認します。新しいSSDのケーブルを古いHDDと交換して、SSDが最初のポートにあることを確認できます。

  1. コンピュータを再起動してください
  2. メーカーのロゴが表示されたらF2を押します。キーはメーカーによって異なる場合がありますが、ほとんどの場合、F2、F10、またはDelです。メーカーのロゴが表示されると、画面の隅に「F2を押してBIOSメニューを開く」などの指示が表示されます。

次に、矢印キーを使用して、HDDの優先順位設定を探します。これらは起動優先度の設定とは異なることに注意してください。そこに着いたら、新しいSSDが最初のものであることを確認してください。

バックアップにHDDを使用している場合は、マザーボードの最初のSATAドライブとして接続されていることを確認してください。また、別のHDDをインストールした後、特にオペレーティングシステムが異なるHDDがある場合、システムは自動的に起動順序を変更する場合があります。BIOS設定に移動して、適切なHDDが起動順序の一番上にあることを確認します。

方法4:Microsoft Office Starter2010をアンインストールする

「クリック2実行」構成でMicrosoftOffice Starter 2010をインストールした場合にも、システムのバックアップで問題が発生する可能性があります。したがって、Microsoft Office Starter 2010を使用している場合は、それが理由である可能性があります。よくわからない場合でも、「クリック2実行」構成を使用せずにMicrosoft Office Starter 2010をアンインストールして再インストールすると、問題が解決します。

  1. 持ちのWindowsキーを押しながらRを
  2. appwizと入力します。cplしてEnterキーを押します
  3. 次に、Microsoft Office Starter2010を探します。見つかったら、それを選択して[アンインストール]をクリックします。

画面の指示に従って、Microsoft Office Starter 2010をアンインストールします。システムがソフトウェアをアンインストールしたら、システムのバックアップがまだ問題の原因であるかどうかを確認します。問題が解決した場合は、「クリック2実行」オプションを使用せずにMicrosoft Office Starter2010を再インストールできます。

方法5:起動の優先度を確認する

デュアルブートもエラーの原因であると報告されました。デュアルブートでは、新しいパーティションとスワップサイズを初期化した後、ハードドライブに別のオペレーティングシステムをインストールします。BIOSからの起動シーケンスに応じて、1台のコンピューターで2つのオペレーティングシステムを使用できます。

起動シーケンスによって、起動するオペレーティングシステムが決まります。たとえば、ブートシーケンス1としてUbuntuがあり、2番目がWindowsの場合、BIOSは常にUbuntuをブートします。起動シーケンスでは、「Ubuntu」または「Windows」とは書き込まれません。むしろ、「ドライブ0」や「ドライブ1」などになります。

起動順序変更し、ウィンドウをリストの一番上に移動します。通常、EscまたはDel / F2押して起動オプションを入力できます。上部にWindowsが表示されたら、コンピューターを再起動してエラーを確認します。

上記の問題に加えて、次のことも試すことができます。

  • スタートアップリストからSteamを削除します。最小限のドライバーでコンピューターをクリーンブートして電源を入れることができます
  • 不正なバックアップエントリをチェックしています。不正なGptNameは、バックアップしようとしているどのパーティションにも存在してはなりません。
  • もう1つ試すことができるのは、他のすべてのハードドライブを切断し、ターゲットシステム(Windows)ドライブを最初のSATAコントローラーに配置することです。ユーティリティは、別のオペレーティングシステムに遭遇した場合に問題を返すことが知られています。
  • 一部のパーティション名に不正な文字がないか確認できます。これは通常、EaseUsなどのサードパーティユーティリティを使用してバックアップを実行した後に発生します。SourceForgeにあるツールGPTfdiskユーティリティを使用し、コマンドを使用してドライブに関する情報を取得できます。名前に不正な文字(引用符、コンマなど)が含まれていないことを確認してください。ある場合は、パーティションの名前を変更して再試行してください。
  • サーバーセットアップを所有している場合は、ワークステーションサービスを有効にできます(サーバーサービスも有効にする必要があります)。

注: Windowsは、システムの復元/イメージメカニズムのサポートを正式に終了し、サードパーティベンダーの使用を指摘しています。サポートの終了は、モジュールで発生するそれ以上のバグは受け入れられないが、モジュールはOSの新しいリリースに引き続き存在することを意味します。