Androidの音楽からDRM保護を削除する方法

オンラインミュージックストアは、CDを作成したりリッピングしたりすることなく、お気に入りの曲やアルバムを購入してスマートフォンに直接ダウンロードするためのプラットフォームを作成します。特定のユーザーが海賊行為を行うのを防ぐために、デジタル著作権管理(DRM)スキームが音楽に適用されていますが、これにより、ほとんどのユーザーが購入した音楽の完全な所有権を取得できなくなります。このため、音楽の購入者は、購入した曲をいくつかのデバイスに保存するか、限られた回数だけCDに書き込むことができます。

Syncios Audio DRM Removalは、Apple Music、Spotify、Google Play Music、Pandoraなどのオンラインミュージックストアで再生されている音楽を録音し、損失のないmp3ファイルとして保存できる革新的なオーディオレコーダーです。このアプリはルートアクセスが必要で、4.1.2以降を実行しているAndroidデバイスで動作します。

このガイドでは、Androidデバイスの音楽からDRM保護を削除する方法について説明します。実際に音楽からDRMを削除するのではなく、保護された音楽を高品質の形式で録音します。

  1. Syncios Audio DRM Removalをデバイスにダウンロードし、ダウンロード完了通知をタップするか、ダウンロードフォルダーから開いてインストールします。プロンプトが表示されたら、不明なソースからのインストールを有効にします。この設定は、[設定]> [セキュリティ]にあります。アイコンをタップしてアプリを起動すると、画面にフローティングバーが表示されます。

  2. Google Play Music、Spotify、Apple Musicなどのサードパーティの音楽アプリからDRMを削除するには、アプリを起動して、録音したい曲を再生するだけです。
  3. 音楽アプリで曲を再生し、録音ボタンをタップして、再生中の曲の録音を開始します。設定ボタンをタップすると、録音オプションをカスタマイズできます。

  4. 録音ボタンをもう一度タップすると、録音が​​停止します。アプリはDRMなしで録音を保存します。つまり、他のデバイスやメディアにコピーできます。録音した曲を表示するには、プレイリストボタンまたはファイルマネージャーをタップして、設定で指定したように録音が保存されたパスを参照します。