修正:Windows10アップデートエラー0x80070070

エラー0X80070070は、ドライブに十分なスペースがないことを示しています(ERROR_DISK_FULL)。この問題は確かにディスク容量の不足に関連している可能性がありますが、通常、非表示のシステムパーティション(リカバリパーティション)に十分な連続した空き領域がないことが原因です。

ほとんどの場合、次のいずれかのシナリオでエラーコード0X80070070発生します

  • Windows Updateページにアクセスする場合– 「WindowsUpdateで問題が発生したため、要求されたページを表示できません。0X80070070」
  • Windows Updateが失敗した後– 「ダウンロードに失敗しました。結果コード:0X80070070”
  • DVDまたはUSBからWindowsをインストールする場合–「インストールに失敗しました」  0X80070070
  • Windows 10へのアップグレードが失敗した後– 「インストールはSafe_OSフェーズでエラーで失敗しました。0X80070070」

このエラーコードが表示されたら、ドライブに十分なディスク容量があることを確認してトラブルシューティングガイドを開始することをお勧めします。ドライブのスペースをクリアしても問題が解決しない場合、問題はほぼ確実にシステムの予約済みパーティションに関連しています。

以下に、ユーザーが0X80070070エラーを排除するのに成功した修正のコレクションを 示します。シナリオで機能する解決策が見つかるまで、順番にそれらに従ってください。

注:0X80070070エラー が発生するシナリオに応じて、 以下の方法で紹介されているソリューションの一部にアクセスできる場合とできない場合があります。状況に該当する修正のみに従ってください。

方法1:ディスクスペースをクリアする

他のことを試す前に、Windowsのアップグレードまたはインストールをインストールするのに十分なディスク容量があることを確認することが重要です。これは、使用していないアプリのアンインストール、大きなファイルの削除、またはストレージスペースの追加を意味する場合があります。

それでも不十分な場合は、ディスククリーンアップを使用してシステムファイルをクリーンアップしてみましょう。これがあなたがする必要があることです:

  1. 押してWindowsキー+ Rファイル名を指定して実行ウィンドウを開き、「タイプするcleanmgrを「。ヒットは、入力ディスククリーンアップ]ダイアログボックスを開きます。

  2. [システムファイルクリーンアップ]ボタンをクリックします。この時点で、管理者パスワードの入力を求められる場合があります。

  3. [ OK ]をクリックすると、すでに選択されているファイルタイプのクリーンアップツールを実行できます。さらに多くの空き容量が必要な場合は、Windows Updateのクリーンアップ、一時ファイル、およびWindowsUpdateのログファイルの横にあるチェックボックスをオンにすることもできます。

  4. [ファイルの削除]をクリックして、ツールを確認してキックスタートします。

  5. システムを再起動し、アップグレードまたはアップデートのダウンロードを再試行してください。同じエラーメッセージが表示される場合は、方法2進みます。

方法2:一時フォルダーを移動する

一部のユーザーは、一時フォルダーを別のパーティション/ディスクに移動することで、エラー0X80070070 を修正できました 。この方法は、方法1を使用して十分なディスク容量をクリアできなかった場合に効果的です

システムが大きなファイルを操作する必要がある場合、一時フォルダーはそれらのファイルを一時的に保存するために使用されます。それらを保存するのに十分なスペースがない場合、ユーザーは0X80070070エラーでプロンプトが表示され ます。ただし、Tempフォルダーを、作業スペースのある別のパーティションに移動することで、この問題を回避できます。これを行う方法のクイックガイドは次のとおりです。

  1. 押しのWindowsキー+ Rは、ファイル名を指定して実行]ウィンドウを開きます。「sysdm.cpl」と入力し、Enterキーを押してシステムプロパティを開きます。

  2. 下の[システムのプロパティに、ゴー上級のタブをクリックし、環境変数。

  3. 一時フォルダを選択し、[編集]ボタンをクリックします。

  4. 次に、[ディレクトリ参照]ボタンを使用して、Tempフォルダーをより多くのスペースがある別のパーティションに移動します。[ OK]クリックして確認します。

  5. システムを再起動して、更新/アップグレードの実行を再試行してください。あなたはまだ見ている場合は 0X80070070エラーを、 に移動する方法3。

方法3:ディスククォータを無効にする

ディスククォータは、ユーザーごとまたはボリュームごとにディスク使用量を追跡および制御する目的でシステム管理者によって課される制限です。ディスククォータを使用すると、限られたディスクスペースを合理的な方法で割り当てることができます。ただし、ドライブでディスククォータが有効になっていて、制限を超えている場合は、  0X80070070エラー がトリガーされる可能性があります。

システムでディスククォータを無効にするためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. 押してWindowsキー+ Rファイル名を指定して実行]コマンドを開き、「タイプするdiskmgmt.mscとします「。ヒットは入力開くために、ディスクの管理]ダイアログボックスを。

  2. Windowsパーティションを右クリックして、[プロパティ]を選択します

  3.  [クォータ]タブにアクセスし、[クォータ管理有効にする]の横のチェックボックスをオフにします。[適用]クリックして確認します。

    注:ディスククォータを引き続き使用する必要がある場合は、クォータ管理を無効にするのではなく、ディスク容量の制限を調整してみてください。

  4. システムを再起動し、アップグレード/アップデートの再適用を試みます。それでも0X80070070エラーで失敗する場合 は、次の方法に進みます。

方法4:ディスク管理からハードドライブを再パーティション化する

一部のユーザーは、Windows10アップグレードを適用しようとしたときに0X80070070エラーが表示されると報告してい ます。OSドライブに十分なストレージ容量がある場合、これは通常、アップグレードウィザードがリカバリドライブ上のファイルをコピーしようとしているために発生します。その場合、1つの解決策は、新しいファイルを保存するのに十分なスペースがあるようにリカバリドライブを拡大することです。

インストールに十分なスペースがあるようにハードドライブを再パーティション化するには、以下の手順に従います。

  1. 押しのWindowsキー+ Rファイル名を指定して実行]ウィンドウを開きます。「diskmgmt.msc」 入力し、Enterキーを押してディスクの管理を開きます

  2. C(またはWindowsドライブの文字が何であれ)を右クリックし、[ボリュームの縮小]をクリックします。クエリが完了するまでに時間がかかる場合があります。

  3. 次に、[縮小するスペースの量をMB単位で入力する]の 横のボックスを使用して、アップグレードウィザードに必要なスペースを抽出します。念のために言っておきますが、15 Gb(15000 MB)以上を解放してください。次に、[縮小]をクリックして、プロセスが完了するのを待ちます。

  4. Windowsドライブからスペースを抽出したら、リカバリドライブの名前を別の名前に変更しましょう。これを行うには、リカバリドライブを右クリックし、[ドライブ文字とパスの変更]をクリックします。

  5. ドライブに文字が割り当てられていない場合(通常はDのラベルが付いています)、[追加]をクリックして文字Gを割り当てます。文字Dがすでに割り当てられている場合は、[変更]ボタンを使用して変更します。

    注: G以外の任意の文字を割り当てることができます。重要なのは、リカバリドライブの名前をD以外に変更することです。アップグレードのセットアップはDドライブへの書き込みに熱心であるため、この手順が必要です。

  6. 最後に、以前にCドライブから解放した未割り当て領域を右クリックして、[新しいシンプルボリューム]を選択します。

  7. ボリュームウィザードに従って、残りの未割り当て領域をすべて使用していることを確認してください。[ドライブ文字またはパスの割り当て]ステージに到達したら、[次のドライブ文字割り当てる]を選択し、ドロップダウンメニューから文字Dを選択します。

  8. の2つのプロンプトで[ 次へ]をクリックし、[完了]をクリック してプロセスを完了します。
  9. デバイスを再起動して、アップグレードウィザードを再度実行します。同じエラーで失敗する場合は、次の方法に進んでください。

方法5:メディア作成ツールを使用してWindowsをアップグレードする

上記の方法で0X80070070 エラーを削除できなかった場合は 、メディア作成ツールを使用してみましょう。このMicrosoftが開発したツールは、通常、UpgradeAssistantが以前に失敗した場合でもインストールを完了することができます。あなたが見ている場合は 0X80070070のWindows 10アップグレードに失敗したときにエラーが、この方法では、アップグレードを完了できるようにする必要があります。

クリーンインストールに必要なファイルをダウンロードするだけでなく、メディア作成ツールはWindowsのバージョンをアップグレードすることもできます。メディア作成ツールを使用してWindowsをアップグレードするためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. この公式リンク(こちら)からメディア作成ツールをダウンロードしてください。
  2. ツールを開き、最初のプロンプトで[このPCを今すぐアップグレード]を選択します。

  3. ソフトウェアは必要なファイルをダウンロードし、システム要件が満たされているかどうかを確認します。スペックが十分であれば、セットアップはPCへのアップグレードのインストールを開始します。このプロセス中に、システムが数回再起動します。

メディア作成ツールが同じ0X80070070エラーを返す 場合は、方法6に進み ます。

方法6:予約済みパーティションの削除(クリーンインストール)

ほとんどの場合、エラー 0X80070070 は、Windowsに必要なファイルをリカバリドライブにインストールするのに十分なスペースがない場合に表示されます。 Windows 7、Windows 8、およびWindows 10にはすべて、OSをクリーンドライブにインストールしたときに作成される特別なシステム予約済み パーティションがあります。ただし、Windowsはこのパーティションにドライブ文字を自動的に割り当てません(強制しない限り)。このため、ディスクの管理(または他の同様のユーティリティ)を使用していない限り、またはWindowsインストールメディアから起動している場合を除いて、このドライブは表示されません。

通常の状態では、システム予約済みパーティションはブートマネージャーとブート構成データが含まれているため、削除することはお勧めできません。ただし、Windowsのクリーンインストールを実行しようとしている場合、または別のWindowsバージョンにアップグレードする場合は、とにかくパーティションの回復が再作成されます。

あなたが発生した場合は 0X80070070のWindowsのクリーンインストールを実行しようとしたときにエラーを、クリーンインストールを試みる前に予約されたパーティションを削除するには、以下のガイドに従ってください。

警告: Windowsのクリーンインストールを既に計画している場合を除いて、以下の手順を実行しないでください。システム予約パーティションを削除すると、重要なブートファイルが削除され、システムが起動できなくなる可能性があります。

  1. Windowsインストールメディアから起動します。Windowsバージョンに適したインストールメディアがない場合は、Windows 7の場合はこのガイド(こちら)、Windows 10の場合はこのガイド(こちら)に従ってください。
  2. 最初のインストールウィンドウで[次へ]をクリックし、[Windowsのインストール]を選択します

    注: Windows 10をインストールする場合は、プロダクトキーも挿入するように求められます。

  3. 隣にあるチェックボックスをオンにし、私のライセンス条項に同意し、ヒット次へ

    注: Windows 10をインストールする場合、ライセンスに同意する前に、インストールするオペレーティングシステムを選択する必要がある場合があります。

  4. どのタイプのインストールが必要かを尋ねられたら、[カスタム(詳細)]を選択します。

  5. システム予約パーティション(ディスク0パーティション1)を選択し、ドライブオプション(詳細)をクリックします

  6. [削除]ボタンをクリックし、[ OK ]をクリックして確認します。

注: 別のWindowsバージョンにアップグレードする場合は、リカバリパーティションを削除した後でウィザードを閉じて、手順1からやり直してください。次に、ステップ4で、Custom(advanced)の代わりにUpgradeを選択します

それでおしまい。リカバリパーティションが削除されたら、インストールを続行できます。0X80070070エラーなしで完了するはず です。