修正:Outlookの不明なエラー0x800cce05

0x800cce05エラーに関連付けられている見通し。このエラーは、タスク 'Hotmail – Sending'が報告したエラー(0x800cce05): '不明なエラー0x800cce05'を示しています。大多数の人は、Outlookを使用した電子メールの送受信に問題を抱えています。

具体的には、このエラーではユーザーがメールを送信できません。ただし、ユーザーは電子メールを受信できますが、他のユーザーに送信することはできません。この問題は、Microsoftの最新のOSビルドであるWindows 10内でも発生しているため、ユーザーの邪魔になります。この場合、コネクタの再インストールとOutlookアカウントの削除は機能しません。

Outlookは、Microsoftによって開発された広く使用されている電子メール処理ソフトウェアの1つです。カレンダー、連絡先マネージャー、タスクマネージャーなどを備えたスタンドアロンパッケージです。そのため、メールの送信と表示、会議の管理、実行するタスクの処理を行ったり来たりする手間が省けます。したがって、これに依存しているユーザーにとっては、このエラーを修正することが不可欠です。

エラー0x800cce05の背後にある理由:

このエラーは、破損したシステムファイルがOutlookなどの一部のソフトウェアプログラムと競合するために発生する可能性があります。PCにインストールされているインターネットセキュリティソフトウェアも、このエラーの原因である可能性があります。

エラー0x800cce05を修正するための解決策:

この迷惑なエラーメッセージを取り除くために、いくつかの解決策を実行できます。それを行うには、以下の方法に従ってください。

方法#1:破損したファイルを修復する

Restoroをダウンロードして実行し、ここから破損したファイルや欠落しているファイルをスキャンして復元し、エラーがなくなったかどうかを確認します。そうでない場合は、方法2に進みます

方法2:システムファイルチェッカースキャン(SFCスキャン)の実行

Outlookに電子メール機能を送り返すための最も信頼できる解決策は、システムファイルチェッカースキャンを実行して問題を見つけて修正することです。以下の手順に従って、コンピューターでSFCスキャンを実行します。

1.キーボードのWin + Xキーを押してコマンドプロンプト(管理者)を開き、リストからコマンドプロンプト(管理者)を選択します。

2.内部コマンドプロンプト、タイプSFC / scannowとし、ヒット入力し、コマンドを実行させるための鍵。破損したファイルがないかシステムのスキャンと検証を開始し、それらを自動的に修正します。問題を見つけて修正するのに最大15分かかる場合があるため、しばらくお待ちください。プロセスが完了したら、電子メールを送信してOutlookを確認します。

方法#3:インターネットセキュリティソフトウェアの修正

インターネットセキュリティソフトウェアは、Outlookのカレンダーやその他のサービスをブロックすることによってこのプロセスを引き起こす可能性もあります。そのため、結果としてOutlookの操作が妨げられます。この場合、送信メールの問題を修正するには、インターネットセキュリティソフトウェアによってブロックされたカレンダーまたはその他のOutlookサービスを許可する必要あります。それらを許可する方法がわからない場合は、リセットするか、アンインストールして再インストールすると、ルールがリセットされます。アンインストール後に機能する場合。次に、AVGFreeなどの別のアンチウイルスをインストールできます。

これを引き起こすことが知られている最も一般的なAVはavastです!