Windows 10でエラーコード0x81000019を修正する方法は?

Windows 10のバックアップを作成しようとすると、数人のWindows 10ユーザーが0x81000019エラーコードに遭遇しました。数分の処理後、このエラーコードが画面に表示され、「シャドウコピーを作成できませんでした」というエラーメッセージが表示されます。このエラーは、VSSおよびSPPイベントログに関連していることがよくあります。結局のところ、この問題はWindows10に限定されているようです。

Windowsバックアップエラー0x81000019の原因は何ですか?

この特定の問題については、さまざまなユーザーレポートを確認し、影響を受ける他のユーザーがこの問題の根底に到達するために使用した最も一般的な修復戦略を試してみました。結局のところ、いくつかの異なるシナリオでこの問題が発生する可能性があります。潜在的な原因の候補リストは次のとおりです。

  • システム予約済みパーティションのスペースが不足している結局のところ、この問題は、システム予約済みパーティションのスペースが不足していることが原因で発生することがよくあります。Windowsバックアップは、バックアップの作成中にシステム予約済みパーティションから多くのデータスワッピングを実行します。これにより、十分なスペースがない場合にこのエラーが発生しやすくなります。この場合、システム予約パーティションを拡大することで問題を解決できます。
  • ボリュームシャドウコピーサービスが手動に設定されている–この動作を引き起こす可能性のある別の潜在的な原因は、ボリュームシャドウコピー(VSSサービス)の不適切なインスタンスです。サービスが手動に設定されている場合、バックアップ手順が影響を受ける可能性があります。このシナリオが当てはまる場合は、サービスのステータスを自動に変更することで問題を解決できます。
  • サードパーティのアンチウイルス干渉–過保護なAVスイートも、0x81000019エラーコードの出現の原因となる可能性があります。ほとんどの場合、アバスト、コモド、マカフィーが責任を負っていると報告されています。この場合、リアルタイム保護を無効にするか、セキュリティスイートを完全にアンインストールすることで、問題を解決できるはずです。
  • システムファイルの破損–まれに、バックアップコンポーネントに何らかの形で干渉している、ある種のシステムファイルの破損が原因でこの問題が発生する場合があります。このシナリオが当てはまる場合は、いくつかのユーティリティ(DISMおよびSFC)を実行するか、クリーンインストールまたは修復インストール(インプレースアップグレード)を介してすべてのOSコンポーネントを再起動することにより、問題を修正できるはずです。

現在同じ問題が発生していて、それを回避する方法を探している場合は、以下の手順で、最終的に0x81000019エラーコードを完全に修正できるはずです。下記の潜在的な修正のそれぞれは、少なくとも1人の影響を受けるユーザーによって機能することが確認されていることに注意してください。

できるだけ効率的になりたい場合は、以下の手順を、(効率と重大度を介して)配置したのと同じ順序で実行することをお勧めします。最終的には、問題の原因となっている原因に関係なく、問題を解決できる修正に遭遇します。

さぁ、始めよう!

方法1:システム予約パーティションを拡大する

影響を受ける複数のユーザーが報告しているように、システムのパーティションスペースが不十分なためにこの問題が発生している可能性があります。バックアップ手順中に、Windowsはシステム予約済みパーティションとの間で大量のデータをスワイプします。十分なスペースがない場合は、結果として0x81000019エラーコードが表示されることを期待してください。

一部のユーザーは、サードパーティのアプリケーションを使用して、Cまたは別の通常のドライブからスペースを取得することにより、システムの予約済みパーティションを500 MB以上に拡大することで、この問題を解決できることを確認しています。

このシナリオが当てはまると思われる場合は、パーティションウィザードを使用してシステムの予約済みパーティションを拡大する手順について、以下の手順に従ってください。

注:無料バージョンのPartition Wizardを使用していますが、使い慣れている場合は、これを実行できる他の製品を自由に使用してください。

  1. このリンク(ここ)にアクセスし、次の画面で[フリーウェアのダウンロード]をクリックして、無料バージョンのパーティションウィザードのダウンロードを開始します。
  2. ダウンロードが完了するまで待ってから、パーティションウィザードのインストール実行可能ファイルをダブルクリックし、画面の指示に従ってサードパーティのパーティションソフトウェアのインストールを完了します。
  3. すべてのインストール画面を通過してインストールを完了し、プロセスが完了したらコンピューターを再起動します。注意を払うと、同意ボックスのチェックを外すことで、不要なPUPのインストールを回避できます。
  4. 次回のシステム起動時に、パーティションウィザードを開き、初期画面で、使用可能なオプションのリストから[ディスクとパーティションの管理]をクリックします。
  5. 正しいセクションに到達したら、右側のセクションに注意を移し、システム予約済みパーティションを右クリックします。新しく表示されたコンテキストメニューが表示されたら、使用可能なオプションのリストから[拡張]を選択します。
  6. 拡張セクション内にいるときに、スペースを取りたいドライブを選択して操作を開始します。正しいドライブを選択したら、下のスライダーを使用してシステム予約済みパーティションを少なくとも1 GBに拡大し、[ OK ]をクリックし  て変更を保存して操作を開始します。
  7. 操作が完了するのを待ってから、コンピューターを再起動し、次回のシステム起動時に問題が修正されるかどうかを確認します。
  8. 次回のシステム起動時に、バックアップアテンドを再度繰り返し、同じ問題が引き続き発生するかどうかを確認します。

それでも0x81000019エラーコードが発生する場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法2:ボリュームシャドウコピーサービスをAUTOMATICに設定する

0x81000019エラーコードをトリガーする可能性のある別の潜在的な原因は、ボリュームシャドウコピーサービス(一般にVSSサービスと呼ばれる)の不適切なインスタンスです。ほとんどの場合、VSSサービスが手動に設定されているため、バックアップ手順を完了できません

この問題の解決にも苦労している影響を受けたユーザーの何人かは、ボリュームシャドウコピーのステータスタイプを自動に変更することで、最終的に問題を解決できたと報告しています。ほとんどのユーザーは、これを行った後、0x81000019エラーコードに遭遇することなくバックアップ手順を完了することができたと報告しています。

ボリュームシャドウコピーサービスのステータスタイプを自動に変更するためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. 押してWindowsキー+ Rを開くためにファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを。[実行]ボックスに移動したら、「service.msc」入力し、Enterキーを押して[サービス]ウィンドウを開きます。
  2. [サービス]画面が表示されたら、ローカルサービスのリストを下にスクロールして、ボリュームシャドウコピーサービスを見つけます。それを見つけることができたら、それを右クリックして、新しく表示されたコンテキストメニューから[プロパティ]を選択します。
  3. ボリュームシャドウコピーサービスの[プロパティ]画面に入ることができたら、上部のオプションのリストから[全般]タブを選択し、[スタートアップの種類]を[自動]に変更します次に、[適用]をクリックして変更を保存します。
  4. コンピュータを再起動し、次回のシステム起動時にバックアップ手順を再開します。

アクションを繰り返しても同じ0x81000019エラーコードが発生する場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法3:サードパーティのAVスイートを無効にする(該当する場合)

結局のところ、場合によっては、バックアップ手順が0x81000019エラーコードで失敗する原因となっている決定的な要因は、過保護なサードパーティのセキュリティスイートです。特定のサードパーティのセキュリティスイートは、バックアップコンポーネントを含む一部のWindowsコンポーネントに干渉することが知られていることに注意してください。

アバスト、コモド、マカフィーは、0x81000019エラーコードの出現の原因となる可能性のある潜在的な原因のほんの一部です。この正確な位置にいることに気付いた影響を受けたユーザーの何人かは、バックアップの作成中にリアルタイム保護を無効にするか、侵入型セキュリティスイートを完全にアンインストールすることで、問題を解決することができました。

邪魔にならないアプローチが必要な場合は、まずAV設定にアクセスし、リアルタイム保護を無効にすることから始めます。(ファイアウォールコンポーネントも含まれていない限り)エラーが再発することなくバックアッププロセスを完了できる可能性があります。ほとんどのサードパーティスイートでは、タスクバーアイコンを右クリックしてクイックメニューにアクセスすることで、これを簡単に行うことができます。

リアルタイム保護を無効にしても同じ問題が引き続き発生する場合は、サードパーティスイートをコンピュータから完全にアンインストールすることをお勧めします。AVがアクティブなままになるパッシブセキュリティルールを適用していないことを確認するためです。リアルタイム保護が無効になっている場合でも。

これを行うための迅速で効果的な方法を探している場合は、この記事(ここ)に従って、サードパーティのAVを削除し、すべての残りのファイルを削除する手順を確認してください。

すでにこの方法を実行しても成功しなかった場合、またはサードパーティのAVスイートを使用していないためにこれが適用できなかった場合は、以下の次の潜在的な修正に進んでください。

方法4:DISMおよびSFCスキャンの実行

結局のところ、この特定の問題は、ある種のシステムファイルの破損が原因で発生することもあります。これは、重要なフォルダーに存在する破損したデータによってバックアップコンポーネントが禁止される可能性があることを示唆している、いくつかの異なるWindows10ユーザーによって一貫して報告されています。

このシナリオが当てはまる場合は、システムファイルの破損によって重要なコンポーネントが破損する場合に対処するように設計された組み込みユーティリティをいくつか実行することで、問題を修正できるはずです。DISM(展開イメージのサービスと管理)およびSFC(システムファイルチェッカー)。

SFCは論理エラーの修復に重点を置いていますが、DISMは、バックアップおよび更新操作に影響を与える可能性のある依存関係の修正に優れています。これを念頭に置いて、バックアップコンポーネントを機能状態に戻す可能性を最大化するために、両方のユーティリティを実行することをお勧めします。

昇格したコマンドプロンプトからSFCスキャンとDISMスキャンの両方を実行するためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. 押してWindowsキー+ Rを開くためにファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを。次に、新しく表示された[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスが表示されたら、テキストボックスに「cmd」入力し、Ctrl + Shift + Enterを押して管理者特権のCMDコマンドを開きます。UAC(ユーザーアカウント制御)によってプロンプトが表示された場合は、[はい]をクリックして管理者アクセスを許可します。
  2. 管理者特権のCMDプロンプトに入ることができたら、次のコマンドを入力し、Enterキーを押してSFCスキャンを開始します。
    sfc / scannow

    注:このSFCスキャンでは、ローカルにキャッシュされたコピーを使用して、破損したインスタンスを正常なコピーに置き換えます。このスキャンを開始したら、操作が完了する前にウィンドウを閉じると追加の論理エラーが発生するリスクがあるため、中断しないでください。

  3. プロセスが完了したら、コンピューターを再起動し、次の起動シーケンスが完了するのを待ちます。起動シーケンスが完了したら、手順1をもう一度実行して、別の昇格したコマンドプロンプトを開きます。
  4. 別の管理者特権のコマンドプロンプトに戻ったら、次のコマンドを入力し、Enterキーを押してDISMスキャンを開始します。
    DISM /オンライン/クリーンアップ-画像/ RestoreHealth

    注: DISMには永続的なインターネット接続が必要であることに注意してください。ユーティリティはWU(Windowsコンポーネント)を借用して正常なコピーをダウンロードし、後で破損したインスタンスを置き換えるために使用されるため、これは非常に重要です。このため、このプロセス中にネットワーク接続が中断されないようにする必要があります。

  5. DISMスキャンが完了したら、コンピューターを再起動して、次回のシステム起動時にバックアップコンポーネントが修正されるかどうかを確認します。

同じ0x81000019エラーコードが引き続き発生する場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法5:修復インストール/クリーンインストールを実行する

上記で実行した一般的なシステム修復で問題を解決できない場合は、従来は解決できなかったある種のシステムファイルの破損に対処している可能性があります。このシナリオが現在の状況に当てはまる場合は、起動関連のデータを含むすべてのWindowsコンポーネントをリセットすることで、問題を完全に修正できるはずです。

これを行うことになると、2つの方法があります。

  • クリーンインストール–これは、インストールメディアなしで数ステップで実行できるため、2つのうちで最も簡単な手順です。ただし、主な欠点は、すべての重要なファイルを事前にバックアップしてOSドライブの外部に保存しない限り、すべての個人ファイルが失われることです。
  • 修復インストール–修復インストール(インプレース修復)は、互換性のあるインストールメディアを使用する必要がある、より面倒なアプローチです。ただし、このルートを使用する主な利点は、Windowsコンポーネントにのみ影響することです。これは、すべての個人ファイル(アプリ、ゲーム、メディア、さらには一部のユーザー設定)がそのまま残ることを意味します。

考えている方法に近い方法を自由に実行してください。