修正:Outlook forMacの検索が機能しない

Outlookは、複数のアカウントからの電子メールを管理するための優れたプログラムです。 Outlookは、全体的な時間管理に役立つさまざまな機能も提供します。全体として、Outlookは、ビジネスマンが電子メールを管理するのに適した優れたソフトウェアです。ただし、非常に便利であるにもかかわらず、Outlook forMacの使用中に問題が発生する可能性があります。 Outlook for Macで非常に一般的な問題は、検索の問題です。特定のメールを検索しようとすると、検索結果から「結果が見つかりません」というメッセージが表示される場合があります。メールがフォルダ内にある場合でも、「結果が見つかりません」という回答が返されるため、これは問題です。エラーは事前の警告なしに発生するため、検出または防止することはできません。これは、特にメールの数が多い人にとっては大きな問題になる可能性があります。すべてのメールを確認するのに時間がかかるからです。

このエラーの正確な理由はまだ不明ですが、スポットライトインデックスの破損や不完全、親フォルダの1つがプライバシータブにある、Outlookプロファイルフォルダが間違った場所に保存されているなど、この問題を引き起こす可能性のあるものがいくつかあります。その他。それは多くの原因で発生する可能性があるため、これを解決するために試みることができる複数の方法があります。

したがって、以下の各方法を実行し、各方法に従って問題が解決するかどうかを確認してください。

  1. 最近、新しいアカウントまたは新しいプロファイルを追加したり、新しいデータをOutlookにインポートしたりした場合は、時間の問題である可能性があります。新しくインポートしたデータをSpotlightインデックスに追加するには時間がかかります。したがって、インデックス作成が完了するまで待ってから、再試行してください。
  2. Officeの最新の更新がすべてあることを確認してください。この問題は通常、MicrosoftOfficeも更新することで解決されます。更新するには、Microsoft Outlookを開き、[ヘルプ]を選択して、[更新の確認]を選択するだけです。更新を確認して自動的にインストールします。
  3. Outlookプロファイルフォルダが間違った場所に保存されていることが原因で問題が発生する場合があります。これらのフォルダが保存されることになっているデフォルトの場所があります。したがって、これらの場所を確認することは、問題の原因が間違っているかどうかを確認するための良い方法です。これはデフォルトの場所です/ Users // Library / Group Containers / UBF8T346G9.Office / Outlook / Outlook 15 Profiles /
  4. Outlookプロファイルの名前に特殊文字が含まれていないことを確認してください。これは、多くの問題を引き起こす可能性があるためです。次に、方法1に進んで、Outlookプロファイルを削除して再作成します。

    ただし、プロファイルを削除して再作成したくない場合は、この場所/ Users // Library / Group Containers / UBF8T346G9.Office / Outlook / Outlook 15 Profiles /に移動し、特殊文字なしでプロファイルフォルダーの名前を次のように変更できます。上手。「」をMacのユーザー名に置き換えることを忘れないでください。

方法1:Outlookプロファイルを作り直す

現在のMicrosoftOutlookプロファイルを削除してプロファイルを再作成すると、問題が解決する場合があります。Outlookのプロファイルを削除して再作成する手順を以下に示します。

  1. Outlookを開きます
  2. [ Outlook ]、[設定]の順に移動します
  3. アカウントを選択
  4. この問題が発生しているアカウントを選択し、マイナス(-)記号を選択します
  5. アクションを確認し、確認を求められたら削除を選択します
  6. アカウントの削除が完了したら、Outlookを閉じます
  7. 次に、アプリケーションフォルダに移動します
  8. Outlookを右クリックし、[パッケージの内容を表示]を選択します
  9. 次に、[コンテンツ]に移動し、[ ShareSupport]を選択します
  10. Outlookプロファイルマネージャーを開きます
  11. あなたの選択メインプロファイルを使用すると、とのトラブルを抱えていること、および選択し、マイナス( - ) 、それを削除するには、シンボルを。追加のプロンプトを確認します
  12. 削除したら、左下隅にあるプラス(+)記号を選択して、新しいプロファイルを作成します
  13. ここで、プロファイルにメインプロファイル以外の名前を付けます。それはあなたの名か何でもかまいません。また、名前に特殊文字を含めないでください。
  14. Outlookを開きます
  15. [ Outlook ]、[設定]の順に移動します
  16. アカウントを選択
  17. アカウントを追加するには、左下隅にあるプラス(+)記号を選択します
  18. 必要なアカウントの種類を選択して続行します

アカウントを追加したら、メールが同期されてインポ​​ートされたら、検索結果を確認します。

方法2:メッセージを別のアカウントに移動する

これは解決策ではありませんが、より多くの回避策ですが、多くのユーザーに有効です。基本的に、この問題が発生しているすべてのメッセージをOutlook内の別の一時フォルダーに移動してから、元のフォルダーに戻すと、検索が機能します。これは、Outlookが検索でそれらのインデックスを再作成し、検索結果に表示されるようになるためです。

これを実行する手順を以下に示します。

  1. Outlookを開く
  2. 押し続けると、CTRL(コントロール)キーとは、新しいフォルダを作成するフォルダのリストから、フォルダをクリックしてください。この新しく作成されたフォルダーは、アイテムの一時フォルダーとして使用されます。
  3. [新しいフォルダ]を選択し任意の名前を付けます。次に、Enterキーを押します。
  4. ここで、コマンドキーを押しながら、選択する項目をクリックします。
  5. 作業が完了したら、クリックし移動をあなたにホームタブ
  6. [フォルダの選択]を選択します
  7. 次に、宛先フォルダーの名前を入力します。この場合、上記で作成したフォルダーの名前です。結果に表示されたら、クリックします
  8. [移動]を選択します
  9. メッセージを移動したら、4〜8の手順を繰り返して、メッセージを元のフォルダに戻します。

完了したら、検索結果を確認すると、正常に機能するはずです。作成した一時フォルダを削除する場合は、フォルダを右クリックし、[削除]を選択して、追加のプロンプトを確認します。

方法3:[スポットライトプライバシー]タブを確認する

Outlookプロファイルであるか、その親のフォルダーがSpotlightの[プライバシー]タブにないことを確認してください。Outlookプロファイルまたはその親フォルダーのいずれかが[Spotlightプライバシー]タブに表示されている場合、Spotlightは検索できません。そのため、Spotlightのプライバシータブからそれらを削除して、再試行してください。

Spotlightのプライバシータブからフォルダを削除するには、以下の手順に従ってください

  1. アップルメニューを選択
  2. [設定]を選択してから[スポットライト]を選択します
  3. [プライバシー]タブをクリックします
  4. 次に、リストでOutlookのプロファイルフォルダーまたはその親フォルダーを探します。
  5. フォルダを見つけたら、それを選択し、左下のマイナス(-)記号をクリックして、プライバシータブから削除します。
  6. Repeat the step for all the folders related to your Outlook’s Profile

Once you are done, quit the system preferences and wait a little bit because it will take some time to re-index the Spotlight. Once the re-indexing is done, check if the search is working again or not.

Method 4: Fix Corrupt Spotlight Index

If nothing else worked then it’s very likely that the Spotlight index may be corrupted. There are some steps that you can take to re-index the Spotlight index which will solve this problem if the problem is caused by the corrupt Spotlight index.

The steps are given below

  1. Restart your Mac just to make sure that the Spotlight index services are running
  2. Press and hold CMD (Command) key and press Space
  3. Type terminal and press Enter
  4. Type mdimport –L and press Enter. Now check if you see more than 1 Microsoft Outlook Spotlight Importer.mdimporter Delete the Outlook application that you aren’t using. Once you are done, empty it from the Trash,restart your Mac, and go back to step 1.
  5. Now type

mdimport -g “/Applications/Microsoft Outlook.app/Contents/Library/Spotlight/Microsoft Outlook Spotlight Importer.mdimporter” -d1 “/Users//Library/Group Containers/UBF8T346G9.Office/Outlook/Outlook 15 Profiles/”

On the recent versions of Windows the “-g” doesn’t work anymore, therefore, try the following command if the above one doesn’t work for you and proceed with the steps below:

mdimport -r “/Applications/Microsoft Outlook.app/Contents/Library/Spotlight/Microsoft Outlook Spotlight Importer.mdimporter” -d1 “/Users//Library/Group Containers/UBF8T346G9.Office/Outlook/Outlook 15 Profiles/”

and press Enter. Don’t forget to replace “” and “” with your computer’s username and Outlooks profile name (like Main Profile) respectively.

注:-gは、Outlookのデフォルトのインストール場所を意味し、–d1の後のアドレスはプロファイルフォルダーのデフォルトのパスです。Outlookをカスタムの場所にインストールした場合は、–gの代わりにカスタムパスを使用してください。または、Outlookプロファイルフォルダーのパスを変更した場合は、そのパスを–d1の後に置き換えます。

Spotlightのインデックスを再作成するには時間がかかるため、完了するまで待ちます。完了したら、検索をもう一度確認します。