Windows10でMicrosoftストアエラー0x80131505を修正する方法は?

0x80131505エラーがWindowsの10人のユーザーがマイクロソフトストアアプリにアクセスしようとしている時に発生しています。ほとんどの場合、エラーコードは、Windowsストアがロードを試行する長い期間の後に表示されます。この問題は、影響を受けるユーザーがUWPアプリケーションをダウンロードおよび更新するのを効果的に防ぐため、非常に深刻です。

0x80131505 Windowsストアエラーコードの原因は何ですか?

  • ジェネリックストアの不具合–問題の原因がマイクロソフトによって既に文書化されているジェネリックの不具合である場合は、Windowsストアアプリのトラブルシューティングを実行し、推奨される修復戦略を適用することで、自動的に修正できるはずです。
  • 破損したストアキャッシュ– Windowsストアキャッシュは、一連の破損したファイルのホストになる可能性があり、最終的には親サーバーに接続するWindowsストアの機能に影響を与える可能性があります。このシナリオが当てはまる場合は、Windowsストアのキャッシュ全体を手動で削除するか、WSReset.exeユーティリティを使用して問題を修正できます。
  • 不完全/破損したSoftwareDistributionデータ– SoftwareDistributionフォルダーに保存されている破損または不完全なデータが原因で、この問題が発生している可能性もあります。この場合、一連のCMDコマンドを使用してソフトウェア配布フォルダーのサブコンテンツをリセットすることにより、問題を修正できます。
  • ストアDLLが登録されなくなった結局のところ、いくつかの重要なストアコンポーネントが登録されなくなったために、この問題が発生している可能性もあります。この場合、昇格されたPowershellウィンドウを使用してすべてのファイルを再登録することで、問題を修正できます。
  • システムファイルの破損–まれに、システムファイルの破損がこのエラーコードをトリガーする要因となる場合があります。このシナリオが当てはまる場合、データを失うことなく問題を修正する最もわかりやすい方法は、システムファイルの破損に対処できるいくつかのユーティリティ(DISMおよびSFC)を実行することです。

方法1:Windowsストアアプリのトラブルシューティングを実行する

他の修正を開始する前に、開始する理想的な方法は、Windowsコンピューターが問題を自動的に修正できるかどうかをテストすることです。Windows 10で問題が発生した場合は、従来のトラブルシューティングの改良版が、適用可能な修復戦略をさらに効果的に特定して適用する可能性があります。

キャッシュフォルダの破損などの一般的な問題が原因で0x80131505エラー発生し ている場合は、以下の手順で問題を最小限の手間で修正できます。これは、Windowsストアアプリのトラブルシューティングを実行して問題を修正するためのクイックガイドです。

  1. Windowsキー+ Rを押して、[実行]ダイアログボックスを開きます。次に、「control.exe / name Microsoft.Troubleshooting」 入力し、Enterキーを押して、[設定]メニューの[トラブルシューティング]タブを開きます。

    注: Windows 10では、代わりに「ms-settings:troubleshoot」 コマンドを使用して、新しいインターフェイスを使用できます。

  2. Windowsのトラブルシューティングウィンドウが表示されたら、[他の問題の検索と修正]に移動し、[ Windowsストアアプリ]をクリックします。次に、[トラブルシューティングの実行]をクリックして、ユーティリティを開きます。
  3. トラブルシューティングユーティリティが開いたら、最初のスキャンが完了するまで辛抱強く待ちます。次に、画面の指示に従って、[この修正適用]をクリックして、(発生している問題のタイプに基づいて)推奨される修復戦略を適用します
  4. 修正が適用されたら、コンピュータをもう一度再起動し、次の起動シーケンスが完了したときにユーティリティが問題を自動的に修正したかどうかを確認します。

Microsoftストアアプリを開こうとしたときに0x80131505エラー引き続き表示される場合は、以下の次の潜在的な修正に進んでください 

方法2:Windowsストアキャッシュを削除する

影響を受ける多くのユーザーによって確認されているように、この問題は、UWPストアとMicrosoftサーバー間の接続を確立および維持するOSの機能を最終的に阻害する1つ以上の一時ファイルの破損が原因で発生する可能性もあります。

ほとんどの場合、この問題は、セキュリティスキャナーがWindowsストアで使用されるいくつかの依存関係を検疫した後に発生することが報告されています。このシナリオが当てはまる場合は、以下に示す方法のいずれかを使用してWindowsストアのキャッシュ全体をリセットすることで問題を修正できるはずです。

CMD端末にコマンドを代入することに慣れている場合は、オプション1に従って、WSReset.exeユーティリティを使用してWindowsストアのキャッシュをリセットします。GUIアプローチを好む場合は、オプション2に従います。これは長くなりますが、すべてWindowsの設定メニューから実行できます。

CMDを介したWindowsストアのリセット

  1. Windowsキー+ Rを押して、[実行]ダイアログボックスを開きます。次に、新しく表示されたテキストボックス内に「cmd」入力し、Ctrl + Shift + Enterを押して、昇格したCMDウィンドウを開きます。[ユーザーアカウント制御]プロンプトで、[はい]をクリックして管理者権限を付与します。
  2. 新しく開いたCMDプロンプト内で、次のコマンドを順番に入力し、Enterキーを押して、Windowsストアコンポーネント全体(およびすべての依存関係)をリセットします。
    wsreset.exe
  3. コマンドが完了したらすぐに、管理者特権のCMDウィンドウを閉じ、コンピューターを再起動して、次回のシステム起動時に問題が修正されるかどうかを確認します。

[設定]メニューからWindowsストアをリセットする

  1. Windowsキー+ Rを押して、[実行]ダイアログボックスを開きます。次に、「ms-settings:appsfeatures」 入力し、Enterキーを押して、[設定]ウィンドウの[アプリと機能]メニューを開きます。
  2. [アプリと機能]ウィンドウにアクセスしたら、インストールされているUWPアプリケーションのリストを確認し、Microsoftストアに関連付けられているエントリを見つけます。
  3. それが表示されたら、その真下を見て、Advanced Options(Microsoft Corporationの下)という名前のハイパーリンクを見つける必要があります。それを1回クリックして、[詳細オプション]メニューを開きます。
  4. [リセット]ボタンをクリックし、確認してMicrosoftストアキャッシュのクリーンアッププロセスを開始します。
  5. 操作が完了するまで辛抱強く待ってから、マシンを再起動し、Microsoft Storeをもう一度開いて、次のシステム起動時に問題が解決するかどうかを確認します。

同じ0x80131505エラーが引き続き発生する場合は、以下の次の方法に進んでください 

方法3:SoftwareDistributionフォルダーからデータをクリアする

結局のところ、この問題は、WU(Windows Update)で使用されているSoftwareDistributionフォルダーに破損したデータが含まれている場合にも発生する可能性があります。この場合、一連のCMDコマンドを使用してソフトウェア配布フォルダーのサブコンテンツをリセットすることで、問題を修正できるはずです。

重要:これを行う前に、コンピューターがインターネットに接続されていないことを確認することが重要です。これを念頭に置いて、Wi-Fiが無効になっているか、イーサネットケーブルがPCから物理的に切断されていることを確認してください。これを行わない限り、Windows 10は一部のファイルを変更できないことを通知するため、コマンドは成功しません。

インターネットアクセスが無効になっていることを確認したら、以下の手順に従ってSoftwareDistributionフォルダーからデータを消去します。

  1. Windowsキー+ Rを押して、実行ウィンドウを開きます。次に、実行ボックス内に「cmd」と入力し、Ctrl + Shift + Enterを押して、昇格したCMDプロンプトを開きます。UAC(ユーザーアカウント制御)が表示されたら、[はい]をクリックして管理者権限を付与します。
  2. 管理者特権のコマンドプロンプトに入ることができたら、次のコマンドを順番に入力し、各コマンドの後にEnterキーを押して、SoftwareDistributionフォルダーをリセットします。
    net stop cryptSvc net stop bits net stop msiserver ren C:\ Windows \ SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old rmdir C:\ Windows \ SoftwareDistribution \ DataStore rmdir C:\ Windows \ SoftwareDistribution \ Download net start cryptSvc net start bits net start msiserver

    注:この一連のコマンドは、最初にこの操作を妨げる可能性のあるサービスを停止し、次にフォルダーの名前を変更し、データストアフォルダーとダウンロードフォルダーを削除してから、以前に無効にしたサービスを再度有効にします。

  3. すべてのコマンドが正常に処理されたら、管理者特権のCMDプロンプトを閉じ、コンピューターを再起動して、変更が適用されていることを確認します。
  4. 次の起動シーケンスで、Windowsストアをもう一度起動して、問題が解決したかどうかを確認します。

方法4:ストアアプリを再登録する

この問題が発生するもう1つのシナリオは、Windowsストアコンポーネントに属する一部のファイルが登録解除された場合です。このシナリオが現在の状況に当てはまる場合は、Powershellを使用してストアアプリを再登録することで問題を修正できるはずです。

昇格されたPowerShellウィンドウを使用してストアアプリを再登録するためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. 押しのWindowsキー+ Rを開くために実行してダイアログボックスを。次のメニュー内で「powershell」入力し、Ctrl + Shift + Enterを押して、昇格したPowershellウィンドウを開きます。UAC(ユーザーアカウント制御)ウィンドウが表示されたら、[はい]をクリックして、管理者アクセスで開くことを許可します。
  2. 管理者特権のPowershellウィンドウが表示されたら、次のコマンドを入力し、Enterキーを押してWindowsストアコンポーネントを再登録します。
    Get-AppXPackage * WindowsStore * -AllUsers | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register "$($_。InstallLocation)\ AppXManifest.xml"}
  3. コマンドが完了して正常に処理されたら、コンピューターを再起動し、次回のシステム起動時に問題が解決するかどうかを確認します。

同じ0x80131505 エラーが引き続き発生する場合は、以下の最終的な修正の可能性に進んでください。

方法5:SFCおよびDISMスキャンの実行

上記の潜在的な修正のいずれでも0x80131505 エラーを修正できない場合は、何らかのシステムファイルの破損が原因でこの問題が発生している可能性があります。結局のところ、特定の状況では、これによりPCがMicrosoftストアにアクセスする機能が損なわれる可能性があります。

この場合、一連の組み込みユーティリティ(DISMおよびSFC)を使用して問題を迅速に修正できるはずです。

システムファイルチェッカー展開イメージのサービスと管理はどちらも、破損したシステムファイルが原因で特定のコンポーネントが機能しなくなった場合に対処するように設計された組み込みツールです。

Since SFC is better at fixing logical errors and DISM is superior at replacing corrupted dependencies, we encourage you to run both scans in order to improve your chances of fixing the issue.

Here’s a quick guide on running both utilities in order to resolve the 0x80131505 error code:

  1. Press Windows key + R to open up a Run dialog box. Once you’re inside the Run box window, type ‘cmd’ and press Ctrl +Shift + Enter to open up an elevated command prompt. Then, click Yes at the UAC prompt to grant administrative access.
  2. Once you’re inside the elevated Command Prompt, type the following command and press Enter to initiate an SFC scan:
    sfc /scannow

    Note: This utility uses a locally cached copy to replace corrupted files with healthy copies. It’s important that you don’t interrupt this process once you get this started – Doing this exposes your system to other types of system file corrupted.

  3. Once the scan is finished, restart your computer. At the next startup, follow step 1 again to open up another elevated CMD window. Then, type the following command line and hit Enter to initiate a DISM scan:
    DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth

    Note: Keep in mind that DISM requires a stable internet connection since it uses the WU (Windows Update) component to download healthy copies in order to replace corrupted instances.

  4. プロセスが完了したら、コンピューターを再起動し、次回のコンピューターの起動時に問題が解決するかどうかを確認します。