HP_Toolsドライブとは何ですか?フル時に修正する方法は?

ヒューレットパッカード(HP)は非常に信頼性の高いコンピューターを製造しており、この事実でよく知られています。HPは通常、Windowsオペレーティングシステムに加えて、消費者がコンピューターをスムーズに実行できるように、いくつかのユーザーユーティリティソフトウェアを展開しています。そのようなユーティリティの1つがHPツールです。HPユーザーは、HP_Toolsドライブがいっぱいであるというメッセージをコンピューターに表示することがあります。このメッセージは、毎分表示され続けると迷惑になります。上記のHP_Toolsドライブが見つからない場合は、さらにイライラします。

この記事では、HP_Toolsがいっぱいになる理由と、スペースを解放して「ドライブがいっぱいです」というメッセージを停止する方法について説明します。

HP Toolsパーティションがいっぱいになっているのはなぜですか?

HP_Toolsドライブは、HPToolsユーティリティがHPコンピューターにインストールされたときにシステムによって作成されます。このドライブには通常、ドライブ文字(E :)が付いています。パーティションには、コンピューターの診断ツールが格納されています。これらのツールは、ハードディスクやメモリなどの障害をチェックするために使用されます。これらは通常、起動中にF11キーを押すことでアクセスされます。パーティションは約100MBで、ユーティリティの保存には20MBしか使用されていません。

設計上、HP_Toolsドライブは、最悪の場合、常に4分の1または2分の1未満である必要があります。では、何がそれを完全に占有された状態にするのでしょうか?この問題は常に、そのドライブ向けではないデータに関連しています。ケースのHPツールパーティションがいっぱいになる原因がいくつかあります。

  1. 個人データをHPツールパーティションに保存しました:–個人データをこのパーティションに保存すると、遅かれ早かれ、パーティションがいっぱいになります。これは、HP Toolsユーティリティがこのパーティションにデータを保存しようとすると、「HP_Toolsドライブがいっぱいです」というエラーが表示されることを意味します。
  2. Windowsリカバリまたはバックアップと復元ユーティリティがHPツールのパーティションにデータを保存しています:–これがメッセージの原因である可能性が最も高いです。HPツールユーティリティは、PCの復元ポイントに基づいてデータを作成する「Windowsリカバリ」と混同しないでください。データを保存するもう1つのWindowsシステムユーティリティは、「バックアップと復元」です。特徴; 膨大なスペースを使用します。考えられるケースは、これら2つのユーティリティ、またはそれらのいずれかがHP_Toolsドライブにデータを保存していることです。バックアップユーティリティはドライブCにバックアップすることはなく、HPコンピュータの場合、DVDドライブであるDを超えてスライドし、ツールパーティションであるEに到達します。リカバリ、バックアップと復元、またはHPツールユーティリティを使用してこのデータをHP Toolsパーティションに自動的に保存しようとすると、コンピュータの容量が不足する場合があります。したがって、ディスクがいっぱいであるというメッセージが表示されます。

エラーの考えられる原因を指摘したので、ここに問題の解決策があります。

方法1:Windowsがバックアップデータを保存しないようにし、すでにバックアップされている個人データをHP_Toolsパーティションから削除します

ステップ1:ウィンドウのバックアップを停止する

これにより、Windowsが将来的にバックアップファイルをHP_Toolsパーティションに保存できなくなります。

  1. 押してWindowsの/スタートキー+ R実行ウィンドウを開くために
  2. 実行ボックスに「sdclt」と入力し、Enterキーを押して、[バックアップと復元]ウィンドウを開きます。バックアップの場所が(E :)に設定されている場合、WindowsはおそらくHP_Toolsドライブにデータを保存しています。
  3. システムの自動バックアップを無効にするには、ウィンドウの左側のパネルにある[スケジュールをオフにする]をクリックします。
  4. Windowsがバックアップするフォルダ変更するには
  • バックアップオプションの下にある[設定の変更]をクリックします。
  • Windowsのバックアップが開始されるのを待ってから、バックアップの場所/パーティション(HP_Toolsドライブではない)をクリックして選択し、[次へ]を押します。
  • バックアップするものを選択するか、Windowsにバックアップを任せて、[次へ]をクリックします。
  • 最後に、[設定を保存してバックアップを実行する]をクリックして変更を保存します。

ステップ2:個人データとすでにバックアップされたデータを削除する

これにより、ドライブのすでに使用されているスペースがクリアされます

  1. 「マイコンピュータ」からHP_Tool(E :)パーティションを開きます。このパーティションが表示されない場合は、ファイルパスのアドレスバーに「E:」と入力してEnterキーを押します。
  2. USERNAME-HPやYOURNAME-HPなどのユーザー名が記載されたバックアップファイルを削除します。「MediaID」という名前のファイルを削除します。これらのファイルはバックアップデータです。
  3. Hewlett-Packardという名前のフォルダーとファイルHP_WSD.datおよびHPSF_Repを除く他のすべてを移動します。それ以外はおそらく個人データなので、このフォルダから別のフォルダに移動してください。

コンピュータのバックアップを本当に作成する必要がある場合は、データを外部ディスク、またはオペレーティングシステムと同じドライブにないパーティション/ドライブに保存することをお勧めします。これにより、プライマリハードディスクに障害が発生した場合のバックアップがより安全になります。