MicrosoftOfficeのインストール時にエラーコード30068-39を解決する

一部のWindowsユーザーは、Office365またはOffice 2016をインストールしようとすると、エラーコード30068-39 が発生します。これは通常、以前に古いバージョンのOfficeを使用していたマシンのWindows10で発生することが報告されています。

ほとんどの場合、エラーコード30068-39は、適切にアンインストールされなかった古いOfficeインストールによって残された残りのファイルによって新しいインストーラーが停止されるために発生します。このシナリオが当てはまる場合は、Microsoftが提供するスクラブユーティリティを使用して古いOfficeインストールの痕跡をすべて削除することで、問題を簡単に解決できます。

インストーラーの実行可能ファイル(Microsoft Office Click-to-Run)を支援するサービスが無効になっているか、従来どおり機能しなくなったために、Officeスイートのインストールが失敗する可能性もあります。この場合、修正は、そのサービスを強制的に開始し、システムが起動するたびに実行されるようにすることで構成されます。

ただし、特定の状況では、問題はある種のシステムファイルの破損によって促進される可能性があります。これは、MicrosoftOfficeの他のプログラムでインストールエラーが発生した場合に発生する可能性が非常に高くなります。この場合、DISMやSFCなどのユーティリティを使用してシステムファイルの破損を修正すると、エラーメッセージを回避できるはずです。

方法1:他のOfficeインストールをアンインストールする

結局のところ、ユーザーがOffice365または別のOfficeバージョンをインストールしようとすると、エラーコード30068-39が 生成される一般的な問題の1つは、新しいバージョンと競合する古いインストールです。

ほとんどの場合、エラーは以前のインストールファイルが適切に削除されていないために発生します。このシナリオが当てはまる場合は、この問題の出現に寄与する可能性のある古いOfficeインストールファイルをすべて削除する必要があります。

この問題が発生した多くのユーザーは、以下の手順で最終的に問題を修正できることを確認しています。エラーコード30068-39をトリガーしている可能性のある残りのファイルをアンインストールして削除するために必要なことは次のとおりです。

  1. 押してWindowsキー+ Rを開くためにファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを。テキストボックス内に「appwiz.cpl」入力し、Enterキーを押して[プログラムと機能]ウィンドウを開きます。
  2. 内部に入ったら、インストールされているアプリケーションのリストを下にスクロールして、インストールしようとしている新しいバージョンと競合している可能性のある古いOfficeインストールを見つけます。表示されたら、右クリックして、コンテキストメニューから[アンインストール]を選択します。

    注:古いOfficeインストールからエントリが見つかった場合は、この手順をスキップして、手順4に直接進んでください。

  3. アンインストール画面内で、プロンプトに従ってアンインストール手順を完了し、プロンプトが表示されない場合は手動でコンピューターを再起動します。
  4. 次の起動シーケンスが完了したら、デフォルトのブラウザからこのリンク(ここ)にアクセスし、[ Office]セクションのインストール中に[問題]まで下にスクロールします。そこに着いたら、[ダウンロード]ボタンをクリックしてSetupProd_OffScrub.exeをダウンロードします。

  5. 実行可能ファイルがダウンロードされたら、SetupProd_OffScrub.exeをダブルクリックし [インストール]をクリックし画面の指示に従って、この動作を引き起こす可能性のあるOffice関連の残りのファイルをすべて削除します。
  6. スクラブ手順が完了したら、コンピュータを再起動し、次の起動が完了するのを待ちます。
  7. インストールをもう一度繰り返して、エラーコード30068-39が表示されずに手順を完了できるかどうかを確認します

この方法が適用できない場合、または古いオフィスのインストールから残りのファイルをスクラブした後も同じエラーが表示される場合は、以下の次の潜在的な修正に進んでください。

方法2:Click-to-Runサービスを有効にする

結局のところ、Officeインストーラーを開いた直後に失敗した場合、この動作は、システムがClick-to-Runインストーラーを実行できないことが原因である可能性があります–この問題は、Microsoft OfficeClickと呼ばれるサービスによって促進される可能性があります- to-実行すると無効になります。

デフォルトでは、MicrosoftOfficeのClick-to-Runサービスがデフォルトで有効になっていることに注意してください。ただし、手動のユーザー介入または一部のサードパーティアプリ管理システムがそれを無効にしてしまう可能性があります。これにより、新しいOfficeのインストールが妨げられます。

このシナリオが当てはまる場合は、サービスユーティリティを使用してMicrosoftOfficeのClick-to-Runサービスを強制的に開始することで問題を修正できるはずです。

このサービスを有効にしてインストールを繰り返す方法のクイックガイドは次のとおりです。

  1. 押してWindowsキー+ Rは、ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。次に、テキストボックス内に「services.msc」入力し、Enterキーを押してサービスユーティリティを開きます。

    注:UAC(ユーザーアカウント制御)によってプロンプトが表示されたら、[はい]をクリックして管理者権限を付与します。

  2. [サービス]画面が表示されたら、左側のセクションから[サービス(ローカル)]を選択し、右側のセクションに移動して、MicrosoftOfficeのClick-to-Runサービスが見つかるまでアクティブなローカルサービスのリストを下にスクロールします。表示されたら、右クリックして、新しく表示されたコンテキストメニューから[プロパティ]をクリックします。
  3. 内部プロパティの画面のMicrosoft Officeクイック実行サービス、選択全般]タブをし、スタートアップの種類に設定されているかどうか無効。そうである場合は、関連するドロップダウンメニューを使用して、スタートアップの種類自動に変更します。次に、以下を見て、[開始]をクリックして、サービスを強制的に開始します。
  4. Microsoft Office Click-to-Runサービス有効になっていて、システムの起動ごとに起動するようにスケジュールされていることを確認したら、コンピューターを再起動して、エラーコード30068-39の原因となっているOfficeバージョンのインストールを繰り返します

それでも問題が解決しない場合は、以下の次の潜在的な修正に進んでください。

方法3:システムファイルの破損を修正する

上記の潜在的な修正のいずれでも問題を修正できない場合は、オペレーティングシステムが新しいアプリケーションをインストールする機能を阻害する、ある種のシステムファイルの破損に対処している可能性があります。

インストール段階で問題が発生しているプログラムがMicrosoftOfficeだけではない場合、問題を解決する唯一の方法は、エラーコード30068-39の原因となっているファイルの破損を解決することです– 最も効率的な方法これを行うには、(SFCDISM)のようないくつかのユーティリティを使用します。

注:SFC(システムファイルチェッカー)はローカルに保存されたキャッシュを使用してシステムの破損を正常なコピーに置き換えますが、DISM(展開イメージとサービスの展開)WindowsUpdate のサブコンポーネントを使用して破損したインスタンスをダウンロードして置き換えます。

これら2つのユーティリティの動作は異なるため、問題を解決する可能性を最大化するために、両方をすばやく連続して実行する(そしてその間に再起動する)ことをお勧めします。

ことから始めSFCスキャンを実行し、問題が解決されたかどうかを確認するために、この手順の最後に再起動を行います。問題が解決しない場合は、DISMスキャン続行し、手順が完了するまで待ってから再起動してください。

上記の2つのユーティリティで問題が解決しなかった場合は、インプレース修復(修復インストール)手順を検討するか、データ全体の損失を気にしない場合はクリーンインストールを検討する必要があります。

タグオフィスウィンドウ