再帰的なLinuxMakeDirectoryコマンドの使用方法

通常、mkdir Linux make directoryコマンドを使用すると、プロンプトが現在置かれているディレクトリに存在する単一のサブディレクトリが作成されます。〜 / Documentsにいて、mkdir Memorandaと入力した場合は、次のような単一のディレクトリを作成します。 〜/ Documentsに住んでいたメモ。通常、その中にディレクトリを追加することはありません。

ただし、Linuxのmake directoryコマンドの再帰形式を使用して、ディレクトリツリー全体を作成できます。あなたが座っているディレクトリ内にディレクトリを作成し、その中に他の多くのディレクトリを作成することができます。当然、続行するにはCLIプロンプトから作業する必要があります。Ctrl、Alt、Tを押したままにして、グラフィカル端末を開きます。Ubuntu Unity Dashでターミナルを検索するか、[アプリケーション]メニューを選択し、[システムツール]をクリックして[ターミナル]を選択することもできます。自分のホームディレクトリの外にディレクトリを作成しない場合は、rootユーザーとして作業する必要はありません。

方法1:親mkdirオプションを使用する

一度に複数のディレクトリを作成したい場合は、mkdir -p hey / this / is / a / Whole / treeと入力して、Enterキーを押します。これらの名前がそれぞれ内部にネストされたディレクトリのセット全体を取得します。もちろん、ツリーの任意の場所で任意の名前を使用できます。それらのディレクトリのいくつかが存在する場合、たとえば、すでにheyとthisが存在し、他のディレクトリは存在しない場合、mkdirはエラーなしでこれらを単純に渡し、その下にディレクトリを作成します。

-pオプションは親と呼ばれ、理論的には、前のコマンドで-pの代わりに-parentsと入力することにより、多くのディストリビューションで呼び出すことができます。この方法で、実質的に無制限の数のディレクトリを一度に作成できます。作成されるとすぐに、他のディレクトリとまったく同じように機能します。これは、一番上のものを削除しようとすると、空ではないことについても文句を言うことを意味します!

方法2:親mkdirオプションと中括弧拡張を使用する

ブレース拡張を使用すると、bashコマンドインタープリターを使用するときに、単一のパターンに従う一連のディレクトリを作成できます。たとえば、mkdir {1..4}と入力した場合、現在のディレクトリにそのように番号が付けられた4つのディレクトリが作成されます。必要に応じて、この概念を親オプションと組み合わせることができます。たとえば、mkdir -p 1 / {1..4}と入力し、Enterキーを押して、1、2、3、および4というディレクトリを含む1というディレクトリを作成できます。これは非常に強力なコマンドであり、これを使用して大量のディレクトリを一度に作成できます。これにより、Linuxで写真、ビデオ、音楽のコレクションを並べ替えるのに最適です。一部の人々は、配布する予定のソフトウェアまたはパッケージのインストールスクリプトを作成するときにもこのテクノロジを使用します。

もちろん、このオプションを組み合わせて、コマンドの任意の部分に中括弧の展開を追加することもできます。あなたには、いくつかのブレース展開を介したディレクトリ、唯一の両親再帰を経由して、その後他の人を作成したい場合は、次のようなコマンドしようとする場合があります。mkdir -pa /ディレクトリ/内部{1..4}のとディレクトリの内部を作成し、 aとその下のinside1、inside2、inside3、inside4。mkdirコマンドの使用方法を学習したら、少し実験して、お互いの中に追加のディレクトリを作成してください。ただし、他のディレクトリが含まれているディレクトリは、少しでも削除できないことに注意してください。再帰またはファイルマネージャーの使用。