Windows UpdateエラーC80003F3を修正する方法は?

何人かのWindowsユーザーは、特定のWindows Updateをインストールしようとしたとき、またはWUユーティリティを起動しようとしたときに、「WindowsUpdateエラーC80003F3」が 発生します。エラーコードは、コンピュータの短期記憶(RAM)が不足していることを示しています。ほとんどの場合、この問題は通常、ユーザーがシャットダウンではなくコンピューターをスリープ状態にする習慣がある場合に発生します。

Windows UpdateエラーC80003F3より深刻なケースでは、この問題は自動更新機能を事実上破壊するため、ユーザーはWindowsバージョンを最新の状態にするために手動更新に頼る必要があります。調査の結果、この問題はWindows 7、Windows 8.1、およびWindows10で発生することが報告されています。

Windows UpdateエラーC80003F3の原因は何ですか?

この特定の問題を調査するために、さまざまなユーザーレポートを調べ、以前に同じ問題の影響を受けたユーザーが推奨するさまざまな修復戦略をテストしました。結局のところ、いくつかの異なるシナリオがこのエラーコードを生成する可能性があります。このエラーメッセージをトリガーする可能性のある原因の候補リストは次のとおりです。

  • グリッチされたWindowsUpdateインスタンス–このエラーコードをトリガーする最も一般的な原因は、1つ以上のWUコンポーネントが不安定な状態でスタックした場合です。このような状況では、最善のアプローチは、Windows Updateのトラブルシューティングツール(ほとんどの不整合を識別し、正しい修復戦略を自動的に適用できるユーティリティ)を実行することです。
  • 失敗する更新には前提条件が必要です結局のところ、特定の更新では、この特定のマシンにまだインストールされていない更新が必要なため、このエラーコードが表示される場合があります。これは通常、重要なセキュリティ更新プログラムも保留中に、ユーザーが必須ではない更新プログラムをインストールしようとしたときに発生します。この場合、最初に重要な更新をインストールすることで問題を解決できます。
  • 一部の重要なWUサービスが有効になっていない–このエラーコードが発生するもう1つの可能性は、WUプロセスに関連する重要なサービスが無効になっている状況です。これは、手動のユーザー介入、またはリソース管理アプリによって実行されるリソース最適化の雑用が原因で発生する可能性があります。このシナリオが当てはまる場合は、すべての重要なWUサービスが有効になっていることを確認することで問題を解決できるはずです。
  • 破損したWUコンポーネント–より深刻なケースでは、このエラーコードは、従来は解消されなかった永続的なWUバグが原因で発生する可能性があります。特定のコンポーネントが不安定な状態でスタックした場合、実行可能な唯一の解決策は、すべてのWUコンポーネントをリセットして、コンポーネントが麻痺する可能性を排除することです。これは、自動化されたWUエージェントを使用するか、昇格されたCMDプロンプトで一連のコマンドを展開することによって実行できます。
  • 登録解除されたWindowsUpdate DDL –複数のユーザーレポートを調査した後、この問題は、WSUS操作に関連する重要なDDLの登録解除が原因で発生する可能性があることが判明しました。このシナリオが当てはまる場合は、更新プロセスに関係するすべての.DDLファイルを再登録できる.BATスクリプトを作成することで、問題を解決できるはずです。
  • 過保護ファイアウォールスイート–結局のところ、特定のファイアウォールスイートは、エンドユーザーコンピューターとWUサーバー間の接続をブロックしてしまう可能性があります。Commodoファイアウォールは、影響を受けるユーザーが責任を負うと最も一般的に報告されています(ただし、他のユーザーもいる可能性があります)。この場合、過保護スイートをアンインストールしてネイティブファイアウォールに戻すことで、問題を修正できます。

現在同じエラーメッセージが表示されない場合は、この記事でいくつかの異なるトラブルシューティング手順を説明します。以下に、同様の状況にある他のユーザーが「WindowsUpdateエラーC80003F3」を解決するために正常に使用した潜在的な修正のコレクションを示します

最良の結果を得るには、以下の方法を、効率と重大度の順に並べたのと同じ順序で実行することをお勧めします。最終的には、問題を修正し、現在問題を引き起こしている原因に関係なく、Windowsが自己更新できるようにする修正が発生するはずです。

さぁ、始めよう!

方法1:WindowsUpdateのトラブルシューティングを実行する

他の修復戦略を検討する前に、Windowsがそれ自体で問題を処理できないことを確認することから始める必要があります。Windows UpdateエラーC80003F3が発生している何人かのユーザーは、WindowsUpdate トラブルシューティングを実行した後に問題が解決したと報告しています。

この組み込みユーティリティは、WUコンポーネント全体の不整合を分析し、このシナリオに適した戦略を見つけることができた場合は、修復戦略を推奨します。WindowsUpdateのトラブルシューティングを実行するためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. 押してWindowsキー+ Rを開くためにファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを。次に、「ms-settings-troubleshoot」と入力し、Enterキーを押して、設定アプリの[トラブルシューティング]タブを開きます。
  2. [トラブルシューティング]タブが表示されたら、右側のペインに移動し、[起動して実行]セクションに移動します。そこに着いたら、[ Windows Update ]をクリックし、[トラブルシューティングの実行]をクリックします
  3. ユーティリティの起動に成功したら、最初のスキャンが完了するまで辛抱強く待ちます。これにより、トラブルシューティングに含まれている修復戦略のいずれかが特定のシナリオに適用されるかどうかが決まります。
  4. 実行可能な修正が特定されると、新しいウィンドウが表示されます。この場合、[この修正適用]をクリックし、画面の指示に従って、推奨される修復戦略を実行します。
  5. 修正が正常に適用されたら、コンピューターを再起動して、問題が解決したかどうかを確認します。

それでもWindowsUpdateエラーC80003F3が発生する場合は、以下の次の方法に進んで ください。

方法2:最初に重要な更新をインストールする

一部のWindowsUpdateには前提条件があります。つまり、正しくインストールするには、最初に特定の更新プログラムをインストールする必要があります。一部のユーザーが報告しているように、これが、特定のWindowsUpdateをインストールしようとしたときにエラーC80003F3 が表示される理由である可能性があります。

重要な更新によって条件付けられた更新をインストールしようとしている可能性があります。この場合、保留中の他のすべての更新を最初にインストールし、失敗した更新を最後にインストールすることで問題を解決できるはずです。

これを行う方法のクイックガイドは次のとおりです。

  1. 押してWindowsキー+ Rを開くためにファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを。次に、タイプ」MS-の設定:windowsupdate」を押して入力開くために、Windows Updateののタブ設定アプリを。

    注: Windows 10を使用していない場合は、「ms-settings:windowsupdate」コマンドを「wuapp」に置き換えてください。

  2. Windows Update画面が表示されたら、右側のペインに移動して、[更新の確認]をクリックします。次に、画面の指示に従って、失敗しているものを除くすべての更新をインストールします。重要(重要な更新)の優先順位を確認してください。
  3. (失敗したものを除いて)保留中の更新をすべてインストールした後、コンピューターを再起動し、次の起動シーケンスが完了したら保留中の更新をインストールします。

それでもエラーC80003F3が発生する場合、またはコンピューターが既に最新の状態である場合は、以下の次の潜在的な修正に進んで ください。

方法3:すべての重要なWUサービスを有効にする

Windows UpdateエラーC80003F3 が表示される可能性のある別のシナリオは、保留中の更新プログラムのインストールプロセスに不可欠な1つまたは複数のサービスが無効になっている状況です。これらの主要なサービスのいずれかが発生した場合、更新プログラムのインストールプロセスは最終的に失敗します(多くの場合、このエラーコードが表示されます)。

Several affected users that found themselves in a similar situation have reported that they managed to fix the issue by checking the and enabling every essential WU service that wasn’t running. After doing this, the installation of the problematic update completed without issues.

Depending on your technical abilities, two different methods will allow you to ensure that every critical WU service needed for the updating operation is enabled. Both method will allow you to do the same thing, so be sure to choose whatever guide you’re most comfortable with.

Enabling services via Command Prompt

This is the quickest way and most effective method of ensuring that all essential services are running as intended. Here’s a quick guide on enabling all essential WU services via an elevated Command Prompt:

  1. Press Windows key + R to open up a Run dialog box. Next, type “cmd” inside the text box and press Ctrl + Shift + Enter to open up a Command Prompt with admin access.

    Note: If you see the UAC (User Account Control) prompt, click Yes to grant administrative privileges.

  2. Once you manage to get inside the Elevated Command Prompt window, type the following commands in order and press Enter to modify each Startup type of each essential service to Automatic:
    SC config trustedinstaller start=auto SC config bits start=auto SC config cryptsvc start=auto
  3. After each essential service has been adjusted, restart your machine and see if the issue is resolved at the next system startup.

Enabling all WU services via GUI

If you’re not that fond of using the CMD terminal, there’s also a workaround that will enable you to modify the status of the same WU services by using the Windows GUI – using the Services screen. But be warned, the steps are a little more tedious, but the results are exactly the same. Here’s what you need to do:

  1. Open up a Run dialog box by pressing Windows key + R. Next, type “services.msc” inside the text box and press Enter to open up the Services screen.
  2. After you manage to get inside the Services screen, scroll down through the list of services and locate the Windows Module installer service. Once you see it, double-click on it to open up the Properties screen.
  3. Inside the Windows Module Installer Properties screen, go to the General tab and change the Startup type to Automatic, then click on Apply to enforce the changes.
  4. Next, repeat step 2 and step 3 with both the Cryptographic Service and the Trusted Installed service.
  5. Once you confirm that all involved services are enabled, restart your computer and see if the issue has been resolved.

If none of the two operations presented above have allowed you to resolve the issue, move down to the next method below.

Method 4: Reset all WU Components

If none of the methods above have allowed you to resolve the Windows Update Error C80003F3, there’s a high chance that you’re dealing with a persisting WU (Windows Update) bug that will not go away conventionally. Under certain circumstances, certain WU services might become stuck in a limbo state, which has the potential of triggering this kind of behavior.

If this scenario is applicable, you can resolve the issue by resetting all WU components involved in this operation. You can achieve this by using two different methods – you either go the manual route or you use the automated WU agent.

Resetting all WU components using the automated agent

  1. Access this Microsoft Technet page (here) with your default browser and download the Reset Windows Update Agent script.
  2. Wait patiently until the download is complete, then extract the zip archive with a utility like WinRar, WinZip or 7Zip.
  3. After the extraction is complete, double-click on the ResetWUENG.exe, then follow the on-screen instructions to run the script on your computer. During this process, all your WU components will be reset automatically.
  4. Once the operation is complete, restart your computer and see if you can install the update that was previously failing with the Windows Update Error C80003F3.

Resetting all WU components via an elevated CMD prompt

  1. Press Windows key + R to open up a Run dialog box. Inside the Run box, type “cmd” inside the text box, then press Ctrl + Shift + Enter to open up an elevated Command Prompt. Once you see the UAC (User Account Control), click Yes to grant administrative privileges.
  2. Once you’re inside the elevated Command Prompt, type the following commands in order and press Enter after each one to stop all WU related services:
    net stop wuauserv net stop crypt Svcnet stop bits net stop msiserver

    Note: As soon as you run these commands, you will effectively stop the Windows Update Services, MSI Installer, Cryptographic services, and BITS services.

  3. After you manage to stop all relevant services, fun the following commands to clear and rename the SoftwareDistribution and Catroot2 folders:
    ren C:\Windows\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old ren C:\Windows\System32\catroot2 Catroot2.old

    Note: These two folders right here are responsible for storing temporary update files that are being used by the WU component.

  4. Now that the Catroot2 and SoftwareDistribution folders have been deleted, run the following commands and press Enter after each one to re-enable the services that we previously disabled:
    net start wuauserv net start cryptSvc net start bits net start msiserver
  5. Restart your computer and, once the next startup is complete, repeat the action that was previously causing the issue and see if the issue is now resolved.

If the same issue is still occurring, move down to the next method below.

Method 5: Re-registering DDLs connected to WSUS

Several Windows users that have tried resetting all WU components without success have finally been able to resolve the issue by re-registering all the DDLs that are involved with WSUS. The steps of creating this script are not hard to replicate, and it will save you from a lot of manual labor.

Here’s a quick guide on using Notepad to create a script that will reset all Windows components and re-register all involved DLLs components:

  1. Press Windows key + R to open up a Run dialog box. Then, type “notepad.exe” and press Ctrl + Shift + Enter to open up Notepad with administrative privileges. When you’re prompted by the UAC (User Account Control), click yes to grant administrative privileges.
  2. Once you’re inside the elevated Notepad window, paste the following commands inside the blank notepad window:
    net stop bits net stop wuauserv net stop appidsvc net stop cryptsvc Del "%ALLUSERSPROFILE%\Application Data\Microsoft\Network\Downloader\qmgr*.dat" Del %windir%\SoftwareDistribution\*.* /S /Q Ren %windir%\system32\catroot2 catroot2.bak sc.exe sdset bits D:(A;;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;;SY)(A;;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;;BA)(A;;CCLCSWLOCRRC;;;AU)(A;;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;;PU) sc.exe sdset wuauserv D:(A;;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;;SY)(A;;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;;BA)(A;;CCLCSWLOCRRC;;;AU)(A;;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;;PU) cd /d %windir%\system32 regsvr32.exe /S atl.dll regsvr32.exe /S urlmon.dll regsvr32.exe /S mshtml.dll regsvr32.exe /S shdocvw.dll regsvr32.exe /S browseui.dll regsvr32.exe /S jscript.dll regsvr32.exe /S vbscript.dll regsvr32.exe /S scrrun.dll regsvr32.exe /S msxml.dll regsvr32.exe /S msxml3.dll regsvr32.exe /S msxml6.dll regsvr32.exe /S actxprxy.dll regsvr32.exe /S softpub.dll regsvr32.exe /S wintrust.dll regsvr32.exe /S dssenh.dll regsvr32.exe /S rsaenh.dll regsvr32.exe /S gpkcsp.dll regsvr32.exe /S sccbase.dll regsvr32.exe /S slbcsp.dll regsvr32.exe /S cryptdlg.dll regsvr32.exe /S oleaut32.dll regsvr32.exe /S ole32.dll regsvr32.exe /S shell32.dll regsvr32.exe /S initpki.dll regsvr32.exe /S wuapi.dll regsvr32.exe /S wuaueng.dll regsvr32.exe /S wuaueng1.dll regsvr32.exe /S wucltui.dll regsvr32.exe /S wups.dll regsvr32.exe /S wups2.dll regsvr32.exe /S wuweb.dll regsvr32.exe /S qmgr.dll regsvr32.exe /S qmgrprxy.dll regsvr32.exe /S wucltux.dll regsvr32.exe /S muweb.dll regsvr32.exe /S wuwebv.dll netsh winsock reset netsh winhttp reset proxy net start bits net start wuauserv net start appidsvc net start cryptsvc
  3. Once the script is successfully pasted inside the Notepad window, go to File > Save As. After you establish a location where you want to save the script, name it however you want, but make sure you change the extension at the end to .bat.
  4. Click Save to produce the .bat file, then right-click on the newly created file and choose Run as administrator to run the script.
  5. Run the script, then wait until all commands are processed. Once the script is finished, close the elevated CMD prompt and install the Windows Update that was previously causing the Windows Update Error C80003F3.

If the same problem is still occurring, move down to the next method below.

Method 6: Uninstalling Commodo firewall (if applicable)

As it turns out if you’re using Commodo antivirus on an older Windows version like Windows 7 or Windows Vista. There are a couple of Commodo firewall versions (particularly versions older than v3.0.15.277) that will cause this error with new Windows Updates.

Several users that found themselves in a similar situation have managed to resolve it and install the failing update by getting rid of the 3rd party firewall solution first. As it turns out, switching to the native firewall will no longer trigger this particular behavior. This suggests the possibility that Commodo firewall tends to be overprotective in certain situations.

Here’s a quick guide on uninstalling Commodo firewall and removing any remnant files:

  1. Press Windows key + R to open up a Run dialog box. Once you’re inside the Run dialog box, type “appwiz.cpl” and press Enter to open up the Programs and Features screen.
  2. Once you’re inside the Programs and Features screen, scroll down through the list of installed applications and locate Comodo firewall. When you see it, right-click on it and choose Uninstall from the newly appeared context menu.
  3. Follow the on-screen prompts to complete the uninstall process.
  4. Make sure you remove any remnant file that might still interfere with the Windows Update component by following the instruction (here).
  5. コンピュータを再起動し、次回のシステム起動時に問題が解決するかどうかを確認します。