修正:認証エラーが発生しました(リモートデスクトップ)

リモートデスクトップ接続を使用しているユーザーは、別のリモートPCとの接続を確立しようとすると、「認証エラーが発生しました」というエラーが発生する場合があります。マイクロソフトはエラーメッセージを公式に承認し、エラーの原因と原因を記載したドキュメントをリリースしました。

このエラーメッセージは新しいものではなく、かなり前からWindowsに表示されています。これは、このエラーメッセージの原因を、不完全な更新からグループポリシーの問題まで追跡できるためです。

リモートデスクトップへの接続中に「認証エラーが発生しました」の原因は何ですか?

前述のように、このエラーの原因は、さまざまなモジュールに起因している可能性があります。原因は次のとおりですが、これらに限定されません。

  • 接続しているコンピューターにもターゲットコンピューターにも最新の更新プログラムはインストールされていません。不一致があると、リモートデスクトップが異常終了します。
  • グループポリシーエディターにいくつかの問題があります。一部のグループポリシーキーは、アクセスを許可するために変更する必要がある場合があります。
  • ターゲットコンピューターへの接続中に、実際のパスワードの不一致があります。

ソリューションに進む前に、アクティブなインターネット接続があり、管理者としてログインしていることを確認してください。

解決策1:両方のコンピューターに最新のWindowsUpdateをインストールします。

他の広範なソリューションに進む前に、両方のコンピューターに最新のWindowsUpdateをインストールすることをお勧めします。リモート接続を試みる場合、セキュリティの脆弱性を回避するために、両方のコンピュータに同じセキュリティパッチがインストールされている必要があります。これらのセキュリティパッチは、WindowsUpdateを介してインストールされます。

  1. Windows + Sを押し、ダイアログボックスに「update」と入力してアプリケーションを開きます。
  2. [設定の更新]が表示されたら、[更新の確認]をクリックします
  3. これで、Windowsはサーバーに接続し、必要なファイルをダウンロードした後、更新プログラムをインストールします。
  1. 両方のコンピューターが更新されていることを確認してください。コンピュータを再起動し、エラーメッセージが解決されたかどうかを確認します。

解決策2:グループポリシーエディターで変更を加える

Windowsグループポリシーエディターには、コンピューターがどのように対話し、さまざまな操作を実行するかを指示する重要な情報が含まれています。これは一種のガイドラインであり、好みに応じてコンピューターごとに異なる場合があります。他のコンピューターへの接続が問題なく確立されるように変更する必要のあるキーがいくつかあります。

  1. Windows + Rを押し、ダイアログボックスに「gpedit.msc」と入力してEnterキーを押します。
  2. グループポリシーエディターが表示されたら、次のキーに移動します。
コンピュータ構成>管理用テンプレート>システム>資格情報の委任>暗号化OracleRemediation
  1. 次に、キーEncryption Oracle Remediationを開き、そのステータスをEnabledに変更します。また、保護レベル脆弱性に設定します
  1. [適用]を押して変更を保存し、[OK]を押して終了します。次に、エラーメッセージが解決されたかどうかを確認します。

コンピューターにグループポリシーエディターがない場合は、レジストリエディターを使用してキーを追加できます。

  1. Windows + Sを押し、ダイアログボックスに「コマンドプロンプト」と入力し、アプリケーションを右クリックして、[管理者として実行]を選択します
  2. 管理者特権のコマンドプロンプトが表示されたら、次のコマンドを実行します。
REG ADD HKLM \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Policies \ System \ CredSSP \ Parameters \ / v AllowEncryptionOracle / t REG_DWORD / d 2
  1. コマンド実行後、再接続してください。これが機能しない場合は、コンピューターを再起動して再試行してください。

上記の解決策に加えて、次のことも試すことができます。

  • ドメインコントローラーからパスワードをリセットできます(企業向け)。次に、Active Directoryから、ユーザーを選択してそのプロパティを開くことができます。次に、[アカウント]タブで、[ユーザーは次回のログイン時にパスワードを変更する必要がある]オプションのチェックを外すことができます
  • リモートコンピューターにアクセスできない場合は、コンピューターのセキュリティ更新プログラム削除して、両方のコンピューターのバージョンを同じにすることができます。
  • ターゲットコンピューターへの接続が制限されていないことを確認してください。ターゲットが接続を制限されている場合も同様です。
  • ネットワークのファイアウォールを確認してください。