修正:予期しないエラーが発生しました。トラブルシューティングウィザードを続行できません。

Windowsには、直面する可能性のある最も一般的な問題のいくつかを実際に支援できるトラブルシューティング機能がいくつか組み込まれています。トラブルシューティングツールは、現在発生している問題を常に解決するとは限りませんが、問題が表示され、正しい答えを検索するために絞り込むことができます。

Windows 10のトラブルシューティングは、設定アプリの[更新とセキュリティ]セクションにあります。たとえば、インターネット接続で問題が発生している場合は、インターネット接続のトラブルシューティングを実行してみてください。

ただし、トラブルシューティングツールが起動せず、次のエラーメッセージが表示される場合があります。「予期しないエラーが発生しました。トラブルシューティングウィザードを続行できません。」これは、特にしばらくの間あなたを悩ませてきた問題を解決しようとしていた場合、非常に迷惑になる可能性があります。この問題を解決する方法を見つけるために、以下の解決策に従ってください。

解決策1:更新後に問題が発生した場合

更新を実行した後、またはWindowsが単独でインストールした後に発生した解決策の場合は、Windows Updateコンポーネントをリセットするだけで問題を解決できる可能性があります。これは、まったく同じ問題:

  1. Windows Updateに関連するコアサービスである次のサービスを強制終了して、ソリューションを進めましょう:バックグラウンドインテリジェント転送、Windows Update、および暗号化サービス。残りの手順をスムーズに実行したい場合は、開始する前にそれらを無効にすることが重要です。
  2. 「コマンドプロンプト」を検索して右クリックし、「管理者として実行」オプションを選択します。次のコマンドをコピーして貼り付け、各コマンドの後に必ず[Enter]をクリックしてください。

ネットストップビット

ネットストップwuauserv

ネットストップappidsvc

ネットストップcryptsvc

  1. この後、更新コンポーネントのリセットを続行する場合は、削除する必要があるいくつかのファイルを削除する必要があります。これは、管理者権限を持つコマンドプロンプトを介して実行されます。

Del“%ALLUSERSPROFILE%\ Application Data \ Microsoft \ Network \ Downloader \ qmgr * .dat”

  1. これが最後の手段でない場合は、次の手順をスキップできます。このステップは積極的なアプローチと見なされますが、更新プロセスをそのコアから確実にリセットします。したがって、これを試してみることをお勧めします。それはオンラインフォーラムの多くの人々によって提案されました。
  2. SoftwareDistributionフォルダーとcatroot2フォルダーの名前を変更します。これを行うには、管理コマンドプロンプトで、次のコマンドをコピーして貼り付け、各コマンドをコピーしてから[Enter]をクリックします。

Ren%systemroot%\ SoftwareDistribution SoftwareDistribution.bak

Ren%systemroot%\ system32 \ catroot2 catroot2.bak

  1. 次のコマンドは、BITS(バックグラウンドインテリジェンス転送サービス)とwuauserv(Windows Updateサービス)をデフォルトのセキュリティ記述子にリセットするのに役立ちます。以下のコマンドは変更しないでください。コピーするだけで最適です。

exe sdsetビットD:(A ;; CCLCSWRPWPDTLOCRRC ;;; SY)(A ;; CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO ;;; BA)(A ;; CCLCSWLOCRRC ;;; AU)(A ;; CCLCSWRPWPDTLOCRRC ;;; PU)

exe sdset wuauserv D:(A ;; CCLCSWRPWPDTLOCRRC ;;; SY)(A ;; CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO ;;; BA)(A ;; CCLCSWLOCRRC ;;; AU)(A ;; CCLCSWRPWPDTLOCRRC ;;; PU)

  1. 手元のソリューションを続行するために、System32フォルダーに戻ってみましょう。

cd / d%windir%\ system32

  1. BITSサービスを完全にリセットしたため、サービスを円滑に実行および操作するために必要なすべてのファイルを再登録する必要があります。ただし、各ファイルは、それ自体を再登録するために新しいコマンドを必要とするため、プロセスが以前よりも長くなる可能性があります。コマンドを1つずつコピーし、省略しないように注意してください。再登録が必要なファイルのリストと、その横にある対応するコマンドを次に示します。
  2. これらのプロセスの後にいくつかのファイルが残されている可能性があるため、このステップでそれらを探します。検索バーまたは[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスに「regedit」と入力して、レジストリエディタを開きます。レジストリエディタで次のキーに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE \ COMPONENTS

  1. コンポーネントキーをクリックし、ウィンドウの右側で次のキーを確認します。それらのいずれかを見つけた場合は、それらをすべて削除してください。

保留中のXmlIdentifier

NextQueueEntryIndex

AdvancedInstallersNeedResolving

  1. 次に行うことは、次のコマンドをコピーして管理コマンドプロンプトに貼り付けることにより、Winsockをリセットすることです。

netshwinsockリセット

  1. Windows 7、8、8.1、または10を実行している場合は、コマンドプロンプトで次のコマンドをコピーし、Enterキーをタップします。

netshwinhttpリセットプロキシ

  1. 上記のすべての手順が問題なく完了した場合は、以下のコマンドを使用して、最初の手順で強制終了したサービスを再起動できます。

ネットスタートビット

ネットスタートwuauserv

ネットスタートappidsvc

ネットスタートcryptsvc

  1. リストされているすべての手順を実行した後、コンピューターを再起動します。

解決策2:Chkdskユーティリティを使用する

一部のユーザーは、chkdskユーティリティを使用すると、ハードディスクファイルが破損した場合などにエラーが発生することがあるため、問題をほぼ即座に修正できたと主張しています。プロセスは非常に簡単ですが、ツールが完了するまでに時間がかかる場合があります。

コマンドプロンプトから

  1. コンピューターの電源を入れ、Windows10にログインします
  2. Windowsキーを押してスタートメニューを開き、検索ボタンを選択するか、すぐに入力を開始して、「cmd」と入力します。
  3. 最初の結果となる「コマンドプロンプト」を選択し、右クリックして、「管理者として実行」オプションを選択します。
  4. コマンドプロンプトが起動したら、次のコマンドを入力します。
  5. chkdsk C:/ f / r / x
  6. このコマンドのパラメーターは、次のように説明できます。
  7. / fオプションは、見つかったエラーを修正しようとします
  8. / rオプションは不良セクタを検索し、読み取り可能な情報を回復します
  9. / xオプションは、ツールがスキャンを開始する前に、チェックしようとしているドライブを強制的にマウント解除します。
  10. C:ドライブを使用している場合は、Yと入力して、PCの次回の再起動時にスキャンを実行します。その場合は、次回の起動時にスキャンを実行するために、コマンドプロンプトを終了してコンピューターを再起動する必要があります。

私のコンピューターから

  1. コンピューターの電源を入れ、Windows10にログインします。
  2. このPC(マイコンピュータ)をダブルクリックして開き、チェックを実行するドライブを右クリックします。[プロパティ]オプションを選択し、[ツール]タブに移動します。
  3. [エラーチェック]セクションに移動し、[チェック]オプションを選択します。
  4. 次のメッセージが表示された場合は、[ドライブのスキャン]をクリックしてスキャンを開始します。
  5. このドライブをスキャンする必要はありません

    このドライブでエラーは見つかりませんでした。必要に応じて、ドライブをスキャンしてエラーを検出することもできます。

  6. スキャン中もコンピュータを使い続けることができます。エラーが見つかった場合は、すぐに修正するかどうかを決定できます。このスキャンの結果に応じて、ツールは結果を形成します。
  7. ドライブでエラーが発生しない場合は、次のメッセージが表示されます。ドライブは正常にスキャンされました

    Windowsはドライブを正常にスキャンしました。エラーは見つかりませんでした。

  8. ドライブでエラーが発生した場合は、代わりに次のメッセージが表示されます。

    コンピュータを再起動してファイルシステムを修復します。すぐに再起動するか、次回の再起動時にエラー修正をスケジュールできます。

解決策3:.NETFrameworkを修復する

この特定の方法は奇妙に聞こえるかもしれませんが、Microsoft .NETFrameworkの最近のインストールがこの問題の原因である可能性があります。これが実際に当てはまる場合、問題は数分で解決できるはずです。

  1. Windows 10を使用している場合は、Windows設定を開き、[アプリ]セクションに移動します。
  2. 古いWindowsOSを使用している場合は、[コントロールパネル] >> [プログラムと機能]を​​開きます。
  3. インストールされているプログラムのリストから.NETFrameworkを見つけ、[アンインストール/変更]をクリックします。
  4. ウィンドウが開き、いくつかの選択肢があり、削除する代わりに修復オプションを選択できるはずです。
  5. ウィザードが.NETFrameworkのインストールの修復を開始し、トラブルシューティングを問題なく実行できるようになります。
  6. これが機能しない場合は、いつでも.NETFrameworkを再インストールしてみてください。

解決策4:いくつかの重要なサービスが実行されていることを確認する

トラブルシューティングウィザードに不可欠なサービスのいくつかは次のとおりです。

診断サービスホストサービス

診断システムホストサービス

診断ポリシーサービス

これらのサービスがないと、トラブルシューティングを開始する機会がないため、これらのサービスが実行するように構成されているかどうかを実際に確認する必要があります。

  1. Windows 10より古いバージョンのWindowsを使用している場合、PCで実行されているサービスにアクセスする最も簡単な方法は、[スタート]ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスに移動することです。
  2. ダイアログボックスに「services.msc」と入力し、サービスのリストが開くのを待ちます。
  3. Windows 10を使用している場合は、Ctrl + Shift + Escキーの組み合わせを使用してサービスにアクセスし、タスクマネージャーを起動することもできます。
  4. タスクマネージャーの[サービス]タブに移動し、ウィンドウの下部にある歯車アイコンの横にある[サービスを開く]をクリックします。

サービスを正常に開いたら、以下の手順に従ってください。

  1. サービスをアルファベット順に並べ替えるには、[名前]列をクリックして診断サービスホストサービスを見つけます。
  2. 診断サービスホストサービスを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。
  3. [スタートアップの種類]に移動し、[自動(遅延開始)]に設定します。
  4. サービスが実行されていない場合は、[サービス]ステータスのすぐ下にある[開始]をクリックできます。

サービスは今すぐ開始する必要があり、将来的に問題なく処理できます。ただし、[開始]をクリックすると、次のエラーメッセージが表示される場合があります。

「Windowsはローカルコンピューターで診断サービスホストサービスを開始できませんでした。エラー1079:このサービスに指定されたアカウントが、同じプロセスで実行されている他のサービスに指定されたアカウントと異なります。」

これが発生した場合は、以下の手順に従って修正してください。

  1. サービスのプロパティを開くには、以下の手順の手順1〜4に従ってください。
  2. [ログオン]タブに移動し、[ブラウザ...]ボタンをクリックします。
  3. [選択するオブジェクト名を入力してください]ボックスの下に、コンピューターの名前を入力し、[名前の確認]をクリックして、名前が認証されるのを待ちます。
  4. 完了したら[OK]をクリックし、プロンプトが表示されたら[パスワード]ボックスに管理者パスワードを入力します。
  5. [OK]をクリックして、このウィンドウを閉じます。
  6. 診断サービスホストサービスのプロパティに戻り、[開始]をクリックします。
  7. すべてを閉じて、サービスがまだ実行されているかどうかを確認します。

:それでも特定の問題が発生する場合は、上記の手順に従ってサービスを再度開き、リモート診断システムホストサービスという名前のサービスに対して同じプロセスを繰り返します。

および診断ポリシーサービス。起動していることと、起動タイプが自動に設定されていることを確認してください。